お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
芸術祭十月大歌舞伎
歌舞伎座百二十年
芸術祭十月大歌舞伎

夜の部 

一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
十種香
八重垣姫    玉三郎
武田勝頼    菊之助
白須賀六郎   松 緑
原小文治    権十郎
長尾謙信    團 蔵
腰元濡衣    福 助

狐火
八重垣姫    玉三郎
人形遣い  尾上右 近


二、雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)
直侍
浄瑠璃「忍逢春雪解」
片岡直次郎   菊五郎
三千歳     菊之助
寮番喜兵衛   家 橘
暗闇の丑松   團 蔵
丈賀      田之助

三、英執着獅子(はなぶさしゅうじゃくじし)
傾城後に獅子の精    福 助





珍しく2階で観たらよく見えた。
1等だから当たり前だけど。

八重垣姫の美しさと着物の柄に見入る。
ああいう柄のネイルをしてみたい(派手)

花道見えると楽しいな。
いつも3階でぜんぜん見えないからなぁ。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。