お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)」


2009/09/28

「TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)」
宝塚歌劇専門チャンネル「TAKARAZUKA SKY STAGE」では、独立U局5局(KBS京都、テレビ神奈川、テレビ埼玉、三重テレビ放送、サンテレビジョン)との共同制作による番組「TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)」が2009年10月より放送開始いたします。タカラジェンヌと女性フォトグラファーが日本各地の名所を訪れるハイクオリティな旅番組をぜひお楽しみください。
また、本番組のオープニングテーマ曲ならびにエンディング、挿入歌については、宝塚歌劇団雪組の音月桂、宙組の北翔海莉らが担当。番組をより一層盛り上げます。

番組名:「TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)」

出演:    宝塚歌劇団出演者 / 女性フォトグラファー (ロケ地)
第1回   宙組 野々すみ花/村尾昌美 (島根・石見銀山)
第2回   月組 龍真咲/佐藤倫子 (京都)
第3回   宙組 澄輝さやと/野村恵子 (福井・三国)
第4回   宙組 凪七瑠海/大橋愛 (北海道 美瑛・富良野・札幌・函館)
・・・以降、宝塚歌劇団各組出演者により全25回放送予定。

放送開始日時: 
TAKARAZUKA SKY STAGE   10/14(水)21:30~
KBS京都               10/5(月)21:20~
サンテレビジョン          10/10(土)20:54~
テレビ神奈川            10/14(水)21:00~
テレビ埼玉              10/6(火)20:00~
三重テレビ              10/4(日)12:00~

番組テーマ曲:
●「TAKARAZUKA 旅美写美」オープニングテーマ曲
 「奇蹟」 (作詞:市川喜康/作・編曲:本間昭光)
 歌:宝塚歌劇団 雪組 音月桂

●「TAKARAZUKA 旅美写美 」エンディングテーマ曲
 「ハナウタ」 (作詞・作曲:ハマモトヒロユキ/編曲:中村タイチ)
 歌:宝塚歌劇団 宙組  北翔海莉

●「TAKARAZUKA 旅美写美」挿入歌
 「終章~Finale~」 (作詞:市川喜康/作・編曲:飯田高広)
 歌:宝塚歌劇団 星組  音花ゆり

番組公式HP:
http://www.tabisabi.com/

※放送時間は24時間表記をしています。
※放送局の都合により変更・休止になることがあります。




番組HPまであるのか~と思ってひらいたら、いきなりすみ花ちゃん!
あら、可愛い!
って、女性写真家と旅してるんだから写真は良くて当たり前か!

なんて。

すごい楽しみ。るんるん。

うちは埼玉のくせにテレビ埼玉がうつらないのです。
が、不思議とテレビ神奈川はうつるのですよ。
スカステは画面がちっちゃいし、うつりがそんなにキレイじゃないのでテレビ神奈川で見ましょうかね。


あら、なんと、楽曲は桂ちゃんとみっちゃんところちゃん。
オープニング、エンディング、挿入歌でCDでも出るのでしょうか?
出そうだなぁ。
タイトル的にはやはり「ハナウタ」が気になります。
(鼻歌?って思った私をお許しください)
(。。だってぇ)
スポンサーサイト
page top
歌のおねえさん
はいだしょうこお姉さんが笑っていいとものレギュラーなんですってね。
ご活躍だなぁ。

page top
ダンス・オブ・ヴァンパイア
今日千秋楽でしたね。
長い公演お疲れ様でした。
と、遠い空の下で博多へ思いをはせておりました。

みなみちゃんは次はサロンコンサートですね。
楽しみ~
しかし、なぜ大劇場やってない日なのかしら。
残念。
結局半休だけとって、サロンコンサート行って翌日朝一で帰ってくる予定です。
ふふ。


ちょっとブログを整理しようかとカテゴリを増やしてみましたが、過去の記事は訂正しきれないので、ちょっと変なカテゴリに色々なっちゃったままで。。
これからは後で見やすいようにもうちょっとこまかく、できたら、いいな。と。
思っております。
整理のできない人ですが。。
がんばろう。
がんばろう。
(言い聞かせ中)
page top
雪組を見てきました
雪組を見てきました。

