お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「夜と星と風の物語」
「夜と星と風の物語」(星の王子さまより)
THEATRE1010

【キャスト・スタッフ】

星の王子さま:毬谷友子
バラの花:池田有希子
男1(飛行士):曽世海司
女1(飛行士のフィアンセ):秋山エリサ
男2(天文学者と駅長):金内喜久夫
男3(飛行士の父):小林勝也
女2(飛行士の母):富沢亜古
チョウ:オーディション
トカゲ:オーディション
キノコ:オーディション
ヒツジ:オーディション
キャラバン隊商:オーディション
らくだ1~2

作:別役 実
演出:藤原新平
音楽:稲本 響
美術:朝倉 摂
照明:沢田祐二
衣裳:原 まさみ
音響:原島正治
振付:森田守恒
演出助手:北 則昭
舞台監督:北条 孝/加藤 高

企画・製作:株式会社足立コミュニティ・アーツ
制作:松野 潤/林 美佐


7/26(土)15:00
27(日)13:00
28(月)13:00
29(火)18:30
30(水)13:00
31(木)13:00 18:30
8/ 1(金)18:30
2(土)13:00
3(日) 13:00



シアター1010は、2008年に開館5周年を迎えます。
開館5周年事業として、日本を代表する不条理劇作家・別役実に書下ろしを委嘱し新しい「夜と星と風の物語」を製作いたします。

「星の王子さま」不条理の世界へ

「夜と星と風の物語」は、歌や踊りを交えた音楽劇。誰もが知る「星の王子さま」の物語をモチーフに、別役独特の世界観・宇宙観を展開するこの作品は、世代を超えて多くの観客を魅了するものです。
それぞれの心の中にある「王子さま」を別役は変えてしまうのだろうか、それともこれは「王子さま」をもっと深く知る機会となるのだろうか…。

演出は長年、別役氏とコンビを組んできた「別役を最もよく知る演出家」藤原新平(文学座)、音楽監督を市村正親・出演『海の上のピアニスト』で注目された若手作曲家・ピアニスト稲本 響、美術シアター1010芸術監督・朝倉 摂が担当します。


【あらすじ】

星の降る夜、星の王子様がキャンプをはった砂漠に飛行機が墜落しました。
夜間飛行士は、カサブランカのマリアンヌさんからダカールのピエール君へのラブレターを届ける途中でした。未来の花嫁を探すために旅出た王子様と夜間飛行士は、砂漠の真ん中でお茶を飲みながら恋する人の話をして友達になりました。
マリアンヌさんは、砂漠で墜落したフィアンセのピエール君を探しに来ました。息子の飛行機が墜落する夢を見たピエール君の両親もピエール君を探しに来ました。皆が砂漠で会いました。
でも皆、同じ思い出を共有しているのに相手のことが誰だかわかりません。この宇宙には、無数のピエールがいて、無数のマリアンヌがいるのでしょうか。
ピエールとマリアンヌたちと恋人の思い出の話をするうちに、王子さまは自分の愛する人が誰であるかを知りました。そしてその人のところへ帰っていきました。
最後に、ピエール君かもしれない人と駅長かもしれない人が線路のない駅のプラットホームに残りました。最初から誰もいなくて何も起こらなかったように…。



毬谷さんと曽世さんが共演か~


コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。