お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
マジシャンのマネージャー。
20071015142633


かなみちゃんのお茶会に行ってきました。

すご~く楽しかったので、レポートしたいのに、いろいろしていたら記憶が‥‥
とりあえず。

楽しかったです
可愛かったです


それだけじゃ何なので。
ちょっと。

印象に残った話だけ。

マジシャンの憂鬱を見た時に、最後、マレークの実家から新しい人がきたから、ヴェロニカはお役ご免(は言い過ぎか)というのにちょっとびっくりした私。
ヴェロニカはマレーク様のことを敬愛してる雰囲気だし、きっと小さい頃からお側にいて、2人(妹もいるから3人かな)には特別な絆があるのかな、とそれまで思っていたので、あれ?れ?って感じだったけど、きっと、ヴェロニカも言うように女性の身でボディーガードなんてしていたらこれから先も自分の人生がなくなってしまうから、というマレーク側の配慮なんだろうな、と思ったわけです。
で、お茶会の中でかなみちゃんが

「先生から指定されていないけれど、私の中ではヴェロニカの両親も宮廷に仕えていて、小さい頃からマレーク様などとも遊び相手などさせていただいていたのかな、と思っています。共に育ったというとおこがましいですが、そういう感じなのかと。なので、最後に実家から新しい人がきて~と言われると、毎回ちょっとショックです。もちろん、自分のこれからを考えなさいってそういうことなんですけど、やっぱりショックです。」

というお話をしていて、やっぱりあれショックだよね。と、聞きながら頷いてしまいました(笑)

さて、楽しいクイズなんかもありましたが。

クイズの中で、かなみちゃんがマジシャンになるとしたら?という問題で、かなみちゃんは、
「目の前で見たクロースアップマジックの素晴らしさ」
を熱く語り、それからスマスマに出た際の話になり、
「カメラの前だと自分がどこに気持ちを向けたらいいのか分からなくて、普段目の前にお客様がいる舞台の仕事っていいなぁと思った。」
(もちろんテレビにはテレビの良さがありますが、とも言っていました)
という話をしっっかりと(=長く)してくれました。

あんまりにも喋りすぎて、
「(というわけ)で、間近でお客様の反応がみられるしクロースアップマジシャン。‥‥話長すぎた?我ながら長かったな」
と自ら大笑い。
会場でも爆笑でした。

可愛い人を見ると幸せな気持ちになれますね。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。