お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ポケットカレンダー
2月5日発売
2010年ポケットカレンダー

専科 轟悠

花組
真飛聖・桜乃彩音・壮一帆・愛音羽麗・未涼亜希
華形ひかる・真野すがた・朝夏まなと・望海風斗

月組
霧矢大夢・蒼乃夕妃・桐生園加・青樹泉・星状海斗
龍真咲・明日海りお

雪組
水夏希・愛原実花・未来優希・彩吹真央・音月桂
彩那音・緒月遠麻・早霧せいな・沙央くらま

星組
柚希礼音・夢咲ねね・涼紫央・彩海早矢・凰稀かなめ
夢乃聖夏・紅ゆずる・真風涼帆

宙組
大空祐飛・野々すみ花・蘭寿とむ・悠未ひろ・北翔海莉
十輝いりす・春風弥里・鳳翔大・蓮水ゆうや・凪名瑠海



ちなみに去年のメンバー

専科 轟悠

花組
真飛聖/桜乃彩音/大空祐飛/壮一帆/愛音羽麗
未涼亜希/華形ひかる/真野すがた/望月理世/朝夏まなと

月組
瀬奈じゅん/彩乃かなみ/霧矢大夢/遼河はるひ/桐生園加
青樹泉/城咲あい/星条海斗/龍真咲

雪組
水夏希/白羽ゆり/未来優希/彩吹真央/天勢いづる
音月桂/彩那音/凰稀かなめ

星組
安蘭けい/遠野あすか/立樹遥/涼紫央/柚希礼音
和涼華/彩海早矢/麻尋しゅん

宙組
大和悠河/陽月華/蘭寿とむ/悠未ひろ/北翔海莉
美羽あさひ/十輝いりす/七帆ひかる/早霧せいな

スポンサーサイト
page top
貸切公演
カサブランカの阪急交通社貸切を見てきました。
司会はゆうひさんの同期で元宙組の彩苑さん。

幕間の抽選のお手伝いは研一の真みや涼子さん。
ムーア人の男の役をやっているということで、その扮装で登場。
「真みや涼子。娘役です」と主張しておりました。
(背も高いし、言わないとわからないものね)
バザールの場面で布を売っているそうです。

最後の挨拶の前には、彩苑さんから、同期らしく
「さっき楽屋でゆうひに一番好きな台詞は何?と聞いてみたら、すごく悩んで、「君の瞳に乾杯」と3回言っている中でも、最初に言う時は狙って言ったわけではなく、自然発生で出てくるのでそれが一番好きです、ということでした」
という話がありました。
(彩苑さんの言葉もゆうひさんの言葉も正確ではありませんが、まあそういう意味のことを)

そして。
今回は緞帳が上がってゆうひさんとすみ花ちゃんが登場し、ゆうひさんの挨拶で、普通に幕がおりました。
・・やっぱり前回のねったんは打ち合わせになかったこと言い出しちゃったのかな(笑)



暖かかったので、出も見ましたが、みっちゃんが袴姿でした。
page top
蜘蛛女のキス
蜘蛛女のキス

脚本:テレンス・マクナリー
作曲・作詞:ジョン・カンダー&フレッド・エッブ
演出・訳詞:荻田浩一
出 演
石井一孝 金志賢 浦井健治
初風 諄 今井朋彦 朝澄けい 縄田晋 ひのあらた 田村雄一
照井裕隆 笹木重人 長内正樹 辻本知彦


前にベニサンピットで見た時(ストレートプレイ)よりも、ぐっと胸が痛い気がしました。
もう一度見たい。でももう見たくない。
そんな気持ちが交差します。
監獄での最後の夜は、哀しくて泣きそうでした。

舞台には確かに美が存在するんだなあとちょっとぼやけた視界で思いました。
うぅん。やっぱりもう1回見るべきか。


ところで、カサブランカに通ってお財布が炎上中なので、Z席で見たのですが。
Z席は、舞台の一部が見にくくなっています、という注意つきなのでそれは覚悟していました、が、、
下手のZ席に座ると浦井くんが結構な場面で見えません。
なぜなら、浦井くんのベッドが下手にあるから。。

Z席(まだあるか分からないけど)は、浦井くんのファンは上手に座るべきだな、と思いました。

しかし、主要キャストがかなりの時間見えないというのは、舞台の一部が見にくい、というレベルじゃないよなぁ、と正直思いました。
確かに安いけどさぁ。。
せめてベッドをもうちょっと真ん中に寄せてほしかった。

