お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
タワーレコードへ。
寒さに震えつつ渋谷へ。
シンガー安蘭けいを見に(聴きに、か)。

イベント名が
安蘭けいスペシャルトーク&ライブ
だと思っていたのは内緒です。
(スペシャルライブ&トークです。シンガーですから!)



タワーレコードの地下のイベントスペースはミラーボールもちゃんとあって、あれ回るのかな~~と開始前に思っていたら、やはり回りました、最後に(笑)

人は多いもののお行儀の良いヅカファンらしく(笑)押されてもみくちゃになることもなく、結構のんびり見ておりました。
見晴らしの良い所に立てたので、瞳子さんもよく見えたし。
やはりあの人の瞳には魔物が棲んでるな~と珍しくファンらしきこと(?)を思ってみたり。
あ、よく見えついでに頭の上で数本の毛が微妙な空調によってふわふわしてるのもよく見え‥‥(そういう所を見るのはよしなさい)




トーク(司会はAQUA5イベントの時と同じお姉さん)
DREAMER
トーク
異邦人
挨拶
で40分くらいかな
瞳子さんらしく笑い笑いのトークでした。


トークはあんまり覚えていないけれど

小さい頃からピンクレディの真似をしたりレコードデビュー(当時は「レコード」だったことを強調)を夢見ていた、という話の続きで、ピンクレディ以外に好きだった歌手が「聖子ちゃん」と答えた瞳子さん。
聖子ちゃん派だったか明菜ちゃん派だったかで、聖子ちゃん派だったと言って司会のお姉さん&お客さんからの、明菜ちゃん派に見える!意外!の反応にちょっと納得いかないみたいで、ぶりっこで可愛いのが好きじゃダメなの!?次は可愛い系で行く!と言って大ブーイングを受けてました(笑)

あと、ジャケット撮影の話で「ジャケット撮影」と言った後に、司会さんと、ほらジャケットね、ジャケットって言えましたね、みたいな会話があり、
「さきほど14時の回でジャケットのことを“パッケージ”っておっしゃって」
「ジャケットって言うんだって教えてもらいました。今は普通にジャケットって出てきました」
と自慢げに言う瞳子さんでした。
(パッケージって言う方が難しいような。。)

そうそう、DVDに収録されている映像で、レコーディング2日目に急に髪を染めたのはそこしか時間がなかったからだけど、見てる人はいきなり髪の色が違ってどう思うんだろうって、自分でDVDを見ながら突っ込んだ、と言ってましたな。
レコーディングはスカピンの楽の翌日だったそうです。
(すごいスケジュールだなぁ)


最後の異邦人ではミラーボールもまわって照明がちょっと暗めで、瞳子さんにぴったり~~と思ったら歌い出しでは普通に明るくなってちょっと残念(笑)
しかしああいうレトロ~~な雰囲気が似合うこと似合うこと。
素敵。
(私は瞳子さんが歌う異邦人~♪の、ん~♪という所が好きなんですけど。何だそれ)


瞳子さんはお稽古中に大変だっただろうけどとても楽しいイベントでした。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。