お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2月27日
2月27日。
一年前の衝撃を思い出します。
珍しく(?)ばたばたと仕事をしていました。
延々封筒づくりをしている最中。
メールをもらい、いそいで公式を見て。
えぇぇぇ??と混乱したまま又封筒づくりに戻ったのでした。


あれから一年。
ファンには分からないような、いろんな想いがあったんだろうと思います。
ただファンである私は、
宙組のみなさん、一年間素晴らしい舞台を見せてくれてありがとう。
次の舞台も期待しています!
という楽しい気持ちで、これからも応援したいと思います。
(宙組を、というか、宝塚を(その中でも特に宙組を、という定番の挨拶のような)そういう気持ちで見たいのですが。)


さて。
後10日でシャングリラの初日。
近未来。。へ誘われるわけです。
いったいどんな舞台になるのか。
わくわく。(どきどき)(びくびく)
・・私が見るのはだいぶ先ですが。

そして。
すみ花ちゃんお誕生日おめでとう。
また素敵な一年の始まりとなりますように。
スポンサーサイト
page top
『虞美人』-新たなる伝説-


  『虞美人』-新たなる伝説-
  主な配役
  項羽(こうう)---真飛 聖---鳳 真由
  虞美人(ぐびじん)---桜乃 彩音---天咲 千華
  劉邦(りゅうほう)---壮 一帆---瀬戸 かずや
  王媼(おうおう)---梨花 ますみ---芽吹 幸奈
  范増(はんぞう)---夏美 よう---真瀬 はるか
  懐王(かいおう)---眉月 凰---航琉 ひびき
  虞美人の母---絵莉 千晶---遼 かぐら
  宋義(そうぎ)---悠真 倫---天真 みちる
  韓信(かんしん)---愛音 羽麗---彩城 レア
  張良(ちょうりょう)---未涼 亜希---煌雅 あさひ
  紅林(こうりん)---桜 一花---鞠花 ゆめ
  衛布(えいふ)---華形 ひかる---輝良 まさと
  季布(きふ)---真野 すがた---大河 凜
  項梁/王翳(こうりょう/おうえい)---紫峰 七海---冴月 瑠那
  呂(りょ)---花野 じゅりあ---梅咲 衣舞
  容容(ようよう)---初姫 さあや
  幽蘭(ゆうらん)---初姫 さあや---初花 美咲
  殷通/呂馬童(いんとう/りょばとう)---扇 めぐむ---夏城 らんか
  樊噲(はんかい)---夕霧 らい---羽立 光来
  項荘(こうそう)---祐澄 しゅん---日高 大地
  湛湛(たんたん)---愛純 もえり
  春蘭(しゅんらん)---愛純 もえり---桜帆 ゆかり
  子期(しき)---朝夏 まなと---真輝 いづみ
  浅浅(せんせん))---華耀 きらり
  遙華(ようか)---華耀 きらり---菜那 くらら
  石蘭(せきらん)---華耀 きらり---花蝶 しほ
  劉邦の父---月央 和沙---花峰 千春
  桃娘(とうじょう)---望海 風斗---実咲 凜音
  青青(せいせい)---白華 れみ
  戚(せき)---白華 れみ---月野 姫花
  金蘭(きんらん)---天宮 菜生---瞳 ゆゆ
  浩浩(こうこう)---華月 由舞
  玉華(ぎょっか)---華月 由舞---桜咲 彩花
  秋蘭(しゅうらん)---華月 由舞---春花 きらら
  章邯(しょうかん)---浦輝 ひろと---銀華 水
  王陵(おうりょう)---彩城 レア---和海 しょう
  白蘭(びゃくらん)---芽吹 幸奈---白姫 あかり
  項伯(こうはく)---煌雅 あさひ---鳳龍 アヤ
  玉蘭(ぎょくらん)---梅咲 衣舞---彩咲 めい
  蕭何(しょうか)---瀬戸 かずや---水美 舞斗
  曹参(そうさん)---鳳 真由---柚香 光
  鍾離昧(しょうりばつ)---輝良 まさと---冴華 りおな
  悠悠(ゆうゆう)---天咲 千華
  若華(じゃっか)---天咲 千華---仙名 彩世
  木蘭(もくらん)---天咲 千華---花織 千桜



