お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
新幹線のお供
冷凍ミカンという文字を見ると心引かれます。
昔野球観戦しながらよく食べたなぁ。


で、今の新幹線のお供といえばやはり本。
カラマーゾフも途中だけれど、ちょっと新幹線のお供にしたくはない。

というわけで、直前に本屋に行って買ったのが

柳広司「ジョーカー・ゲーム」

正直内容というより、表紙が好みだっただけ(笑)

でもでも想像以上に面白くて、久しぶりに面白い本読んだ~~って思えた。


面白すぎて、行きの新幹線で読み終わっちゃったのだけが誤算。
読み終わりそうな厚さではあったんだけど。
ほかに適当な本が見あたらなかったんだもの。

仕方ないので帰りは別に本を買いました。
選ぶのが面倒(……)だったので、

東野圭吾「探偵ガリレオ」

にしました。
つい先日「容疑者Xの献身」を読んで、まあ面白いよね、と思ったので。
あ、直木賞に失礼かしら。
まあ何ていうか、普通に面白いから新幹線で読むにはいいかなと。

思ったのだが。
面白くないわけじゃないけど、やはりトリックの解説が理系オンチの私には。。
草薙刑事の気持ちがよく分かる!
綾辻さんの館モノとかにすれば良かったかしらね。

帰って父に「探偵ガリレオ」差し出したものの、今はいいやと返されました。
でもジョーカー・ゲームは持っていった。
何か引かれるものがあったのだろうか。
…少なくとも表紙じゃないよな。


とまあそんなこんなで(?)銀ちゃんの恋見てきました。

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。