お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
鬼鹿毛ともお別れ
「オグリ!」千秋楽を見てきました。

幕があがった途端こちらのテンションも上がる公演は久しぶり、なので、終わってしまうのが淋しくもあり。
もっと見たかったなぁと思いつつ、熱気が溢れながらも、決してやり過ぎて良さを損ねてしまうことのない素晴らしい千秋楽を堪能しました。
いやぁ、本当に楽しい公演でした。


客席には花組全ツ組の皆様と、雪組さん、そして圭子さんがきていました。
萬屋主人が「全国巡業に行かれた皆様がいらして」みたいなことを言って、常陸小萩にも「挨拶しなさい」と促すと、小萩ちゃんも「お勤めご苦労様です」とぺこりと頭を下げていました。

最後に壮さんが全員を紹介した時、「AQUA5に対抗して、侍6!」と言っていました。
皆を紹介して「そして小栗でした。」と言った時は、会場からまだ照手紹介してない~~という無言の空気が流れ、壮さんが「最後に紹介しようと思ってたんですよ。忘れてませんよ」と若干焦り気味に言っていたのが面白かったです。


出待ちも見てきましたが、途中、トラックの荷台に鬼鹿毛がむき出して乗せられていて、ちょうど降りだした雨に濡れながら去っていくのを見て、軽く哀れを感じました(笑)
ああ、あの子はこれからどうなるのか。
解体されちゃうのかしら。
しかし、あんなモノ乗せた車を見かけたら、さぞかしびっくりすることでしょう。



コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。