お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
大晦日
大晦日。
とうとう2009年も後1日。

自分の観劇メモを見て、トウコさんの退団が今年のことなのに驚いてしまうくらい、なんだか、いろいろとスピードがはやい一年でした。

来年の今頃もやっぱりそう思っているのかな。
1年前は予想だにしなかったぞ、ということがたくさん、起こっていたり。。
できれば2010年は穏やかに暮らしたいのです。
でももうそれは望めないことも分かっていますが。。

先日上野で友達を待っている時に、隣に座っていた年配の3人組(お話から察するに80歳くらい)のお話が聞こえてきましたが。
「静かに暮らすなんて無理よ」
とおっしゃっていました。
・・・・やっぱり無理ですかね、と思わず心の中で勝手に会話に加わりました(笑)


タカラヅカスペシャルを見て、ひどく消耗した気分になり、ずるずるしたまま年の瀬まできましたが、新しい年は新たな気持ちで!!

部屋の片づけをしようと思って手に取った本を開いたら(こうして片付けは進まないまま)、「怒りを静めるためには、もう怒っていない!と自分に言い聞かせるのみ」ということが書いておりました。
無理やりにでもそう思う。
思うことで区切りをつける。
たぶんそういうことなんでしょう。

私は、「これじゃダメだ。こんな気持ちのままじゃダメだ」と思いつつ、でも無理やり自分の気持ちに区切りをつけることもできず、しばらくはこのまま落ちているなら落ちたままでいてもいいじゃないか、と思ったままで居続けましたが、年の変わりを区切りに、とりあえず顔は上げてみようと思います。

なんて書くと、泣き暮らしていたようですが、

・1月号のGRAPHを見て、娘役ちゃんみんな可愛い~(でれ)っとしてみたり
・水之城(シャングリラというより、水之城)ポスターの破壊力にクラクラしたり(確かに新しい)(ところで、あらすじから龍王さんが消えてしまったのですがどちらへ?)
・年末になって一挙大放送な「コースト・オブ・ユートピア」(計9時間)をBGMに本を読んでみたり(間違っている)
・セール初日と箱根駅伝往路のどちらを取るべきか悩んでみたり(復路はカサブランカの初日だし。。)
・職場の忘年会(蕎麦を食べる会とも言う)で、「趣味あるの?」と聞かれて「観劇です」と答えたら、だいたい聞かれる定番の「歌舞伎とか見るの?」に続いて、なぜか「宝塚とか見るの?」と聞かれてびっくりしてみたり。(「公演見るのはわかるけど、出待ち?とかあれすごいよね。何がそんなにいいの?」とも言われました。で、出待ちに遭遇したことがあるのですか。。汗)
・歌劇1月号にウメちゃんの連載と並んで、「LOVE LETTER from CANADA vol.1 児玉明子」があることに震えてみたり、
・同じく歌劇1月号のえと文タイトルが。。
  あさかのまさか!?~まぁびっくり~ 朝夏まなと
  探偵ミリレオ─実におもしろい─ 明日海りお
  みなこのみなさんのおかげです。 愛原実花
  ねぇねぇ。あのね… 夢咲ねね
  すみからすみまでズズズィ~っと。 野々すみ花
みりおくん、ガリレオ好きなのですか。そうですか。(ドラマ「探偵ガリレオ」口癖が「実におもしろい」。)
ねねちゃん、タイトルも可愛い。(でれ)
みたいな、面白タイトルなのに期待したり。(娘役ちゃんにはぜひとも新春らしく可愛い着ぐるみ写真なぞ披露していただきたい)(こら)

結構普通に暮らしています。
・・当たり前か。

タカラヅカスペシャルでは、なんだかもう、水さんや桂ちゃんを見るのも辛い、という気分だったのですが、やはり一番こたえたのは、
ユミコちゃんを見るのが辛い
という気持ち。
見るのが辛い、と思ってしまうことが一番辛かった。

私はユミコちゃんをこんな気持ちで見たくはないんだ。

舞台のユミコちゃんを見る時は、いつだって優しくて暖かくて幸せな気持ちになってきたのに、最後にそれを壊してしまいたくはない。
そんな気持ちでユミコちゃんを見たくはない。

