お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
読書の冬
にはまったくならず。

読んだ本を右から左に忘れるので(おいおい)今年こそ読書日記をつけるぞ、と思った気がするのにすでに忘れている。
とりあえず。

『赤朽葉家の伝説』 『ファミリーポートレイト』桜庭一樹
『ジーヴスと封建精神』『ジーヴスと恋の季節』P・G・ウッドハウス/森村たまき訳
『百器徒然袋―雨』『百器徒然袋―風』京極夏彦
『永遠の仔』天童荒太
『説経小栗判官』近藤ようこ
『複数の時計』アガサ・クリスティー 著/橋本福夫訳


そして今は父に強制的に渡された

『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女』スティーグ・ラーソン著/ヘレンハルメ美穂訳/岩澤雅利訳

スウェーデンのベストセラー。
丸谷才一さんがお勧めしていたらしく、彼が薦めるなら読まなくてはっ!と言って渡されました……
(いつものことながら父上はミーハー)
(そして今、ミーハーが「みいちゃんはあちゃんの略」だと知ってびつくりする)

何でもインテリでも楽しめるミステリということらしいけど。。私インテリじゃないんですけど、お父様~~
と思いつつ読んでいます。
読みにくくはないけど。
面白いのかは、今のところ(そろそろ上を読み終わる)よく分からない。


そうそう、ジーヴスがマンガになったらしい。

『プリーズ、ジーヴス』
勝田 文 著 
P.G.Wodehouse 原著
森村たまき 訳
白泉社 版
3月5日発売


とりあえず、買って読んでみよう。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。