お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「シークレット・ハンター~この世で、俺に盗めぬものはない~」
役がない!
配役の時点で分かってはいたけど、本当に役がない。
その上、役がついているとはいってもみな出番が少ない。
ちょっと気の毒だと思う。

開演アナウンスにはちょっとした趣向がこらされていて面白いし、登場シーンはなかなかかっこいい。
その後の展開は、ま、面白いし、作品のコメディ(これコメディだよね?)性が出ていていいかと思う。

いきなりみなみちゃんも登場するしね。
パンツスーツって言ってた気がするけど。
これか!
ちょっと想像とは違いました。
キャリア系のパンツスーツかと思ったら、ある種不二子ちゃん(もちろんルパン三世の)みたいなお姿でした。

ダグが妙に可愛いのは、やっぱりセルジオが礼音くんだからなのかな。
セルジオより強い(腕っ節じゃなくてね)とバランスが悪いものね。

内容はすごく簡単に説明できるけど、ネタバレにしかならないので、書きませんけど、すぐに終着点は分かります。
そりゃそうか。
単純な話で、それはいいけど、その単純さのごまかし方が下手だな、と。
藤井先生とか、サイトー先生みたいに、脚本を書けなかったのを上手にごまかす技を身につけないといけませんな。
っていっても、2人だってそううまくはごまかせてないけど。。。
とりあえず、時間潰しに躍らせてみました、みたいなのはちょっとどうかな。
それがあるから危惧していたよりは下級生に出番があって良かった、と言えなくはないけど。

それにしても、「シークレットハンター」の最後にして最強のシークレットは果たして必要なのかが微妙に気になる。
そしてプログラムが誤記なのかも気になる。
(プログラムの結婚式のところ)

男爵の衣装も。ちょっとどうかと思うな。
しぃちゃんに殺し屋は似合わないしな。
衣装を黒くしてくれるのが一番なんだけど、せめてシルクハットをなくしたらどうかと思う。
男爵の「男爵とお呼び下さい」という台詞には結構うけました。
自分で言うのかいな。
しかも腕利きの割には弱いよね。
でも最後、何も2回も撃たれなくてもいいのでは。。。

この作品でいいところがあるなら、ハッピーエンドだってことなんだと思う。
終わり良ければすべて良し。
自分にそう言い聞かせる。

あ、フィナーレナンバーはかっこいいです。
クンバンチェロは、ちょっと感慨深い。
褐色の肌の安蘭さんはかっこいいし。

大きな羽も見られたし。
ナイアガラもつけてもらって。
真っ白な羽で。
トップさんなんだなぁ、本当に。


初舞台生のロケットはすごく面白かった。
衣装も可愛いし。
初舞台生がいなくなった場合、あのロケットには黒塗りっ子もまじるのだろうか。すると本当に衣装だけが浮いてみえるな。

礼音くんの銀橋での歌も堂々としていて、立派になったよ礼音くん。
私が言うのもなんだけど。
あすかちゃんが娘役を引き連れて歌う場面とかもあればよかったのにな。

それにしても、アナ・マリアが周りより更に黒いのには何か意味があるのだろうか。
黒すぎませんか、みなみちゃん?

すずみんとゆかりさんは中々面白い役だよね。
もうちょっと出番さえあれば(苦笑)
和くんは、路線男役としてその役はどうなのかと思うのね。
そしてマシンガンを持った部下を引き連れるアナ・マリアってナニモノ??という疑問も。
このあたりがメチャクチャ漫画ちっく。


まだまだまだまだ先だけど、博多座では普通にシークレットハンター→ネオ・ダンディズムの順番だよね?するとシークレットハンターのフィナーレ部分が切られるのかな??

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。