お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
秋だからクリスティ(?)
どうやらアガサ・クリスティが読みたい病がやってきた模様。

*読んだ本
『ABC殺人事件』
『マギンティ夫人は死んだ』
『ハロウィーンパーティー』
『火曜クラブ』

*印象に残った台詞
「私たちは殺人を容認しません」

私はクリスティの台詞が好きです。
長くてくどい台詞がえんえんと続くと、クリスティだな~とつくづく思います。
時にはそれにイライラしたり、うんざりしたり(笑)
そんな風に感じながら読むのが好き。
ポアロやマープルがつくりあげる独特の雰囲気、世界に浸りたくて、周期的にクリスティが読みたい病がやってくるらしい。
クリスティ中毒なのか?


*今日読んだ本
『金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲』
無題 京極夏彦
キンダイチ先生の推理 有栖川有栖
愛の遠近法的倒錯 小川勝己
ナマ猫邸事件 北森鴻
月光座―金田一耕助へのオマージュ― 栗本薫
鳥辺野の午後 柴田よしき
雪花 散り花 菅浩江
松竹梅 服部まゆみ
闇夜にカラスが散歩する 赤川次郎

やはり栗本薫が面白かった。いかにも横溝正史、金田一耕助という雰囲気が漂っていた。ただ最後の伊集院大介の台詞は言いすぎかなぁ、と思ったけれど。

コメント

管理人にのみ表示


© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。