お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
TOMO CLUB TeaParty
あくまで記憶によっての記載なので、正確な発言とは異なりますの。
こんな感じでしたよ、ってことで。
「ともちゃんが到着されました。みなさんテラスをご覧下さい」
カーテンが開かれ、テラスでポーズを決める悠未ひろ。
さすがともちん。
そんな登場か。

大受けで始まった悠未茶。
でも入場してくるともちんは、普通の感じのいいお姉さん。
オンとオフのともちんの顔の差が、本当に面白い。
やっぱり悠未ひろさんって素敵。

さて、プログラムで、こんなクイズがありました。

「ともちゃん○×クイズ」

①UFOを信じる
②おいしいものが食べられれば、行列に並ぶのは苦ではない。
③テレビよりラジオや音楽をかけている。
④お気に入りの香りがある。
⑤寝つきはいいほうだ。
⑥子どもの頃のエピソードを覚えている。
⑦健康グッズをたくさん持っている。
⑧アイスクリームとシャーベットなら、アイスクリームが好き。
⑨朝食は、ごはんよりパンである。
⑩リラックスしたい時はマッサージに行く。
⑪夕日より朝日が好き。
⑫インテリアのアクセントにする色は赤だ。
⑬宝塚の名作といえばベルサイユのばらである。
⑭白と黒のジャケット、多いのは白である。
⑮日本人の心にしみる邦画が好き。
⑯笑い上戸である。
⑰山登りは結構得意である。
⑱必ず東京から買って帰るものがある。


会場の最高値は16問正解が3人。
ちなみに私は13問正解。
勘というか、イメージで選んだわりには意外と当たっていた。
イメージ通りの人ということなのか(笑)

ともちんの答え
①UFOを信じる
 ○「あれだけ見たって人がいるなら存在するのでは?」
②おいしいものが食べられれば、行列に並ぶのは苦ではない。
 ×
③テレビよりラジオや音楽をかけている。
 ○
④お気に入りの香りがある。
 ○「最近はアロマオイルが。ローズマリーとか」
⑤寝つきはいいほうだ。
 ○
⑥子どもの頃のエピソードを覚えている。
 ○
⑦健康グッズをたくさん持っている。
 ×「グッズはあまり持ってません」
⑧アイスクリームとシャーベットなら、アイスクリームが好き。
 ○
⑨朝食は、ごはんよりパンである。
 ○
⑩リラックスしたい時はマッサージに行く。
 ○「マッサージ大好き」
⑪夕日より朝日が好き。
 ×
⑫インテリアのアクセントにする色は赤だ。
 ×
⑬宝塚の名作といえばベルサイユのばらである。
 ○
⑭白と黒のジャケット、多いのは白である。
 ○
⑮日本人の心にしみる邦画が好き。
 ○
⑯笑い上戸である。
 ×(会場からえ~という声があがったのに対して)
 「笑い上戸って笑って止まらないってことでしょ?止まりますから×」
⑰山登りは結構得意である。
 ×「ぜんぜんダメ」
⑱必ず東京から買って帰るものがある。
 ○「せっかく都会にいるからお仕事の洋服を。宝塚は都会に出るのに時間かかるけど東京はすぐだから。でも人ごみは苦手です」

だそうです。
正解者上位3名(同点だったのでじゃんけん)の素敵な景品は、3色の封筒の中に。
青、黄色、ピンクの封筒を上位の人から順に好きなものを選び、中に入っていた紙に書いてある内容で写真撮影。
「ともちゃんと相合傘で写真撮影」
「ともちゃんに赤いバラを一輪もらう」
「ともちゃんにてるてる坊主をつくってもらう」
相合傘撮影では普通に笑顔のともちんで撮影だったのが、赤いバラを一輪、では途端にいかした悠未ひろさんに変身して、さっとバラを差し出したので、会場も大受け。
面白すぎる‥‥
ともちんが目鼻を描いたてるてる坊主(「絵は苦手ですけど、顔くらいは描けます」)を持っての撮影では、ともちんがてるてる坊主君の頭をぐいっと摘むように持っていたのがおかしくて密かに笑ってしまった。
それじゃ頭もげちゃうよ、ともちん!

公演の話で衝撃的だったのは、「ビルさんは妻子もち」

「私のつくった設定では、ビルは国に奥さんがいて、身重なんです。それも出産間近で。でも彼はオリンピックに行くんですよ。絶対帰ってくるからって。もちろんオリンピックだからみんな帰ってくる気で行くんですけど。だから本当はビルも国に帰りたいってタリックみたいに思ってるんですよ」

身重の奥さんおいて来てたのかビルさん?!
だったらすぐ国に帰りなさいよ~~~

何でこういう設定になったのか、そこのところがものすごく気になるのですが‥‥

舞台上で小芝居うってるシーンの話では、毎日色々やっているらしく
「「向こうに敵がいる。でも川(オケボックス)があるから行けない。」とか言ったり。「お前川を飛び越えて行けよ」って言われて、「ああ、そうだな」って」
ビルさんって幅跳びの選手だったかしら?
確か高飛びの選手だったような‥‥

最も気に入っているダンスはココナッツボーイのスイングだそうで。
「私たち結構遅いので、遅れてる、とか言われながら踊ってます」
確かにまったりしてそうな3人組ですな‥‥

ロケットボーイ3人組に関しては、小池先生から場面を増やすと言われ「悠未、ロケットね」とだけ伝えられて、しばらくは「ダルマ?!」と冗談言っていたみたいです。
「ダルマでも良かったんですけど。いやいや嘘です。それはねぇ」
う~ん、ともちんのダルマ。。。
わたるさんのカラス(「パッサージュ」の。ってカラスじゃないだろ)と、緒月の夜の怪人(かなめちゃんは夜の女王だったが)と、どれが一番すごいか並んでみて欲しい。

最後の質問、ということで
「ビルさんに妻子がいるのを知っている方からですが、何で奥さんがいるのに、サンジョルディの祭りで女の子とあんなにいちゃいちゃしてるんですか?」
と、聞かれたともちんは
「真面目な話、色んな映画とか見ても、戦地にいる人ってみんな現地の女の人とそういうことで。やっぱり明日死ぬかも知れないとなると、男の人は、ねぇ、そういうことに」
そ、そんなに真面目に語らなくてもいい質問じゃないかね、ともちん。
ちょっと手に汗握ってしまった。

私の行く茶会は、結構な頻度でデンジャラスゾーンに突入!してしまうので、お友達からは危険な人が好きなの?なんて笑われていたけれど、ともちんのお茶会はとっても平和。
私の行ったお茶会では、最も平和に時が過ぎたかも知れない。
危険だったのは、ともちんが歌のプレゼントとしてさだまさしさんの「奇跡」を歌った時くらい‥‥ああ、音程が!!(笑)
NeverSayGoodbyeの主題歌は大丈夫だったんだけど。
「みなさんの前で歌わせていただくと、気付くことがたくさんあって勉強になります。聴いて下さってありがとうございます」
なんて言うともちんが、とても素敵でした。

そうやって謙虚に勉強して、これからますます大きくなっていくのを楽しみにしています。

コメント

管理人にのみ表示


© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。