つい先日この子可愛い~と思った凛音ちゃんが桃娘ですか。
ほ~
思い返すと花組の新人公演は結構見ているので、あちこち気になる配役が満載。
見たいなぁ。見られるかなぁ。
page top
観たいメモ
観たい。。
と思いつつなかなか予定が立たないので、せめて忘れないようにメモだけでも。。


自転車キンクリートSTORE 富士見町アパートメント
【Aプログラム】「魔女の夜」作:蓬莱竜太/「海へ」作:赤堀雅秋
【Bプログラム】「リバウンド」作:鄭義信/「ポン助先生」作:マキノノゾミ
2010/2/27(土)~2010/3/14(日)
座・高円寺1
全席指定-5,000円 全席指定(1日券)-8,000円


「マクベス」
~作:W.シェイクスピア訳:河合祥一郎「マクベス」より~
2010/3/6(土)~2010/3/20(土)
[出演・構成・演出]野村萬斎
[出演]秋山菜津子 / 高田恵篤 / 福士惠二 / 小林桂太
世田谷パブリックシアター
S席-7,000円/A席-5,000円/B席-3,000円


「SIDE SHOW」
2010/4/7(水)~2010/4/18(日)
[演出]板垣恭一
[出演]貴城けい / 樹里咲穂 / 下村尊則 / 大澄賢也 / 伊礼彼方 / 岡幸二郎 他
東京芸術劇場 中ホール
S席-10,000円/A席-8,000円


「博覧會~世界は二人のために~」
2010/4/8(木)~2010/4/21(水)
[劇作・脚本]千葉雅子
[出演・演出]池田成志
[出演]荒川良々 / 星野真里 / 大谷亮介 / 菅原永二 / 篠井英介
東京グローブ座
全席指定-5,800円


「裏切りの街」
公演期間:2010/5/7(金)~2010/5/30(日)
[劇作・脚本・演出]三浦大輔
[出演]秋山菜津子 / 田中圭 / 安藤サクラ / 古澤裕介 / 米村亮太朗 / 江口のりこ / 松尾スズキ
PARCO劇場
全席指定-7,350円


「ロックンロール」
2010/8/3(火)~2010/8/29(日)
[原案・原作]トム・ストッパード
[演出]栗山民也
[翻訳]小田島恒志
[出演]市村正親 / 秋山菜津子 / 武田真治 / 黒谷友香 / 山内圭哉 / 前田亜季 / 檀臣幸 / 上山竜司 / 西川浩幸 / 月船さらら / 森尾舞
世田谷パブリックシアター
S席-8,500円/A席-5,500円
page top
プチミュージアム
週末はあきじかんたっぷりで暇~なスケジュールだったハズなのに、妙に動き回っていたような。
そして荷物があまりに重くて久しぶりに肩こりがひどいです。

予定皆無だった(ハズ)の日曜日、まだまだ時間あるし、ということでプチミュージアムに行ってきました。


(以下写真)

つづきを表示
page top
二月大歌舞伎
歌舞伎座さよなら公演
二月大歌舞伎

夜の部
一、壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)
座頭沢市  三津五郎
観世音  玉太郎
女房お里  福 助

二、高坏(たかつき)
次郎冠者  勘三郎
大名某  彌十郎
太郎冠者  亀 蔵
高足売  橋之助

三、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)  
序幕 吉原仲之町見染の場より
大詰 立花屋二階の場まで
佐野次郎左衛門  勘三郎
八ツ橋  玉三郎
九重  魁 春
治六  勘太郎
七越  七之助
初菊  鶴 松
絹商人丈助  亀 蔵           
絹商人丹兵衛  市 蔵            
白倉屋万八  家 橘             
釣鐘権八  彌十郎              
おきつ  秀太郎           
立花屋長兵衛  我 當
繁山栄之丞  仁左衛門



つづきを表示
page top
カサブランカ
最後の土日にカサブランカに浸りすぎて、ちょっと消耗してしまいました。

あまりに浸りすぎて、もうあの舞台は終わってしまったなんて信じられない。
そういう気持になったのは本当に久しぶりです。


最後の日は、客席でも舞台上でも、もう今日で最後なんだ、という緊張感が漂っていた気がします。
それがまたカサブランカという作品の持つ雰囲気と合わさって、本当に良い舞台でした。