芝居は面白いのだけれど。

お疲れ、なんですかね。
最初のシーンで渡された指輪落としていたし、途中あの人とかその人とか噛んでるし、口まわってないし。
(※指輪は落とす設定なんだと教えていただきました。落とす設定なのかな~でもそれにしては慌ててたし、本当に落としちゃったのかなぁと思っていたのですが、あれは水さんの演技力のなせる技だったのですね。分かってすっきり。ありがとうございますm(_ _)m)

コメディなのにちょっとシリアス過ぎる場面(というか台詞)があって、笑いきれない。というのが、ちょっと、惜しいような。
もうちょっと罪なく笑って見られる作品なんだと思っていたので。
意外でした。

しかし、
素敵すぎる水さんの心ない笑顔とか
銀橋でしれっとした顔のまま膝だけかくかくさせている(それ以外に的確な表現が見つかりません)彩吹さんとか
「あ~~~と~~~~戻りはできない」の歌いだしの圭子さんとか
猫さんたちとか
楽しいところもたくさんありました。

ちょっともったいない感じがしたのが、
みなこちゃんがまだ緊張してる感じがあったのと
ヲヅキの最後はあれだけかっこ良い台詞なのにあまりに無造作にかまわれない感じで言ってしまうので、もうちょっと ここ見せ場 みたいな雰囲気で言ってくれてもいいのに!
という事くらい。


ショーは、貸切なのにぽんぽん持ってる人多いな~と感心しました。

最初の方で水さんが転んだのにはびっくりしたけど(汗)
後で自分で「張り切りすぎて転んじゃったよ」とネタにしていたので、さすがトップ様だわと思いました(笑)

4人組の女の子が出てきた瞬間と、みなこちゃんのミニスカ衣装に、きたサイトー!!と思ったのは内緒です(嘘)

まだあったと思うけれど、とりあえず。


ものすごくどうでもいい個人的な感想。
芝居のオープニングの水さんに、テンプテーションの冒頭の蛇さん(大好き)を思い出したり
ショーのパピヨンでKENZOさんの衣装のショー(何年前ですか?)を思い出したり
そんなことも楽しかったです。


追記。
「カサブランカ」のチラシをチケット売り場でもらってきました。
・・チラシも黒か!
指紋が!指紋が!(苦笑)
パンフレットも黒なのかな~(手袋する?笑)
・・イルザさんが大丈夫そうだったので安心しました。(大丈夫そうって貴方)
page top
今は
お休みなのか、舞踊会の練習中なんでしょうかねぇ。




京都新聞


宝塚のお菓子って炭酸せんべい?(笑)
page top
『タカラヅカスペシャル2009 ~WAY TO GLORY~』



  2009/09/25

  『タカラヅカスペシャル2009 ~WAY TO GLORY~』(追)
  ※その他の出演者が決定いたしました。

  『タカラヅカスペシャル2009 ~WAY TO GLORY~』
  監修/三木章雄
  構成・演出/中村 暁、中村一徳、木村信司

  ■会場
  梅田芸術劇場メインホール

  ■日時
  2009年12月19日(土)14時、★18時   
  2009年12月20日(日)★12時、16時 
  ※19日18時、20日12時公演は、宝塚友の会優先公演となります。  
  【公演時間】
  〔第一部:約50分、休憩:25分、第二部:約50分、合計125分予定〕

  ■出演者
  (専科)轟 悠
  (花組)朝夏まなと、望海風斗、白華れみ
  (雪組)水 夏希、彩吹真央、音月 桂、彩那 音、緒月遠麻、早霧せいな、沙央くらま、
    大湖せしる、大月さゆ、蓮城まこと、香綾しずる、愛原実花、愛加あゆ、舞羽美海
  (星組)涼 紫央、柚希礼音、彩海早矢、凰稀かなめ、夢乃聖夏、紅ゆずる、夢咲ねね、
    蒼乃夕妃、真風涼帆
  (宙組)大空祐飛、蘭寿とむ、悠未ひろ、北翔海莉、十輝いりす、花影アリス、春風弥里、
    鳳翔 大、蓮水ゆうや、凪七瑠海、純矢ちとせ、愛花ちさき、七海ひろき、野々すみ花
  (コーラス)音花ゆり(星組)、透水さらさ(雪組)、七瀬りりこ(宙組)
      美影 凜(宙組)、花音 舞(宙組)、藤咲えり(宙組)、花里まな(宙組)、
      百千 糸(宙組)、松風 輝(宙組)、星吹彩翔(宙組)、風馬 翔(宙組)

