お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アデュー
寿美礼様の代表作といえるような作品だといいな。
と思います。

アデュー・マルセイユの解説出ました。

おバカさんな私はピカレスクの意味が分からず辞書をひく。
ピカレスク=悪漢

あっっかん、ですか。

ふぅん。。

でもってコメディなのね。

‥‥ふぅん。。

面白いといいな。


ミュージカル・ピカレスク
『アデュー・マルセイユ』-マルセイユへ愛を込めて-

作・演出/小池修一郎

[解 説]
1930年代のマルセイユを舞台に、二人のギャングの友情と一人の令嬢を巡る恋の鞘当を描いたアクション・コメディ。音楽にはジャズやシャンソンを多用し、歌うスター・春野寿美礼がその実力と魅力を余すところなく発揮します。

1930年代。フランスの港町マルセイユ。漁師の息子ジェラールと魚屋の息子シモンは、港町で気の荒い男達を見て育った幼馴染である。いつか大人になったら、うだつの上がらない父親とは違った、街を闊歩して歩く粋なダンディ、ギャング・スターに憧れていた。ある日、二人は菓子屋の屋台でかっぱらいを働き、逃げる途中でシモンが捕まってしまう。ジェラールは逃げ切れたが、つかまったシモンを救うため、自らおとりとなって警官に捕まり、学校を退学させられる。シモンはいつかこの借りはきっと返す、二人の友情は永遠だと誓う。
貧しさから街のチンピラの走り遣いを始めたジェラールはいつしか港を仕切るレ・ボッシュ組の若頭に、シモンは映画館のもぎりのバイトから街の歓楽街の一切を仕切るラ・ルージュ組の若頭に昇進していた。夜の帝王となり女に不自由しないシモンは、ジェラールに定まった女がいないのを見て、自分の経営するキャバレーの踊り子ジャンヌを宛がおうとする。ジャンヌが本心ではシモンを愛していると見抜いたジェラールは、彼女の頼みを聞いて、一夜の情けを受けた振りをする。
折から、アメリカのマフィアが平和なマルセイユに進出を計画しているという情報が入る。豪華客船アトランティック号がマフィアの隠れ蓑になっているというのだ。夜半、ジェラール達はアトランティック号に忍び込む。ジェラールはそこで軟禁されている令嬢マリアンヌを見つけ、助け出す。マリアンヌは富豪の令嬢だが、誘拐されてモロッコに売り飛ばされる寸前だという。しかし、この令嬢、大変気が強く、その上我儘なお転婆である。マリアンヌの証言から、レ・ボッシュの幹部ルイがマフィアの手引きをしていることが分かる。
ルイの手下がいち早く情報を回したため、陸に上がったジェラールは、自らがレ・ボッシュを裏切ってマフィアに売ろうとした張本人に仕立て上げられてしまう。万事休すのジェラールは、子分のミシェルとセルジュ、そしてマリアンヌを連れ、シモンのもとに姿を隠す。ジェラールは、ことごとく逆らうマリアンヌに思わず手を上げそうになるが、マリアンヌは見事な護身術で彼を撃退する。どうやらマリアンヌは、普通のお嬢さんではないらしい。反発しあいながらも、いつしか二人は惹かれあっていく。
一方、敵方はラ・ルージュにも偽情報を流し、ジェラールとシモンが組んで二つの組を転覆し、マフィアに売り飛ばそうとしていると信じ込ませる。孤立無援のジェラールとシモンは、令嬢を抱えたまま、マルセイユ中のギャングを相手に戦う羽目に陥る。二人の運命は・・・・・・。はたまた、ジェラールとマリアンヌの恋の行方は!?



夜の帝王(←どうよこれ)シモンがジェラールに女の子を紹介するってくだりは必要なのか微妙に疑問。
別にいらんのでは。
いやいや何かの伏線なのか。
伏線なんですか~~小池センセ~~


ところで。どうでもいいっちゃいいけど。

「ジャンヌが本心ではシモンを愛していると見抜いたジェラールは、彼女の頼みを聞いて、一夜の情けを受けた振りをする。」

ジェラール側からいったら「情けをかけた」ではないのだろうか。
ふむ。
「受けた」ってわざわざ書いてあるのには意味があるんでしょうか?
小池センセ~~~
ジェラールは情けを受けるキャラって意味ですか~~?
(絶対違う)


全然関係ないけど。
情けといえば。


王家に捧ぐ歌でアイーダちゃんが責められる時の文句でしたが。
それはスミレコードには引っかからんのかいな。
と思ったのを思い出しました。
(多分ソウイウ意味ではないんだろうけど、ソウイウ意味にしか思えない使われ方だし)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。