最後は
舞生ちゃんの下級生ながらしっかりしたご挨拶と
萬さんのしみじみとした、でも可愛らしい人柄の滲むご挨拶と
ゆうひさんのぐっとくるご挨拶と
宝塚って最高!と思う、そんな千秋楽でした。


いろいろあっても、それでも 宝塚 にしか存在しない輝きと美しさ
それを目の当たりにした気がします。

カサブランカに乾杯~


メモ。
6日の15:30公演。真矢みきさんがいらっしゃっていました。
7日の11:00公演。デュエットダンスがちょっと大変なことに。。それでも笑っている2人。まさに2人の世界(違)
page top
2010年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場メインホール、博多座】

2010/02/08

2010年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場メインホール(7月・星組)、博多座(8月・星組)】『ロミオとジュリエット』
2月8日(月)、2010年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、梅田芸術劇場メインホール・博多座の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
※今回未発表の作品は決定次第、ご案内いたします。

星組 
■主演…(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね

◆梅田芸術劇場メインホール:2010年7月10日(土)~7月26日(月)
<一般前売:2010年5月9日(日)>
<座席料金:S席8,500円、A席6,000円、B席3,000円(税込)>

◆博多座:2010年8月2日(月)~8月24日(火)
<一般前売:2010年6月12日(土)>
<座席料金:A席8,500円、特B席7,500円、B席6,000円、C席4,000円(税込)>


『ロミオとジュリエット』
原作/ウィリアム・シェイクスピア
作/ジェラール・プレスギュルヴィック
演出/小池修一郎


世界で最も知られている永遠の純愛物語、ウィリアム・シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」が、作詞家、作曲家、そして演出家であるジェラール・プレスギュルヴィック氏によって新たにミュージカル化された本作品は、2001年にフランス「パレ・デ・コングレ・ドゥ・パリ大劇場」で初演され、絶賛を博しました。そして、スペクタクルで現代的要素を持ち合わせ、幻想的な解釈による舞台は、その詩的な楽曲と共に多くの人に愛されてきました。以後、スイス、ベルギー、カナダ、イギリス、ロシア、ハンガリー、オーストリア、韓国など世界各地で上演され、国際的な大ヒットを放ち、全世界で500万人以上の観客動員を誇ります。初演から10周年を迎える今も世界各地で上演が予定され、日本では宝塚歌劇が、小池修一郎演出の宝塚バージョンとして初上演します。全世界を感動に包んだ素晴らしい音楽と共に、史上最高のラブストーリーを宝塚歌劇の舞台でお楽しみ下さい。

page top
最後の夜
公演です(笑)。

まーちゃんととなみちゃんがきていました。
客席に可愛子ちゃんがきているのに気をよくしたのか、ルノーさんが大層ご機嫌さんに見えました。
しかも銀橋で落とした帽子は縦に立つし。
えぇ~!
(落とした時最初足の間に入って、ルノーさんが動いた後もそのまま立っていた、ように見えました。おもしろい)

ところで、なんだか普段と台詞が違った気がしたんですけど。
ルサンク見ようと思ったけれど時間がなくて、次の観劇で確かめる方がはやいかな。

そんな最後の夜公演でした。

あと3日で終わっちゃうのかぁ。
page top
Tribute to STUDIO GHIBLI

Tribute to STUDIO GHIBLI

3/24発売

1: となりのトトロ(桜・初姫・羽咲・琴音)
2: 風の谷のナウシカ(桜一花)
3: 君をのせて(透水さらさ)
4: やさしさに包まれたなら(羽咲まな)
5: 愛は花、君はその種子(音花ゆり)
6: 時には昔の話を(花愛瑞穂)
7: もののけ姫(七瀬りりこ)
8: いつも何度でも(初姫さあや)
9: 世界の約束(晴華みどり)
10: テルーの唄(百千 糸)
11: ひまわりの家の輪舞曲(琴音和葉)
12: 風のとおり道(晴華・透水・花愛・音花・百千・七瀬)




いつのまにか素敵な企画が。

ジブリ作品に疎くてタイトルだけ見てもどの作品の歌なのかさっぱり分からないのですが
もののけ姫がりりこちゃんなら、きっとほかの曲もイメージに合った人選なんです、よね?(笑)
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。