お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
エリオットくん
青年館では1回きりの観劇です。

青年館、開演が10分でも遅かったら間に合うんだけど。。。
平日夜に見られないのがきびしいんだよなぁ。

1回きりなので、ユミコちゃんを見て、ユミコちゃんを見て、ユミコちゃんを見て終わりました。
(‥‥おい)

昨日のお茶会の余韻で、ユミコちゃんが出てくるとニヤニヤしてしまうくらい楽しかったです。

さゆちゃんの鬘は変わってよくなっていたし。

かなめちゃんは相変わらずかなめちゃんでお美しく(しかし鬘はもうちょっとどうにかならないのかな)、ヲヅキはヲヅキでヲヅキでした。

エリオットって、友達いないいないと言いつつ、かなり周りから愛されてるよなぁと思ってみたり。
雪の娘ってすごいよなぁとまゆみさんと圭子さんを見て思ったり。

あ~楽しかった、と思ったら。

最後の最後にゆみこちゃんが「歌詞を間違えた~」と歌って、もう。

言わなきゃわかんないのにっ!

しかもそれがまた普通にリズムに乗ってて一瞬ごまかされかけ、ないけど、さすがに。
でも歌えるといいわね。
なんてそんな所でも思いました。
ラララでも充分うまかった(笑)
最初からラララだったら、そういうものかと思ってしまいそう。
(詩人だけど歌詞は創り出せなかった模様)

最後まで歌詞を思い出せずに、かなめちゃんに歌わそうとしてましたが、満面の笑みでかわされてました。
その時のかなめちゃんの笑みがまたなんともいえず。
ユミコちゃん愛されてるな~
って思うような微笑まれ方でした。

挨拶では「本日はご観劇いただきありがとうございました。そして申し訳ありませんでした。ラララで歌ってはいけないと思って、歌詞を間違えたという歌詞を歌ってしまいました。」と謝っていました。
客席も舞台上も爆笑です。
はい。

ま、コメディの最後の場面ですから。
それもありかと(笑)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。