お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2泊3日
「Frank&Friends/MITSUKO」を見て、「シャングリラ」を見て、「シャングリラ」を見て、「シャングリラ」を見て、「Je Chante」を見た連休でした。

・・ちょっと見すぎたのか肩が異様にこっています(苦笑)
そしてホテルが乾燥していたせいか、手がガサガサ。。
喉も少し痛いので、週末まではのんびりしたいと思います。


軽くメモ

Frank&Friends/MITSUKO、振袖の瞳子さんに衝撃を受け、中性って何よ!!という叫びに頷き(大学でドイツ語を取ったものの何一つ理解できなかった)、2幕はスカピンの瞳子さんのかっこ良さに震え。
そんなあたりで途中退場しました。
(3時間もあるって知らずにシャングリラのチケットを取ってしまったので)

シャングリラでは、つい最近不惑のエロおやぢだった人がなぜか美少年になっているという不可思議に心をわしづかみにされ。
(海が美少年だという形容はいっさい出てきませんが、あきらかに美少年の立ち位置ですよね?)

Je Chanteは圭子さんに釘付けでした。
シャングリラのせーこちゃんにも思ったけれど、雪の娘役はいつでもどこでもヒロインオーラをふりまいていて素敵。
あ、シャングリラチームのいりす君以下の下級生さんがずらっと見に来ていました。
すみ花ちゃんは最初入ってきたときはメガネをかけて首元にファーを巻いていたのが、休憩後はメガネなしで、キャメルのジャケットを着ておりました。
page top
チラシをもらいました
東宝にも宙大劇のチラシがありましたが、あっという間に消えました。
くすん。
でもチケット売り場のお姉さんにお願いして1枚もらってまいりました。

見れば見るほど。。(照)

しかも裏返したらこれまた。
ふ、ふふ。
あやしい笑みが押さえきれないので人前ではチラシを取り出さないようにしたいと思います。


あやしいと言えば。
今日はシャーロック・ホームズを見てきましたが、ホームズが私の思っていたような偏屈なおじさんだったので、結構にやにやしていました。
ワトソン君お疲れ様!みたいな。
(ホームズ物はほとんど読んだことがないので、あくまで私が勝手に“シャーロック・ホームズ”に抱いているイメージ)



page top
シャングリラの初日に
公式にTRAFALGARの公演案内が登場。

・・もしやネルソンさんとエマさんは 手をお繋ぎ なんでしょうか?

(照)



今からいろいろ期待は膨らみますが、それよりも、まず、シャングリラです。
ナウオンでも内容はあまり明かされなかったので、指折り数えて観劇日を待ちたいと思います。

暖かくなったと思いきや雪が降ってきたり、多めに花粉も舞っているようですが、シャングリラチームの皆さんが4月2日まで元気に公演できますように。


page top
負けざる者
今日は久しぶりに幼馴染と会い、一緒に映画を見てきました。

「インビクタス-負けざる者たち」

私が私の人生の指揮官である。
という言葉が出てきましたが、それは闇がなくなることはなくても、その闇を照らす灯りも常に人の心の中に存在するということと、同じようにその灯りを灯せるかは自分自身にかかっているのだということを、両方あらわしているんだろうなと思いました。
自分の人生を照らすことができるのか。
私にはまだまだ方法が見えません。

が、そんな弱虫の私はおいておき。
(と、とりあえず今はおいておこう)

宝塚に灯りを灯す方たちのお話をうかがいに(なんか固い)2週連続でお茶会に行っていました。
先週は涼さん、そして昨日はももちゃん。
2人とも、宝塚や星組への愛に溢れていて、しみじみと、こういう人が組を、そして宝塚を、支えているんだなあと思いました。


とうとう明日は雪組の千秋楽。
退団者とファンの方たちが温かく幸せな気持ちで過ごせますように。
(できれば天候にも恵まれますように!)
page top
2月27日
2月27日。
一年前の衝撃を思い出します。
珍しく(?)ばたばたと仕事をしていました。
延々封筒づくりをしている最中。
メールをもらい、いそいで公式を見て。
えぇぇぇ??と混乱したまま又封筒づくりに戻ったのでした。