雪組公演を見るまでにどこまで気持ちを持っていけるか分かりませんが。
たまたまつけていたテレビから飛び出してきた言葉があまりにぴったりだったので、忘れないように。

幸せだから笑うのではなく
幸せになるために笑う
苦しくても笑う
そうすれば、絶対に幸せになれる
(※ちなみにどなたがおっしゃっていたのか覚えていません。というか、ちゃんと見ていなかったので分かりません。。)

つまり笑う門には福来る。

2010年の目標に掲げるのに、良い言葉かも知れません。

笑顔。笑顔。

ユミコちゃんのあの優しい笑顔を見る時には、私も素敵な笑顔でいたいな、と思います。
スポンサーサイト
page top
行ってきます
発表があってから、
なぜ
どうして
という思いが身体中をぐるぐるぐるぐる巡っていて、そこから脱け出せません。

職場でもぼんやりし過ぎなので(‥‥)、思考停止中でも差し障りのないように積み重なった廃棄書類を延々シュレッダーにかけてみました(苦笑)

しかしそんな状態でも
舞台を見ればその世界に入り込み
本を読めば時を忘れ
その瞬間だけは渦巻いているやりきれない思いを忘れさせてくれます。
舞台にも一冊の薄い本にも、やはりすごい力があるんだなと改めて感じます。

大好きなカムデンシリーズの最新作が狙ったように発売されたので(日本で出るのは2年ぶり)それを新幹線のお供に、大阪へ行ってきます。
page top
2009年観劇一覧。
2009年観劇一覧。
今年は半券をちゃんと取っているのでこれでぜんぶ、のはず。

つづきを表示
page top
十二月大歌舞伎
歌舞伎座
歌舞伎座さよなら公演
十二月大歌舞伎

昼の部

一、操り三番叟(あやつりさんばそう)
三番叟  勘太郎
後見  松 也
千歳  鶴 松
翁  獅 童

二、新版歌祭文  野崎村(のざきむら) 
お光  福 助
お染  孝太郎
後家お常  秀 調
久作  彌十郎
久松  橋之助

三、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん ) 
山蔭右京  勘三郎
太郎冠者  染五郎
侍女千枝  巳之助
侍女小枝  新 悟
奥方玉の井  三津五郎

四、大江戸りびんぐでっど(おおえどりびんぐでっど)
半助  染五郎
お葉  七之助
新吉  勘三郎



大江戸りびんぐでっどは宮藤官九郎さんの作・演出です。
歌って踊っておりました。。
page top
千秋楽
宙組さん、千秋楽おめでとうございます。

そして。
萬さん、安里くん、卒業おめでとうございます。

東京はずっと雨で、宝塚はどうなのかな~と激しく降る空を見ながら思っていました。

あぁ、宝塚行きたかったな~、と思っていたら阪急交通社からメールが。
1/6のカサブランカ貸切の司会がねったんに決定したそうで。
始まって早々仕事を休む甲斐が!(こら)



つづきを表示
page top
寒い。
寒くて仕方ないので服を買いたい。
けれどあまりの肌の乾燥ぶりに化粧品も買いたい。
どちらを優先すべきか。

なんてうじうじ考えている間に、


ミュージカル『シャングリラ -水之城-』


あら、(仮題)が取れている。
しかも 水之城 。。。

ポスターはもう撮影し終わったようですが、いったいどんな感じになるのでしょう。


page top
軽くメモ
時間がないのでかるぅくメモ

12/6 11時公演
星組さんはお稽古中、と思っていたらにしきさんがご観劇。
ご一緒だったのは組長さん、だったのかな。
私に顔が見えたのはにしきさんだけでしたが、3人できていらっしゃいました。
それと、別で真風くんもきていました。
で、で、まったくもって自信がないのですが、愛田芽久ちゃんに似ている人がいたのですが。
ちがうかなぁ。