 




普段より1組の出演者が多い、のかな。
月組は出ないし、花組も一部、というか3人だけだからかなぁ。
page top
連休の締めに
トリノ・エジプト展に行ってきました。
人気とは聞いていましたが、本当に1時間待ち。

あまり細かい展示物には興味がなかったので(苦笑)彫像コーナーの
アメン神とツタンカーメン王の像
ライオン頭のセクメト女神座像
なんかをまぢまぢと見て帰ってきました。
たぶん1人でいったら30分くらいしか中にはいなかったかも。
(友達と一緒だったから2時間くらい中にいたけど。。)
皆さんちゃんと全部見るんですね。
すごい忍耐力だなぁと感心してしまいました。

売店コーナーの派手派手しいボールペンに心引かれたのですが、あまりにお財布がさみしいので何も買わずに帰ってきました。

今度はチベット展に行きたいなぁ。
page top
よき日♪
朝っぱらから本屋に行って、普段の倍の高さに積まれたGRAPHにひょえ~となって(高すぎて最初目に入らなかった・笑)、表紙のゆうひさんにわおとつぶやきつつ(朝はやすぎて周りには誰もいませんでした。良かった)、祝受賞コーナーに並んでいた北村薫さんの『玻璃の天』とともに購入。
更に無印でマイバッグをもらい(100円で売っていたのですが、引換券をもらっていたので1枚もらえた)、買ったばかりの本を入れてみました。
ってそれではマイバッグの意味がない、けど。。すみません。。

それからネイルサロンでツメを綺麗にしてもらい、前から気になっていたMAISON KAYSERというパン屋さんでパンを買い。
このお店のパンはびっくりするくらいおいしかったです。
食べ物にはまったくこだわらないうちの家族ですらおいしいおいしいと言ってぱくぱく食べ、あっという間になくなりました(笑)

さて、パンも食べておなかがいっぱいになったぞ、ということでGRAPHを開き。

お披露目特集って楽しいな。
と。

あ、友会から初日のチケットも届いた♪

今日は良い日だ。

page top
新橋
新橋を歩いていて気になったお店。
しかしなかなか平日に行く機会はなさそうだなぁ。

円居

フルーゼハウン




仕事ついでに行けそうでなかなか行けない

ヴァンピックル丸の内

ガレット食べたいなぁ。
page top
よろよろしながら
暑い!
なんだこの日差しは!?

日傘を持って出なかった自分を呪いながらよろよろ歩き、旅行会社にてカサブランカへの旅(普通に言ったら大阪行き)の予約をしました。
ふぅ。
出遅れたのか(?)、既に予約便はいっぱいで、仕方なく追加料金払って前の便にしました。
しかし、どうせ5日前にならないとチケットなんかが郵送されてこないなら、ネットで予約すれば良かった~

疲れ過ぎ!と思ってお昼をしっかり食べたら、今度は食べ過ぎてお腹が重い。

そういえば、テレビの星占いで今日最悪の星座は牡牛座!って言ってた気がする。
なんて、普段まったく気にしない星占いのことまで思い出してしまいました。

こういう時に本屋に行くと大量に本を買ってしまうのです。
分かっているけどやめられない。
床が抜けないか心配。。
(それより地震がきたら。。。)
page top
月組トップ娘役決定



  2009/09/15

  月組次期トップ娘役について
  この度、月組次期トップスター霧矢 大夢の相手役に
  星組の蒼乃 夕妃が決定しましたのでお知らせ致します。

  尚、蒼乃 夕妃は2009年12月21日付で星組より月組に異動し、
  2010年2月の月組中日劇場公演『紫子』『Heat on Beat!』より
  トップ娘役として出演致します。




まりもちゃんおめでとう。
keanの初日を見て、な~んて舞台度胸のある子!って感心して以来好きな娘役さんです。
先日もMXのカフェブレイクを見て、きちんと自分で話せるし、ダンスも伸びやかで目を引くし、いつかはトップになって欲しいなと思っていたので嬉しいです。


