お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
エリザについて。
全体的なことはさておき。

ひょえ~
と思ったことを。


ルキーニという役は、音月桂さんの“姿勢の悪さ”がプラスに活かされる稀有な役だった。
まぢかよ~
あの若干猫背っていうか前に体重かかってそうな感じがルキーニには合ってるのね。
メッチャクチャかっこ良かった。
VIVA 音月桂!(VIVA猫背っていったらさすがに怒られるだろう・笑)


マダム・ヴォルフのコレクション~
って歌ってるのに、どう見ても自身が一番の売れっ妓にしか見えない晴華みどりちゃん。
真剣に「そしてスペシャルはわ」って歌った方がいいと思う。
かおりちゃ~~ん
綺麗~~
ダイナマ~イト(え‥‥)
ルキーニと似合いすぎです。


ヲヅキが普通におぢさんだった。
VIVA おやぢ!(違うし)
完全脇でもないくせに、こういう役を当たり前にやりこなすヲヅキが好きです。
‥‥でもって、こういう人を脇に置かない雪組も大好きです。
VIVA 雪組!(言いたいのはそっちか)


カテキョなしなちゃん。
ほとんど出番ないじゃん。
と思いきや、あっちでもこっちでもひょろりんひょろりんと愛らしさを振りまいていた。
いやん、もう、しなぼん可愛い~~


親戚のおばさんでも女官でも、くいっと上げられたヒメの顎。
こわっっ
(そんなところが大好き)


革命家らしきコマガタさん。
(らしきって‥)
相変わらずふわふわしていて美味しそう。
‥‥だけど、トートに化けるにそれはどうなんだ。
(かおりちゃんと2人してビリーにキャンプインした方がいいんじゃなかろうか。。)


フィナーレの群舞でピックアップされた娘4人にヒメちゃんが入っていたり、後ろの娘役を率いて本舞台におりてくる先頭(クンバンチェロでのはややの位置)が圭子さんだったりで、雪はやるよな~と思って見ていました。


それから。

ロイヤルなファミリーについて。
なんていうか。
作品の方向性とずれるけど。
はまこゾフィとゆみこフランツととなみシシィとかなめルドルフは、普通に円満家庭を築いてそうなんですがね。
あんまりにも家族がはまってる。
‥‥多分ゆみこちゃんととなみちゃんが妙にお似合いだからかと思うけど。
ゆみこちゃんは微笑んで女の子を愛するのが似合うし、となみちゃんはおっとり愛されるのが似合うからなぁ。
(その割にはとなみちゃん最近ずぅぅっと最後は一人みたいな役だけど。。。)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。