12/7 13時公演
(多分)光あけみさんとしのぶ紫さん、それに貴羽右京さんがきていました。

パリのホテルの場面、イルザさんはガウンの裾を踏んで軽くつんのめっていたような。
いなかったような。

団体さんが多かったのですが、エトワールさんの歌声に軽いどよめきが上がっていました。
あのエトワールが 宝塚観た! という気分にさせるなと思いました。


普通に感想を書く余裕があるかなぁ。
page top
ふわふわ にょろにょろ
白くてふわふわしていて、ましゅまろのようだわ、と思った思い出話をちらりと。

本当に役立たずの海馬なので、これは、と思ったことだけ。


(※メモなどはまったくとっていないので、あくまで私の中に残っているぼんやりとした記憶(・・)に基づいておりますことはご了承くださいませ。)
(つまりかなりあやしい記述ということで。。)



つづきを表示
page top
プチミュージアム
20091207122511


シャンシャン大集合。
いろんな形があるんだなぁ。
下に公演名とか入れて欲しい。


20091207122509


そして。。
やっと瞳子さんの手形を見ました(笑)

page top
12月6日
20091207085439


この時期はいろいろなツリーが見られて楽しい。

昨日は
朝からミスドの混雑ぶりに感心し(私の好きなドーナツなくなっちゃったのかなぁ)(と思ったら今日はあった・笑)、
久しぶりの一般売りにチャレンジし(すごいドキドキした)、
カサブランカを見て(しみじみいい作品だなと思い)(しかしどうやったら舞台のすべてを見られるのでしょう)、
お友達とながなが話し(ちょっとお店の人の視線が痛かった)(長居し過ぎ)、
お茶会に行って‥‥(「ふにゃふにゃせずにお話ししなさい」って言った人も、でもそこが可愛いって思っているハズ)(痛っ)


楽しい一日でした。


今日はプチミュージアムに行きたいと思います。
時間があれば‥‥
page top
南座
20091205154216



20091205154218



これから旅の目的。
南座で歌舞伎観劇です。

冬で着ぶくれてるのもありますが、3階座席は私が座ってもすっぽりはまった感じで身動き取れず。。
父親に、3階席すっごく狭いよ!とメールしたら、じゃあ行く時は3階ははやめた方がいいかな、と返事がきました(笑)


夜の部
第一 天満宮菜種御供(てんまんぐうなたねのごくう)
時平の七笑
藤原時平  我 當
判官代輝国  進之介
頭の定岡  亀三郎
藤原宿祢  亀 寿
三好清貫  薪 車
春藤玄蕃  亀 鶴
左中弁希世  竹三郎
菅原道真  彦三郎

第ニ 新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)
僧智籌実は土蜘の精  菊五郎
源頼光  時 蔵  
侍女胡蝶  菊之助
渡辺源次綱  愛之助
坂田公時  権十郎
碓井貞光  男女蔵
ト部季武  亀三郎
巫子榊  梅 枝
番卒次郎  團 蔵
番卒藤内  松 緑
番卒太郎  翫 雀
平井保昌  梅 玉

第三 助六曲輪初花桜(すけろくくるわのはつざくら)
三浦屋格子先の場 
花川戸助六  仁左衛門
三浦屋揚巻  玉三郎
くわんぺら門兵衛  左團次
通人里暁  翫 雀
福山のかつぎ  松 緑
三浦屋白玉  菊之助
朝顔仙平  愛之助
三浦屋傾城八重衣  吉 弥
同 浮橋  宗之助
同 愛染  亀 鶴
遣手おたつ  竹三郎
若衆艶之丞  團 蔵
母満江  東 蔵
髭の意休  我 當
白酒売新兵衛  藤十郎

第四 石橋(しゃっきょう) 
獅子の精  翫 雀
獅子の精  愛之助



揚巻の美しさといったら。。(溜息)
page top
建仁寺
紅葉は終わりかけでしたがまだかろうじて楽しめました。


(以下写真。)
つづきを表示
page top
休憩は
20091205153433



20091205153435




京都にきて、まず一息(笑)
お昼時だったので、甘モノ屋さんはすいていました。
page top
京都着
名古屋あたりでかなり雨が降っていたので、私は晴れ女!晴れ女!と呟いていたら京都は降っていません。
やった晴れ女(笑)
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。