あれから一年。
ファンには分からないような、いろんな想いがあったんだろうと思います。
ただファンである私は、
宙組のみなさん、一年間素晴らしい舞台を見せてくれてありがとう。
次の舞台も期待しています!
という楽しい気持ちで、これからも応援したいと思います。
(宙組を、というか、宝塚を(その中でも特に宙組を、という定番の挨拶のような)そういう気持ちで見たいのですが。)


さて。
後10日でシャングリラの初日。
近未来。。へ誘われるわけです。
いったいどんな舞台になるのか。
わくわく。(どきどき)(びくびく)
・・私が見るのはだいぶ先ですが。

そして。
すみ花ちゃんお誕生日おめでとう。
また素敵な一年の始まりとなりますように。
page top
お正月
本日、休みになって以来、閉じこもりっぱなしの家をやっと出ました。
・・インドア過ぎる。

毎年楽しみの箱根駅伝をスタートから見て、途中で心を残しつつセールへ。
初日の朝から行くなんて何年ぶりだろう?
開店すぐに入ったものの、予想外にすいていて、なんだかなぁと思いつつ、ついうっかり福袋など買ってしまいました。
お、重いけど、バッグとか入ってたらどうしよう。
とどきどきしながらあけたら、普通に着られる服ばかりで、最近は福袋も売れ残り大作戦(何だそれは)じゃないんだなあと感心。
でもちょっと普通過ぎてつまらない。
(奇怪な服をちょっぴり期待したようです)

さあ。
明日はとうとうカサブランカ初日。

そしてその前には銀座のセールへもGO!!です(笑)
page top
明けましておめでとうございます。
窓の外から微かに鐘の音がします。

明けましておめでとうございます。
2010年 皆様にとって幸せな一年でありますように。

年越しは某カウントダウン番組(笑)を見ていましたが、去年と同じく帝劇からの生中継がありました。
去年はこれにちらっとでもシナちゃんがうつらないかな~なんて思いながら見ていたのを思い出しました。

・・なんて書いていたら、まさに公演の主題歌が流れてきた。
懐かしいなぁ。


さて。
新年の幸せを祈りつつ。
おやすみなさい。
page top
大晦日
大晦日。
とうとう2009年も後1日。

自分の観劇メモを見て、トウコさんの退団が今年のことなのに驚いてしまうくらい、なんだか、いろいろとスピードがはやい一年でした。

来年の今頃もやっぱりそう思っているのかな。
1年前は予想だにしなかったぞ、ということがたくさん、起こっていたり。。
できれば2010年は穏やかに暮らしたいのです。
でももうそれは望めないことも分かっていますが。。

先日上野で友達を待っている時に、隣に座っていた年配の3人組(お話から察するに80歳くらい)のお話が聞こえてきましたが。
「静かに暮らすなんて無理よ」
とおっしゃっていました。
・・・・やっぱり無理ですかね、と思わず心の中で勝手に会話に加わりました(笑)


タカラヅカスペシャルを見て、ひどく消耗した気分になり、ずるずるしたまま年の瀬まできましたが、新しい年は新たな気持ちで!!

部屋の片づけをしようと思って手に取った本を開いたら(こうして片付けは進まないまま)、「怒りを静めるためには、もう怒っていない!と自分に言い聞かせるのみ」ということが書いておりました。
無理やりにでもそう思う。
思うことで区切りをつける。
たぶんそういうことなんでしょう。

私は、「これじゃダメだ。こんな気持ちのままじゃダメだ」と思いつつ、でも無理やり自分の気持ちに区切りをつけることもできず、しばらくはこのまま落ちているなら落ちたままでいてもいいじゃないか、と思ったままで居続けましたが、年の変わりを区切りに、とりあえず顔は上げてみようと思います。