そして。
娘役ファンとして、トップ娘役が復活して本当に良かった。
page top
メモ
なんとか行きたいメモ。
ほかにもあった気がするけれど、忘れちゃった(ほらメモしておかないとこれだよ。。笑)


カールじいさんの空飛ぶ家

ディズニー映画はまったく見ませんが、これは見てみたい。
12月5日公開かぁ。私関西に行ってるな。
別に公開初日に見る必要はないけど(笑)
(こんな所に書いても誰も見てないでしょうが、12月6日はイルザさんのお茶会だそうです)
(どさくさ紛れ)


箱根ラリック美術館
2006年7月(ってもう3年前・・)に書いている箱根ラリック美術館。

開館時間 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
営業日  年中無休(展示替のため臨時休館あり)

所在地
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186番1
TEL:0460-84-2255

・小田急ロマンスカー・電車・バスご利用の場合
箱根登山鉄道「箱根湯本駅」より、箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きにて約30分「仙石案内所前」下車すぐ
・新幹線・JR「小田原駅」より、箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きにて約45分「仙石案内所前」下車すぐ
・小田急箱根高速バス「新宿駅」より約120分「箱根仙石案内所」下車すぐ

特別展示「ル・トラン」

当館では、オリエント急行のサロンカーをヨーロッパから運び、特別展示「ル・トラン」としてご紹介しています。車内はラリックが1928年に制作した150枚以上もの華麗なガラス・レリーフで彩られています。この豪華なサロンカーの中で、ラリックのガラスが織り成す空間芸術を体感しながらカフェをお楽しみいただけます。クルーによる解説も交え、贅沢なひとときをお過ごし下さい。乗車は1回につき20名定員です。

公開時間 午前10時~午後5時(最終予約午後4時)
所要時間 約45分(映像説明、車内見学)
定  員 1回につき20名
予  約 当日現地にて受付
料  金 1名2100円(コーヒーor紅茶orハーブティ、デザート付き)


page top
良い天気
もう 秋晴れ って感じの天気。

AIDAの千秋楽ですね。

そして星組さんも千秋楽。
みぃちゃんとまりいちゃんに結局お別れできなかったけど(公演を見られなかった)、最後の日が快晴で良かった。

みぃちゃんはずっと好きで、最後の公演が見られなかったのは残念だけど、お茶会には連れて行っていただけて、それは本当にありがたかったです。
お茶会のみぃちゃんは、可愛くて頭の良い、本当に良いお嬢さんでした。

しかも、紫ともさんのファンだったとか。
思わず、私と一緒ですね、みぃちゃん!!と、心の中で叫びました(笑)

どうか最後の公演が2人にとって最高の公演となりますように。
page top
異議、なし
ともちんのお茶会に行ってまいりました。

舞台も見ず(苦笑)

いや見たかった、見たかったのですが。
ってそれはまあいいか。

舞台は好評のようですね。
今まであまり興味がなかったという人が今回の舞台を見て素敵だった、ということでお茶会にも来ておりました。

上下真っ白なともちんは、相変わらず舞台とあまりにギャップのある ともちゃん で、楽しかったです。
ゲームしました話が面白くて。
なんか感想が、普通の人で(笑)

応援します、応援します、と思って帰ってまいりました。
カサブランカでは何の役やるのかな~
page top
2010年カレンダー
カレンダーの詳細が出ましたね。と。


(長いので下へ)

つづきを表示
page top
読書メモ
何を読んだのだかすぅぐ忘れてしまう私。

ちゃんとメモとろうと思ったのにまたすぐ忘れる。。

読んだ本とこれから読む予定の本

『ミレニアム3』スティーグ・ラーソン
『舶来屋』幸田真音
『花宵道中』宮木あや子
『野良女』宮木あや子
『誘惑』北原亞以子
『ダブル・ジョーカー』柳広司
『Gボーイズ冬戦争』石田衣良
『4TEEN』石田衣良
『前巷説百物語』京極夏彦
『きつねのはなし』森見登美彦
『風が強く吹いている』三浦しをん
『神様のカルテ』夏川草介
『魔性の子』小野不由美
『中庭の出来事』恩田陸
『煙突の上にハイヒール』小川一水
『ドリーマーズ』柴崎友香
『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎
『ジーヴスの帰還』P・G・ウッドハウス


