お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
AIDAを見ました
博多で、最後の緊迫した場面なのに「私の棲み家」がうっかり「私のすみ花」に脳内変換されて、ついついへらへらしてしまうダメな私。

そしてAIDAでは。。

伊礼くん寒くないのかな~なんか着せてやって~
・・って、せめてカーテンコールではもうちょっと綺麗なお召し物を!!
と思ってしまう私。

ダメすぎる。
ダメすぎるけど。。。

なんていうか、AIDAはそんな現実逃避をしたくなってしまうのです。

ああ木村先生。。「オグリ!!」は良かったのに。
演出~演出変えて~
脚本変えて~

そのままなら、船を出せ!
(こら)

とか。
そう思って自分の中の動揺を鎮めようとしてみます。
(別にラブシーンのことではありません。)


ダンスオブヴァンパイアで、山口さんの歌を聴きながら、東宝ミュージカルがあまりに山口さんに頼りすぎなのでは?という疑問も、帝劇のこの空間を一人で引き受けられる人って、やっぱりそうそういないんだろうなあと思っていたのを思い出します。

小さい頃からさほど大きくない劇場で芝居ばっかり見ているので、分かってなかったけれど
演技力とか、歌唱力とか、もしくは華とか、そういうモノとはまた別の、空間のすべてを引き受ける力というものが、大きな劇場で主演をする人には必要なんだなと
しみじみ思いました。

フォーラムC
おっきかったなぁ。

コメント

管理人にのみ表示


© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。