お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ふわふわ にょろにょろ
白くてふわふわしていて、ましゅまろのようだわ、と思った思い出話をちらりと。

本当に役立たずの海馬なので、これは、と思ったことだけ。


(※メモなどはまったくとっていないので、あくまで私の中に残っているぼんやりとした記憶(・・)に基づいておりますことはご了承くださいませ。)
(つまりかなりあやしい記述ということで。。)




nono.jpg>



・プログラムで見る稽古場の髪型が凝っていましたね、と言われて
「お稽古初日に小池先生から「野々は映画のイルザとかけ離れているから外見からも入るように工夫しなさい」と言われたので、髪形なども雰囲気が出るよう頑張ってみましたが、小池先生から「ちょっとおかしい」と言われ・・ゆうひさんからも「頑張ってるけどちょっとおかしい」と言われて・・初日があいてしまいました・・」


・ゆうひさんとの歌について
「ゆうひさんとは一緒に歌うのが初めてで、合わせなくては!!(力の入った仕草つき)と思いすぎて、ゆうひさんの歌を聞いてから私が歌う、みたいになってぜんぜん合わなくなってしまったんですが、ゆうひさんが「合わせようと思わなくても、気持ちが通じ合って、信頼し合っていれば自然と合うから」と言ってくださって。それからは考えずに歌うことができるようになりました。」

1122
じゃなかった、いい話。


最後に今後の予定で公演のスケジュールを言い終わった後、なぜか
「あの私~」と言っている様子に もじもじ と私は心の中で擬音をつけたのですが、きっとこれがゆうひさん曰くの にょろにょろ なんだなと思いました。
で、えと文を1月号から担当するそうです。


コメント

管理人にのみ表示


© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。