なんて書くと、泣き暮らしていたようですが、

・1月号のGRAPHを見て、娘役ちゃんみんな可愛い~(でれ)っとしてみたり
・水之城(シャングリラというより、水之城)ポスターの破壊力にクラクラしたり(確かに新しい)(ところで、あらすじから龍王さんが消えてしまったのですがどちらへ?)
・年末になって一挙大放送な「コースト・オブ・ユートピア」(計9時間)をBGMに本を読んでみたり(間違っている)
・セール初日と箱根駅伝往路のどちらを取るべきか悩んでみたり(復路はカサブランカの初日だし。。)
・職場の忘年会(蕎麦を食べる会とも言う)で、「趣味あるの?」と聞かれて「観劇です」と答えたら、だいたい聞かれる定番の「歌舞伎とか見るの?」に続いて、なぜか「宝塚とか見るの?」と聞かれてびっくりしてみたり。(「公演見るのはわかるけど、出待ち?とかあれすごいよね。何がそんなにいいの?」とも言われました。で、出待ちに遭遇したことがあるのですか。。汗)
・歌劇1月号にウメちゃんの連載と並んで、「LOVE LETTER from CANADA vol.1 児玉明子」があることに震えてみたり、
・同じく歌劇1月号のえと文タイトルが。。
  あさかのまさか!?~まぁびっくり~ 朝夏まなと
  探偵ミリレオ─実におもしろい─ 明日海りお
  みなこのみなさんのおかげです。 愛原実花
  ねぇねぇ。あのね… 夢咲ねね
  すみからすみまでズズズィ~っと。 野々すみ花
みりおくん、ガリレオ好きなのですか。そうですか。(ドラマ「探偵ガリレオ」口癖が「実におもしろい」。)
ねねちゃん、タイトルも可愛い。(でれ)
みたいな、面白タイトルなのに期待したり。(娘役ちゃんにはぜひとも新春らしく可愛い着ぐるみ写真なぞ披露していただきたい)(こら)

結構普通に暮らしています。
・・当たり前か。

タカラヅカスペシャルでは、なんだかもう、水さんや桂ちゃんを見るのも辛い、という気分だったのですが、やはり一番こたえたのは、
ユミコちゃんを見るのが辛い
という気持ち。
見るのが辛い、と思ってしまうことが一番辛かった。

私はユミコちゃんをこんな気持ちで見たくはないんだ。

舞台のユミコちゃんを見る時は、いつだって優しくて暖かくて幸せな気持ちになってきたのに、最後にそれを壊してしまいたくはない。
そんな気持ちでユミコちゃんを見たくはない。

雪組公演を見るまでにどこまで気持ちを持っていけるか分かりませんが。
たまたまつけていたテレビから飛び出してきた言葉があまりにぴったりだったので、忘れないように。

幸せだから笑うのではなく
幸せになるために笑う
苦しくても笑う
そうすれば、絶対に幸せになれる
(※ちなみにどなたがおっしゃっていたのか覚えていません。というか、ちゃんと見ていなかったので分かりません。。)

つまり笑う門には福来る。

2010年の目標に掲げるのに、良い言葉かも知れません。

笑顔。笑顔。

ユミコちゃんのあの優しい笑顔を見る時には、私も素敵な笑顔でいたいな、と思います。
page top
寒い。
寒くて仕方ないので服を買いたい。
けれどあまりの肌の乾燥ぶりに化粧品も買いたい。
どちらを優先すべきか。

なんてうじうじ考えている間に、


ミュージカル『シャングリラ -水之城-』


あら、(仮題)が取れている。
しかも 水之城 。。。

ポスターはもう撮影し終わったようですが、いったいどんな感じになるのでしょう。


page top
軽くメモ
時間がないのでかるぅくメモ

12/6 11時公演
星組さんはお稽古中、と思っていたらにしきさんがご観劇。
ご一緒だったのは組長さん、だったのかな。
私に顔が見えたのはにしきさんだけでしたが、3人できていらっしゃいました。
それと、別で真風くんもきていました。
で、で、まったくもって自信がないのですが、愛田芽久ちゃんに似ている人がいたのですが。
ちがうかなぁ。

12/7 13時公演
(多分)光あけみさんとしのぶ紫さん、それに貴羽右京さんがきていました。

パリのホテルの場面、イルザさんはガウンの裾を踏んで軽くつんのめっていたような。
いなかったような。

団体さんが多かったのですが、エトワールさんの歌声に軽いどよめきが上がっていました。
あのエトワールが 宝塚観た! という気分にさせるなと思いました。


普通に感想を書く余裕があるかなぁ。
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。