そして。
会場ではリピーターチケットということで、S席が6000円で全日程販売しています。
6000円って、、半額だよ。
(ちなみにZ席は3000円)
page top
カサブランカ
11時公演を観ていました。

真飛さんがきていました。
それと少し後ろに下級生の娘役さんが4人ほど。
(会場を出る時にあまちゃきとすれ違いました。可愛い。)

・・真飛さんの隣で観劇していたのが瞳子さんだとは、気付きませんでした。
ショックを受けるべきなのか、瞳子さんが見事に女優に変身していて分からなかった!と感心すべきなのか。
よく分かりませんが。。

お昼を食べた後有楽町駅前を通った時にかっちゃん(涼乃かつきさん)とすれ違ったので、もしかして真飛さんの横で観劇していたのは瞳子さんとかっちゃんだったのかしら。

page top
おや
気のせいかしら。
本日(昼)リックさんから
「別にパリを愛してるわけじゃない」
って2回聞いたような。。
はて。
SORA耳?(笑)
(別のテーブルに気をとられていましたが、シュトラッサー「~パリからここへ来た」リック「よくご存知で」のところで間違って次の台詞の「別にパリを愛してるわけじゃない」を言って、その後の本当のタイミングでも言った、と思われます。たぶん。。)


バーカウンターからはグラスが落ちて、ぽこんって音がしておりました。。
サッシャさんはグラスを拾って、ちゃんと床も拭いていました。
酒は飲むけど仕事もちゃんとするバーテンダー(笑)


客席には由舞ちゃんがきていました。4人できていたものの、後3人は顔が見えず。花バウ組、だったのかな。
page top
雪組

雪組
■主演…(雪組)水 夏希、愛原 実花

◆宝塚大劇場:2010年6月25日(金)~7月26日(月)
<一般前売:2010年5月22日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年8月13日(金)~9月12日(日)
<一般前売:2010年7月11日(日)>

ミュージカル
『ロジェ』(仮題)
作・演出/正塚晴彦

国際的な捜査機関に所属するロジェとヒロインは、事件に巻き込まれて大切な人を失った心の痛みを持つ。寡黙で冷徹なまでに捜査を進めるロジェ。偶然に出会った二人は、同じような境遇に親しみを覚え束の間の安らぎの時間を持つようになる。心を通わせながらも運命の糸に操られ予期せぬ事件に巻き込まれ翻弄されていく男と女……。この公演で宝塚歌劇団を退団する雪組トップスター・水夏希の男役生活18年間の集大成を飾るに相応しい、正塚晴彦による哀愁漂うオリジナル作品。

ショー
『ロック・オン!』
作・演出/三木章雄

“Rock on!”―気持ちを込めて観客の心を揺さぶり続けたいというメッセージを込めたショー作品。これまで舞台から観客の心を揺さぶり続けてきた水夏希が、最後のステージでも全力を尽くして取り組む姿そのものが、作品のテーマでもある。水夏希が“Lock on”(絶えず追い続ける)していた夢、宝塚歌劇でしか実現しない夢の世界を、シャープにまたゴージャスにお届けします。




雪組に関しては、なんていうか、まだ何も考えられないのです。
正塚先生なのは、そうかな、というくらいしか。。。
page top
2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】

2010/01/19

2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
1月19日(火)、2010年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
※今回未発表の作品は決定次第、ご案内いたします。

宙組
■主演…(宙組)大空 祐飛、野々 すみ花

◆宝塚大劇場:2010年5月21日(金)~6月21日(月)
<一般前売:2010年4月17日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年7月9日(金)~8月8日(日)
<一般前売:2010年6月6日(日)>

グラン・ステージ
『TRAFALGAR(トラファルガー)』
-ネルソン、その愛と奇跡-
作・演出/齋藤吉正

イギリスの国民的英雄ホレイショ・ネルソン海軍提督の半生を描いたミュージカル。18世紀半ば、「海を制するものは世界を制す」の言葉通り、フランス、スペインといった大国が制海権を掌握していた頃。ホレイショ・ネルソンは軍人である伯父の影響を受けイギリス海軍に入隊し、頭角を現していく。愛国心と野望に溢れ、数々の武勲をあげ艦長にまで昇格したネルソンは、彼の支援者の娘フランシス・ニズベッドと結婚する。そんな時、ネルソンは、在ナポリ英国大使ウィリアム・ハミルトン卿のパーティで、彼の妻エミリィ・ハミルトン(通称エマ)と出会う。妻子との関係に亀裂が生じ始めていたネルソンと、金で買われた結婚に嫌気がさしていた美貌のエマ。二人は逢瀬を重ね、共に惹かれあうようになる。そのスキャンダルが周知のものとなっていくのに時間はかからなかった。ウィリアムのネルソンへの信頼と友情は、怒りと嫉妬心へと変わり、ネルソンは次々と危険な戦地への派遣を命じられることになる。やがて、小国イギリスの命運を担い出撃するネルソンの行く手には、宿敵フランスの軍神、ナポレオン・ボナパルトが立ち塞がる……。

