お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
AQUA5ライブin六本木ヒルズアリーナ
AQUA5ライブin六本木ヒルズアリーナ



入場開始頃は小雨模様。
ステージに向かって左サイドは雨が降り込んでいます。
やんでよかった。

司会のお姉さんに「AQUAらしく雨ですね」と言われると、AQUA1が私のせいですいませんと言いたげな顔で苦笑。

ユニット名の由来を聞かれて、何だかいろいろ言っていたAQUA1(覚えてない)。最後に
「私たち雪組ですし。雪は溶けると水になるということで。ね」
(AQUA2と顔見合わせて微笑み)

「男役のユニットというのを聞いた時はどうでしたか」という質問には、AQUA1が男らしく
「私たち普段から身も心も男役なので」
って。で、でも、向かって左のお二人はおもいきりむ、胸が……(もごもご)

そんな発言をしたAQUA1は、司会さんの仕事を奪う勢いで「男役になる瞬間は?」とメンバーに聞いておりました。
それに対してAQUA5が
「化粧する時。真剣だから無言。話しかけられたくない」
というようなことを言ったら、AQUA12は手を取り合って
「私たちなんて!ずっとしゃべってるよね」


歌って喋って歌って喋って、で、普通に歌手の新曲プロモーションみたいな感じ。

途中AQUA1が
「集まって下さったファンの方はもちろんありがたいですが(というようなことを言っていたと思われる。超あやふや)、通りがかりのそこの貴方!貴方に聞いていただきたい!」
と力説。

「ソロモンの指輪」の映画バージョン(というのでしょうか)が流れた時は、ひゅ~とかひゃ~とか言いながら鑑賞。
(すごく良かった。あれDVDにならないかしら)
映像が終了して、司会のお姉さんから
「今回は普段と違って何と言うんでしょう、エロスというか、セクシーというか、妖艶な感じですが」
と振られたAQUA1。迷うことなく
「どうですか?」
とAQUA3に話題を振る。
(たいていの質問をまず自分で答えるかAQUA2に振ってたくせに、その話題はそこにいくのですね。やはり公認のエロ(ス)担当なんでしょうか、AQUA3。)

「言葉にできない」では、AQUA1が出だしで間違えて歌えなくなり、AQUA2が代わりに歌いますか、みたいにマイクを上げた途端歌い出し、「違う~」という部分だけ2人で歌っていた、かな。たぶん。
(歌い出した歌詞が「違う」なのに受けたが)

最後は新曲の「シラユキ」披露。
この日のためだけにAQUA1自ら振り付けした、そうです。
(この日限定バージョン)



締めの挨拶で、AQUA1が「宝塚(普及)のために頑張ってます」というようなことを力強く言っていて、もうちょっと通りすがりの人も立ち止まれるようなライブなら良かったね、と思いつつライブは終了。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。