お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
新春鏡開き



2010/01/01

宝塚大劇場 2010年新春鏡開き
1月1日(金・祝)、宝塚大劇場では、雪組の水 夏希、彩吹 真央、愛原 実花により新春恒例の鏡開きが執り行われました。

3名はご来場のお客様に新年のご挨拶と本年の抱負を述べた後、鏡開きを行い新年を祝って乾杯いたしました。


「皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年は95周年という宝塚歌劇にとりましても節目の年でございました。
2010年、今年からの5年間は宝塚歌劇100周年を迎えるのに最も重要な時間ではないかと思っております。
100周年を華やかに迎えるためには劇場に足を運んでくださるお客様の愛が必要でございます。
皆さまの愛に応えられますように今年も舞台に励んで参りたいと思います。
そして劇場で皆様と一緒に同じ空間を楽しみながら舞台を努めてまいりたいと思いますので今年も1年どうぞよろしくお願いいたします」

彩吹
「皆様、新年明けましておめでとうございます。
私にとりまして昨年はたくさんの役にめぐり合うあうことができてとても充実した1年となりました。
私たち雪組は、この宝塚大劇場で2/5~3/8まで『ソルフェリーノの夜明け』『Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』を上演いたします。
東京は3/26~4/25まで上演しますので是非お越しください。
私事ではございますが、この作品で宝塚歌劇団を卒業させていただくことになりました。
皆様本当に長い間ありがとうございました。
最後の日まで大好きな男役を彩吹真央として真っ直ぐ進んでまいりたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします」

愛原
「皆様、新年明けましておめでとうございます。
2010年の大劇場公演は私自身にとりましても大きな挑戦となります。
お客様に楽しんで頂けますよう、責任をもって舞台を努めてまいりたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします」




載ってる写真のユミコちゃん。
ほっぺがオレンジに見えるのは、目の錯覚ですか?(笑)


コメント

管理人にのみ表示


© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。