お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
舞台のこと
「死ぬまでの短い時間」
こんなこと書いてありました。




【豪華キャスト競演】

孤独な男女の愛の物語を、生バンドが奏でる音楽と歌に乗せて描く、贅沢な、大人のための公演。
主演に北村一輝・秋山菜津子を迎え、田中 圭、古澤裕介、内田 慈の若手が共演。役者の息づかいまでもが伝わってくる極上の時間を共有するという、演劇だけが持つ特権を味わうことのできる作品です。

【岩松了、初の音楽劇に挑戦】

「くらーいミュージカルをやりたいと思ったのがはじまりです。
とんだりはねたり笑顔で歌ったり のミュージカルではなくて・・・。もっとジワっとくる音楽劇をやりたいと思ったのです。
じわっと笑えて、じわっと悲しく、じわっと絶望たちこめ、じわっと救いの見えるミュージカルに挑戦したいと。」
始まりは、作者のこんな想いから。そこで、自身の敬愛するフィンランドの鬼才・アキ・ カウリスマキ監督の映画「マッチ工場の少女」を下敷きにした作品の想が浮かんだ。
「映画の中の女は、ほとんどしゃべりませんが、確かな絶望を生きています。
このドラマはその女の後日談と考えてもらえばいい。その女が自殺しようと訪れた村で、ひとりのタクシー運転手に出合う。
そのタクシー運転手は孤独な男です。なぜなら、乗客が自殺志願の者だとわかっても、何も言わず、ただ自分の仕事を果たすために、自殺の名所に連れてゆくのですが、村おこしに躍起になってる地元民は、自殺の村との評判を広めるだけの彼の姿勢に常々白い目を向けているからです」
つまりこの二人の、絶望と激情、そして愛の物語だ、というわけです。

- オリジナルの愛の歌にのせて、男と女のドラマが幕をあける -





暗いミュージカルかぁ。
あの狭い空間で。。

ますます見たい。
絶対見るぞ!

チケット発売日がお出かけ予定の日なので、それだけが問題

こちらは見る予定はありませんが「ファントム」。




「ファントム」

[劇作・脚本]アーサー・コピット
[演出]鈴木勝秀
[作詞][作曲]モーリー・イェストン


今春ウィーン招聘ミュージカル「エリザベート」でルドルフ役を演じたウィーンミュージカル界のスター、ルカス・ペルマンと日本版「エリザベート」ルドルフ役を演じた韓国ミュージカル界スター、パク・トンハがWキャストで共演。言葉の壁を越え、ファントムの恋敵シャンドン伯爵を日本語で挑戦!
更に、大阪を代表するソウルシンガー、通称“通天閣の歌姫”大西ユカリがミュージカル初挑戦。





キャリエールは誰なんでしょうね。

‥‥って、それどころじゃなくて、クリスは誰?

コメント

管理人にのみ表示

うわあああ本当にますます見たい!<死ぬまでの短い期間
岩松さんの「暗い」話なんてーー!

そしてファントムのほうに大西ユカリが・・・ってカルロッタが大西ユカリなのかなああ!(また怖い)
キャリエールほんとうに誰なんでしょう
麻美 | URL | 2007/08/17/Fri 12:02 [EDIT]
「死ぬまでの短い時間」は久々に
ずぅえったい観る!!
と叫ぶような期待度で(笑)何回観ようかな~と手帳を眺めています。
実季 | URL | 2007/08/17/Fri 12:49 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。