お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
台風接近中
体調が微妙
台風も微妙
明日大丈夫かなぁ。


そんなこんなで。まとまりなく。



3連休はひっそり雪組を見たり、エスコバルさんが父子家庭で育ったというエピソードを聞いてみたり、グラパンさんの腕ぽんを初めて見たり。
してました。

何年も会ってなかった人に、まさかここでか、という所で再会したり。
(びっくりを通り越して感動しちゃう)


VISA内の音月桂コーナーの今月のメッセージを今さら読んで、桂ちゃんがやたらと可愛い。可愛い可愛い。と思ってみたり。
シャツが残念な感じだけど。
いや、シャツも可愛いんだけど、桂ちゃんが着ると若干首が詰まった感じ、じ、、、すみません


スカピンに関しては
1番好きなシーンは実はお嬢さん方の井戸端会議(?)の場面かも知れないと思った3回目の観劇。



世間ではニーハイブーツと言うらしい、ヅカファン的にはスターブーツ☆な膝上ブーツで足の細さを強調してあらわれるエスコバルさん。
そして、こっそり聞いたエスコバルさんの謎。は
(ネタバレです)










・30歳独身。
・母親は小さい頃に亡くなった。軍人だった父親に育てられたが、その父も亡くなった。
・ネロに奪われているペンダントは、父親の軍服か洋服に入っていた形見のコインを自分で下げられるように加工したもので、常に身に付けている。
・そのことをネロは知らない。(←「ちかさんがお茶会で、ペンダントには意味ないんじゃないですか的発言をしたらしいですけど。ネロには言ってないから、知らなくても仕方ないんです」とかフォローするエスコバル)
・セリ下がって行く時に思うことは、毎日違う。ネロが行ってくれて良かったと思ったり、これで両親のところに行けるなと思ったり。時折は母親がぽんと思い浮かんだりする。



ネロのどこが好きか。については、「語ると一晩かかるので」と言いながら、結構語っていらっしゃいました。
が、ごめん、あんまり覚えてない。
誰にでも優しいとか誠実だとか言ってたような。
(不正というか悪というかに)目をつぶっていることができない、とか。



暗殺未遂のシーンは、壁で客席からは見えないので、稽古場では初めはちゃんとやっていなかったけれど、隙間とか影で見えるので、ちゃんとやろうということになって、今はきちんとやっている。
ちなみにこんな感じです、とお客さん相手に実演。
お客さんがナイス演技(殴るフリのところで、エスコバルさんの殴るフリとお客さんの殴られるフリがどんぴしゃで合った)を披露したので、「うま~い」と絶讃。
揚げ句に「児童劇団とかいました?」と聞いてみるエスコバルさん。



で。
毎回結構な発言をなさる彩吹さんですが。
今回は
「エスコバルは本当に死んだのでしょうか?実は生きていたとか、そういうことはないのでしょうか?」
と聞かれ、
「それはないですけど。はっきり死ぬ場面はないので、稽古場で実は生きていたら~という話で盛り上がりました」
と前置きをして、稽古場で盛り上がった「続・マリポーサの花」を披露。
す、、、すっごい同人、いや、妄想小説ちっく(一緒だよ)なんですが。
会場が盛り上がったので、「正塚先生に書いてくださいってお願いします」と言っていました。



それから。
組本ではシマウマドレスをお召しになったそうです。
「ちかさんが着たがってたけど、ちかさんが違うのを着たので。私はジャングルのシーンから選んで下さいと言われて、シマウマと豹(確か)で悩んで、どっちがいいですかってハマコさんとちかさんに聞いたら、断然シマウマって言われたので、シマウマを着ました。キムとテルと一緒で、私たちいけてました(笑)」
とのこと。
誰かキリンは着たの?!(無理)


AQUA5については、
「ジャケット撮影の時の衣装はスタイリストさんが選んだもので、私が選んだわけじゃありません」
と、これだけは言わせて!という勢いで弁解(?)するAQUA2(私のお薦めはAQUAピンクなんですが)(ピンクって)



えっと。
時間がないのでこれくらいで。(中途半端な)

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。