グランド・ショー
『ファンキー・サンシャイン』
作・演出/石田昌也

生命、エネルギーの根源である「太陽」をテーマにしたショー。サンビーム、夜明け、プリズム、コロナ、日食、黒点、太陽神、虹、白日夢……など、太陽からイメージされる言葉、生活、文化、ファッションを多角的な視点から捉えた作品。





今の宙にはサイトーショーじゃない?と思っていたら、本当にきたサイトー!(笑)
しかしショーじゃなくて芝居とは。
しかも、なんですか、エルアルコ、、、いやいや、オリジナルオリジナル。
はは。
ゆうひさんとすみ花ちゃん。その内普通の恋人役くるかなぁ。

page top
落ちました
ルノーさんの帽子が銀橋から(笑)

落ちた先をお願いしますよと言わんばかりに拝んだものの、なかなか帽子が戻ってこず‥‥
「はやくしろ」とリックに叱られるルノーさん。


さすがに2人はしれっと芝居に戻っていましたが、客席で私は震えていました‥‥


客席にはライター陽月(笑)がいたように見えましたが、このネタ(違)は使われるのでしょうか。
どきどき
page top
3連休の締めに
かなり高いところから舞台を見下ろしてきました。
観劇続きでオペラをあげる気力がなかったので、全体をのんびりと眺め、本当によくできているなぁと感心していました。

どの場面も綺麗な絵のようで、舞台上に立っている人が全員その世界に生きている。
ああ、いい舞台だなぁ。
しみじみ。

そして私のぼんやりした視界でも(ど近眼な上にひどい乱視なのでライトで照らされた舞台はぶれて見えることが多い)、ゆうひさんかっこいいなぁ。
しみじみ。

全体的に暗い、という印象があったのですが(内容というか、舞台の色彩が)、上から全体を見るとむしろ多彩できらきらしていました。
私が気づくのが遅すぎるだけの話。


さて、次回の観劇に向けてもう少し軽いオペラでも探しましょうかねぇ。
page top
浅草
20100110193429


20100110193427


浅草に行ってきました。
すごい人でした‥‥

本で見て気になっていたどら焼きをぱくり。
美味しい~


交差点では人力車のお兄さんの営業にあいましたが、これから歌舞伎です、と言うと、お正月はやっぱり浅草歌舞伎ですね~楽しんできてください!と送り出されました(笑)



新春浅草歌舞伎

お年玉〈年始ご挨拶〉

一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
曽我五郎  市川亀治郎
小林朝比奈  中村勘太郎

二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)  御浜御殿綱豊卿
徳川綱豊卿  片岡愛之助
中臈お喜世  中村七之助
祐筆江島   中村亀鶴
新井勘解由  市川男女蔵
富森助右衛門  市川亀治郎

三、忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)  将 門       
傾城如月実は滝夜叉姫  中村七之助           
大宅太郎光圀  中村勘太郎


お年玉の挨拶は七之助くんでした。
page top
VISA貸切
VISA貸切を見てきました。

2幕、ラズロさんが銀橋で「いつも君を愛しているよ」と言うところで
出だしの「い」が、「い(↑)」と軽くひっくり返っていました。

ルノーさんも最後に台詞言いなおしていました。

なんてことを最初に書いちゃいましたが、舞台は全体的に、すごく良かった、です。
(ざっくり・笑)



page top
阪急交通社貸切
阪急交通社貸切公演を見てきました。

司会は夢輝のあさん。

貸切といえどもアドリブはなし。
(入れる場所ないし)


最後に大空さんから一言、の場面でゆうひさんが
「(ねったんと)退団してからはじめての共演ですね」
と嬉しそうに言っていました。

そしてねったんが
「新年あけて、東京での初お披露目公演で、初貸切なんですよ。
すごい、おめでたい続きで。
そこで、おめでたい!ポーズをやってもらえません?」
と、これが世に言うムチャ振りというやつですか?(お笑いに疎くて言葉の使い方がよく分かっていません

