お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「ワンダーガーデン」
花組芝居OFFシアター
同期四人花組芝居在籍20周年記念企画
花組四獣「ワンダーガーデン」
作・演出 わかぎゑふ
出演 桂憲一・植本潤・大井靖彦・八代進一
シアター711

花組芝居は好きだけれど、実はあまり見ていない、というのをパンフレットの年表を見て改めて気付きました。
なんだろう、好きなんだけどね。
絶対見るわ!っていう気持ちにはならないんだよなぁ。
(パンフレットで見た限り、最初に見たのが99年の「奥女中たち」で、それ以降「泉鏡花の天主物語」「極猫大騒動ゴクネコ」「かぶき座の怪人」しか見ていない。たぶん)

そんな風にゆるぅく見ていますが、花組の中では八代さんが好きです。
これまた、八代さんが好き!というより、いつも見ていいなと思うのが八代さん、という感じなんですけど。

植本さんは花組よりも普通に舞台を見に行くと出ていた、という方が多いような。
そして毎回あまりに変化自在なので、時にはカーテンコールまで植本さんだと気付かなかった?!なんてことも(笑)

この4人で芝居なんて絶対面白いよね、と思って行ったら想像をはるかに超えて面白かったので、無理やりもう1度観ました。

なぜこの芝居をこの値段(自由席3000円)で見られるんだ。
下北恐るべし。
とか思いながら(笑)

やはり客を呼ぶためのサービスは、皆で踊るとか、バックステージツアーとか(いや、それはそれでいいんだけど)、そういうことじゃなくていい作品をつくることではないんでしょうか?ねぇ?
(前にニュースで劇場が来場者を増やすためのサービスに力を入れている、という特集をやっていたのを見て思ったことですが)

そして。
みなさん素晴らしかったけれど、やっぱり八代さんが好きだなと思いました。
それから。
植本さんのさぁちゃんが、時々、表情のつくりかたとかしゃべり方とかが さ さ い さん?みたいに見えた。
女形の型なのかな。



コメント

管理人にのみ表示


© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。