お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Brilliant Dreams#1 「安蘭けい」 舞台編
それほど期待せず見ました(笑)
そしてその通りの仕上がりでした。
別に番組の出来が悪いと言っているわけではありません。
よく出来ていました。
でもファンにはさして面白くないんじゃないか、と私は思いました。
どうも世間の認識と私の認識はズレ気味なので、あんまりアテにはなりませんけどね。

なにしろ私がこの番組を見ながらずっと思っていたこと。
それは

猫、猫、猫!!

意味不明?(笑)
でも母親がいたら絶対言ってる。
私も普段言われている。
「猫、猫になってる!」って。
はいはい、そうです、別に可愛いって意味じゃありません。
猫背になってるよ!っていう意味です。
うちではそれが「猫!」と略されてます。
略し過ぎだ。

というわけで、以下あんまり一般的じゃない、かも知れない私の感想。

もともと「舞台編」なので、あまり興味がなかったのです。
舞台は見てるからいいや、という気持ちで。

内容はこんな感じ。

「安蘭けいの形容詞といえば?」
多かった意見
熱い→舞台は「プラハの春」
濃い→舞台は「コパカバーナ」
かわいい→舞台は「王家に捧ぐ歌」


つい笑った瞳子さんのコメント
「男役なので、かわいいって言われるとこっ恥ずかしい。それだったらかっこいいって言われる方が慣れてるので」
慣れてるのね。はいはい。

「安蘭けいを色に例えると」
赤→舞台は「龍星」
青→舞台は「雨に唄えば」「ロマンチカ宝塚'04」「ベルサイユのばら」


「私が思うのは赤と白かな。白って言われたい。白い役っていったらイカロスくらいしか思い浮かばないけど、でも白でありたい」
白い役。風共のアシュレもベルばらのフェルゼンもノーカウントですか、本人的には。確かにファン的にもノーカウントだと思いますけど。。。

「安蘭けいにやって欲しい役は」
「エリザベート」のトート
「赤と黒」のジュリアン・ソレル
「風と共に去りぬ」のスカーレット
「エリザベート」のエリザベート


「スカーレットはできそう。でもエリザベートは無理。王妃でしょ。私のキャラじゃない」
アイーダも一応王女なんですが‥‥その前にどちらも私は見たくないです。はい。ごめんなさい。。

で、瞳子さん自身の思い出の舞台は
「JFK」初新人公演主演
「ノバ・ボサ・ノバ」3兄弟思い出の作品
「花吹雪恋吹雪」日本物への意識が変わった


でした。

ふ~ん。あ、そ。終わり。
みたいな(笑)

舞台映像も流れるし、その公演を振り返った話もあるけれど、そこはほら、ファンだから(笑)、公演見てるし,当時インタビューとかで散々話聞いてるし。
そうでしたね。で終わってしまうのです。
簡単に言うと、「ファンだと目新しい情報がないから、あまり面白くない。」ということなんじゃないかと。

多分この番組は「安蘭けい入門編」として、それ程のファンじゃない人が見たら面白いはず。
だって私、水夏希編は楽しみにしているもの。
水夏希ファンが水夏希をどう見ているのか、どう思っているのか、どこを推してくるのか。
興味があります。

一部のファンに受けそうなマニア向け構成ではないので、いろんなジェンヌさんでやってくれたら面白くていいかと思います。
まさか3回で終わったりしないよね?



一部のファンに受けそうなマニア向け構成
たとえば
安蘭けいのやられまくりな舞台遍歴

花恋では釜ゆで
プラハの春ではたーたんに平手打ち
ラッキースターではたーたんに蹴り倒され
王家に捧ぐ歌では女官たちの嬲りもの
ファントムではたかこさんに首を絞められ
花舞う長安では檀ちゃんにお花で叩かれ流血
ロマンチカではウメちゃんに平手打ち
長崎しぐれ坂ではトドさんにはり倒され
ソウルオブシバではしぃちゃんに因縁つけられ
ベルサイユのばらではパパに叩かれ、小石につまづき(オスカル)、射撃の的状態で撃たれ(アンドレ)
コパカバーナではまたまた撃たれ
愛短では後ろから羽交い締め
締めにネオ・ダンディズムでは自らを鞭打ち

最近の舞台を適当に思いだしただけでもこれだけあるのね。
やられ過ぎじゃない?
死ぬ役が多かった人は、延々死んでいく場面を繋ぐとか。
一部にしか受けない、どころか、どこにも受けそうにない番組になっちゃうか。
べ、別に見たいわけじゃないけど。
でもちょっと面白いかと‥‥

いけない、肝心のものを忘れていた
麗瞳翔では目隠しに手錠で拘禁
タカラジェンヌとしてそれはありなのか。。。

コメント

管理人にのみ表示

こんにちは。検索でやって参りました。

“マニア向け構成”すごい面白いです。まさに対象者がここに(笑)
改めて言われてみると、確かにやられ過ぎですよね。普通ショーでは滅多に蹴られたり殴られたりしませんしね(笑)
やられ体質?(書き逃げ…)
ロム専 | URL | 2006/09/13/Wed 13:39 [EDIT]
ファン歴が浅いのでそれなりに楽しめましたが
来月のほうが見たいです。1時間番組にしてほしい・・・。

>安蘭けいのやられまくりな舞台遍歴
すばらしいです!!(笑)
これみたいなあああ(笑)自分で編集するか・・・(笑)

麻美 | URL | 2006/09/13/Wed 14:02 [EDIT]
>ロム専さん
こんにちは。
ざっと思い出してもこれくらい出てくるということは、きちんとカウントしてみたらすごいことになりそうですね。
演出家に、安蘭は泣かせとけ、とか思われてるんでしょうか?(笑)
しかもほとんどがやられっぱなしですしね。
男の子ならやり返さなきゃ!(無理?)

>麻美さん
来月楽しみですよね。
でもサイトー君をゲストにして、安蘭けいの萌え魅力を語らせたら、1時間番組にしても足りないのではないかと思います。。。(笑)
なにせ目隠し&手錠ネタを繰り出してくるような人ですからね。
実季 | URL | 2006/09/13/Wed 15:29 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。