ゆうひさんは
「まさか一芸を要求されるとは」
と笑いながら、
「じゃあ先にやってみせてくださいよ」
切り替えし。

自分で言い出したので仕方ないと思ったのか、ねったんはえ~と言いながら
「おめでたい!」
とポーズを取っていました。
(両手を伸ばして胸を張ったポーズ)(分かりにくくてごめんなさい)

それを見てゆうひさんも笑いながら同じポーズをしていましたが、会場の受けがいまいちだったので
「静かになっちゃったよ」
とつぶやいたところで、ねったんが、これで終了です的発言をしたら、するすると緞帳が下りだしました。
え、最後に締めの一言とかないの?と会場もびっくりしましたが、ゆうひさんも驚いたらしく、下りてきた緞帳を見て、下りてるし!みたいな顔をして慌てて手を振っていました。

最後にひと笑いありがとうございます(違)
ゆうひさんの顔があまりに面白かったので、隣のすみ花ちゃん(一応いましたが、一言も発していません)の顔は見忘れました。
見る前に緞帳が下りちゃったとも言いますが(笑)
page top
お正月
本日、休みになって以来、閉じこもりっぱなしの家をやっと出ました。
・・インドア過ぎる。

毎年楽しみの箱根駅伝をスタートから見て、途中で心を残しつつセールへ。
初日の朝から行くなんて何年ぶりだろう?
開店すぐに入ったものの、予想外にすいていて、なんだかなぁと思いつつ、ついうっかり福袋など買ってしまいました。
お、重いけど、バッグとか入ってたらどうしよう。
とどきどきしながらあけたら、普通に着られる服ばかりで、最近は福袋も売れ残り大作戦(何だそれは)じゃないんだなあと感心。
でもちょっと普通過ぎてつまらない。
(奇怪な服をちょっぴり期待したようです)

さあ。
明日はとうとうカサブランカ初日。

そしてその前には銀座のセールへもGO!!です(笑)
page top
新春鏡開き



2010/01/01

宝塚大劇場 2010年新春鏡開き
1月1日(金・祝)、宝塚大劇場では、雪組の水 夏希、彩吹 真央、愛原 実花により新春恒例の鏡開きが執り行われました。

3名はご来場のお客様に新年のご挨拶と本年の抱負を述べた後、鏡開きを行い新年を祝って乾杯いたしました。


「皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年は95周年という宝塚歌劇にとりましても節目の年でございました。
2010年、今年からの5年間は宝塚歌劇100周年を迎えるのに最も重要な時間ではないかと思っております。
100周年を華やかに迎えるためには劇場に足を運んでくださるお客様の愛が必要でございます。
皆さまの愛に応えられますように今年も舞台に励んで参りたいと思います。
そして劇場で皆様と一緒に同じ空間を楽しみながら舞台を努めてまいりたいと思いますので今年も1年どうぞよろしくお願いいたします」

彩吹
「皆様、新年明けましておめでとうございます。
私にとりまして昨年はたくさんの役にめぐり合うあうことができてとても充実した1年となりました。
私たち雪組は、この宝塚大劇場で2/5~3/8まで『ソルフェリーノの夜明け』『Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』を上演いたします。
東京は3/26~4/25まで上演しますので是非お越しください。
私事ではございますが、この作品で宝塚歌劇団を卒業させていただくことになりました。
皆様本当に長い間ありがとうございました。
最後の日まで大好きな男役を彩吹真央として真っ直ぐ進んでまいりたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします」

愛原
「皆様、新年明けましておめでとうございます。
2010年の大劇場公演は私自身にとりましても大きな挑戦となります。
お客様に楽しんで頂けますよう、責任をもって舞台を努めてまいりたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします」




載ってる写真のユミコちゃん。
ほっぺがオレンジに見えるのは、目の錯覚ですか?(笑)
つづきを表示
page top
明けましておめでとうございます。
窓の外から微かに鐘の音がします。

明けましておめでとうございます。
2010年 皆様にとって幸せな一年でありますように。

年越しは某カウントダウン番組(笑)を見ていましたが、去年と同じく帝劇からの生中継がありました。
去年はこれにちらっとでもシナちゃんがうつらないかな~なんて思いながら見ていたのを思い出しました。

・・なんて書いていたら、まさに公演の主題歌が流れてきた。
懐かしいなぁ。


さて。
新年の幸せを祈りつつ。
おやすみなさい。
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。