お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ヴァレンタインデー
ということで(?)父と歌舞伎へ。
天気予報通りあったかいな~


歌舞伎座歌舞伎座さよなら公演
二月大歌舞伎
平成21年2月1日(日)~25日(水)

昼の部

一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
  加茂堤  賀の祝

桜丸   橋之助
八重   福 助
松王丸  染五郎
梅王丸  松 緑
斎世親王 高麗蔵
苅屋姫  梅 枝
三善清行 松 江
春     扇 雀
千代    芝 雀
白太夫  左團次


二、京鹿子娘二人道成寺
  (きょうかのこむすめににんどうじょうじ)
  道行より鐘入りまで

白拍子花子   玉三郎
白拍子花子   菊之助


三、人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)

左官長兵衛     菊五郎
女房お兼       時 蔵
和泉屋手代文七  菊之助
娘お久        尾上右近
角海老手代藤助  團 蔵
和泉屋清兵衛   三津五郎
家主甚八      左團次
鳶頭伊兵衛     吉右衛門
角海老女房お駒  芝 翫



道成寺で菊ちゃんが花道から出てきた時は、菊ちゃん綺麗~~~と身を乗り出す勢いでしたが(もちろん心の中だけですよ)、玉さまがあらわれたら。
あ~~
さよなら菊ちゃん。
もう。私の視界は玉三郎に占められておりました。
菊ちゃん大好き、なんだけど、まったく見られないという、なんてことでしょ、恐るべし玉三郎。みたいな(笑)
隣で踊っているからといって、2人同時には見られないのだなと思い知りました。
前もそう思ったけど。
菊ちゃん前より綺麗だけど。
それでも無理だった。

玉三郎も、全盛期、というか、美しさの盛りみたいな、出てきた途端劇場がどよめくような雰囲気ではなくなったけれど、じわじわと滲んでいつのまにかすっぽり心を覆うような、見れば見るほど引き込まれていく雰囲気で、美しい。
この人をこの目で見ることができて私は幸せ、と舞台を観るたびに思う。


そんなわけで、京鹿子娘二人道成寺に集中力やらなにやらすっかり奪い取られてしまい、もう文七元結見る気力がないかも、と思っていたけれど、そこはちゃんと考えられているのか(笑)、たいそう見やすい演目でした。
言葉も普通に聞き取れるし、筋は分かりやすいし。
長兵衛さんの「命は金でかえねぇ」とか、そういう分かりやすい決め台詞が好きです。

ま、菊ちゃんがどう見ても若旦那にしか見えないのはご愛敬(役は手代)



毎度のことながら、
昼の部開演11時。終演16時。
劇場内にいること5時間。
外に出るとほっとする(笑)

ちなみに夜の部は16時半開演。
毎回毎回よくまぁ30分で入れ替えができるものだと感心します。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。