お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夢の世界へようこそ
「WeLOVEジェンヌ 極彩TAKARAZUKA」蜷川実花
もともと蜷川実花さんのファンであり、かつ宝塚好きとしては夢のような写真集。まさにドリーミィーフォトセッション(と本の帯に書いてある)なので、うきうきしながら買いに行く。
レプリークも買っていたけど、こんな風にコピーついてましたっけ?
本当に私の記憶力は信用ならない。鳥は三歩歩くと忘れるというけれど、私は一歩歩かない内に忘れているような‥‥我ながらおそろしい。
なので、このコピーが雑誌掲載当初からついていたのは全然覚えていないけれど、全部見て一番インパクトがあったのは

「罪状は、美しすぎること」

思わず、その通りでございます!とひれ伏しそうになるコピー。もちろんコピーだけじゃなく、サエちゃんがこわいくらいお綺麗です。

私が、すごく実花さんらしいな~って思う写真は、リカさんの写真と、コムちゃんの写真と、瞳子ちゃんの写真。あと、水さんの写真の花(笑)
実花さんの撮る女の子の写真が好きなので、ギャンブラー系の写真(野郎系・笑)より、ドール系(美人系or可愛子系)の写真が好みです。
リカさんの写真はこれ以上ないくらい薔薇がお似合いだし、コムちゃんの写真はお人形的な可愛らしさの中にもちょっと口元から毒がこぼれてきそうな感じが実花さんらしいなと。瞳子ちゃんの写真は、私の大好きな妖しい和服(笑)これでサエちゃんも撮って欲しかったな~と思いました。二人がこういう和服で寝転がっていたら無敵なんだけど、私てきに(笑)
あ、あと水さんの写真の、水に浮かぶ花は、実花さんが撮る写真でも、特に私の好きな構図です。
それにしても、瞳子ちゃんの写真のコピーが

「着物の奥に何を秘めていらっしゃるのですか」

‥‥やっぱりこれってコンセプトは○○茶屋なんですかね?

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。