お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夏休みの観劇その2
雪組全国ツアー、鴻巣公演を見てきました。

スカステで見て以来、桂ちゃんの土方って無理じゃない?
と密か(??)に思っていたのですが。

若すぎる。。。

声だけならいけると思うんだけど。

桂ちゃんの“若さ”は、実年齢がどうの、というよりも、持ち味なんだな、と思う。


水沖田と桂土方の会話は、正直笑いをこらえました。
だって、やっぱりおかしいもの~

水さんに向かって、桂ちゃんが「女は魔物だ」って‥‥
ギャグか~~~~~~~~


まぁそういう、どっちが沖田?という、素敵な2ショットを披露した公演ですが、そのアンバランスさ以外は良かったです。


やっぱり星影はいい。
大好き。

水さんの沖田もいい。
この公演を見続けたら、私水ファンになっちゃうかも~
と思うくらい(笑)

中日の、ユミコちゃんがひっそりセリ上がって主題歌を歌ってまたセリ下がっていく、という不思議な演出は、全ツバージョンでは普通に上手からぬっと桂ちゃんが出てきて、また去って行く、という、よりいっそう唐突感溢れる演出になっていた。
面白い‥‥


ご当地出身のジェンヌ紹介では桂ちゃんがラストで、ナガさんから
「お待たせしました、ご家族の皆様、ご親戚の皆様、○○の皆様(聞き取れなかった)、大きな羽を背負って、地元鴻巣に帰ってまいりました、音月桂です」
と紹介されて、桂ちゃんははげしく照れていました。
‥‥可愛いのう(どんなキャラですか)


さんざっぱら(ワタシ的には。多分世間的にも)Keanを見てるくせに、雪組公演を見た帰り、「久しぶりに宝塚見ると楽しいね~」と思いました。
やっぱりKeanは宝塚公演だけど宝塚じゃないんだよなぁ。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。