お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
五月大歌舞伎
昼夜通しで見ました。
なかなか。
疲れた。。



新橋演舞場
五月大歌舞伎
平成19年5月1日(火)~25日(金)

昼の部

一、歌舞伎十八番の内 鳴神(なるかみ)
鳴神上人    染五郎
雲の絶間姫  芝雀

二、鬼平犯科帳(おにへいはんかちょう)大川の隠居
長谷川平蔵   吉右衛門
船頭友五郎   歌六
長谷川久栄   福助
同心酒井祐助  錦之助
同心木村忠吾  松江
小房の粂八   歌昇
与力佐嶋忠介  段四郎
岸井左馬之助  富十郎

三、釣女(つりおんな)
太郎冠者    歌昇
上       芝雀
大名某     錦之助
醜女      吉右衛門

夜の部

一、妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)三笠山御殿の場
杉酒屋娘お三輪  福助
烏帽子折求女実は藤原淡海  染五郎
入鹿妹橘姫  高麗蔵
豆腐買おむら  歌六
漁師鱶七実は金輪五郎今国  吉右衛門

二、隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)法界坊
序幕  
第一場 向島大七入口の場         
第二場 同座敷の場        
第三場 向島牛の御前鳥居前の場    
第二幕 向島三囲土手の場    
大喜利 隅田川渡船の場           
聖天町法界坊   吉右衛門
娘おくみ       芝雀
若党五百平     歌昇
手代要助      錦之助
息女野分姫     染五郎
丁稚長太      玉太郎
永楽屋おらく    吉之丞
大阪屋源右衛門  歌六
道具屋甚三     富十郎
浄瑠璃 双面水照月
法界坊の霊/野分姫の霊  染五郎
渡し守おしづ    福助



朝っぱらから鳴神はどうなんでしょ。
実は演目も知らずに行って、セットを見た瞬間鳴神なのが分かってげんなりした。。。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。