ジョーカーゲームが漫画になったDの魔王というのがあるらしく、買おうと思ったのだけど、見当たらなかったので後日。
page top
AIDAを見ました
博多で、最後の緊迫した場面なのに「私の棲み家」がうっかり「私のすみ花」に脳内変換されて、ついついへらへらしてしまうダメな私。

そしてAIDAでは。。

伊礼くん寒くないのかな~なんか着せてやって~
・・って、せめてカーテンコールではもうちょっと綺麗なお召し物を!!
と思ってしまう私。

ダメすぎる。
ダメすぎるけど。。。

なんていうか、AIDAはそんな現実逃避をしたくなってしまうのです。

ああ木村先生。。「オグリ!!」は良かったのに。
演出~演出変えて~
脚本変えて~

そのままなら、船を出せ!
(こら)

とか。
そう思って自分の中の動揺を鎮めようとしてみます。
(別にラブシーンのことではありません。)


ダンスオブヴァンパイアで、山口さんの歌を聴きながら、東宝ミュージカルがあまりに山口さんに頼りすぎなのでは?という疑問も、帝劇のこの空間を一人で引き受けられる人って、やっぱりそうそういないんだろうなあと思っていたのを思い出します。

小さい頃からさほど大きくない劇場で芝居ばっかり見ているので、分かってなかったけれど
演技力とか、歌唱力とか、もしくは華とか、そういうモノとはまた別の、空間のすべてを引き受ける力というものが、大きな劇場で主演をする人には必要なんだなと
しみじみ思いました。

フォーラムC
おっきかったなぁ。
page top
全国劇場巡りの旅

父が全国の劇場巡りの旅をしたいと言っていました。

私は特別そんな思いがあるわけではありませんが

京都南座「當る寅歳 吉例顔見世興行」

これちょっと行きたい。

南座にはまだ行ったことがないし。
「カサブランカ」を見て、ちょっぴり京都まで足をのばす、かな。


page top
カサブランカ制作発表
ぽけっとしている間にカサブランカの制作発表の様子がいろいろ出てますね。
ニュースでも今日流れたみたいで、帰ったら楽しく拝見予定。



カサブランカ制作発表(公式)

「演劇キック『宝塚ジャーナル』」
カサブランカ制作発表1
カサブランカ制作発表2

「演劇ライフ」

サンスポ
制作発表
一問一答
写真

page top
「カサブランカ」

【宝塚大劇場】

宙組
NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター
『カサブランカ』
公演期間:2009年11月13日(金)~12月11日(金)

主な配役
リック(リチャード・ブレイン):大空 祐飛
イルザ・ラント:野々 すみ花
ヴィクター・ラズロ:蘭寿 とむ



特設ページも本格始動。


「ストーリー」ページのリックさん。
か、かっこいいですね。(くらくら)

ポスターより「イントロダクション」ページのイルザさんの方が好きだな。

ラズロさんもうちょっと大きくして欲しいなあとか、みっちゃんは載らないのかぁ、とか。
みっちゃん。何の役なんだろう。
(さむさむさむさむ)


野波さんは昔好きだったとあるバンドさんの写真集のカメラマンさんで、それがすごく好きでした。

でも私はカサブランカはもうちょっと色のあるイメージだったな。
映画はモノクロなんだけど。

特に映画好きではないのであまり見ないけれど、名作と言われる映画はイメージが鮮やかなせいか、思い出す時私の中では白黒のイメージじゃないみたい。
「オリエント急行殺人事件」とか。
(そういえば、オリエント急行なくなっちゃうんだそうですね。1回乗りたかったな~)
page top
10月のスカイステージ
10月のスカステは瀬奈じゅんさよなら特集かぁ。
なんだかさよなら特集ばっかりのような気がします。

体育の日にちなんで

「宝塚歌劇 80周年記念 大運動会」('94年・西宮スタジアム)
「宝塚歌劇 90周年記念 大運動会」('04年・大阪城ホール)


ジャージで走っていたあの子ももうトップなのねぇ。
なんて思っていたら、これ。

旅番組(タイトル未定)
#1野々すみ花、#2龍真咲(30分)
各組スターと新進気鋭の女性フォトグラファーが全国各地を旅する新番組。
ファインダー越しの旅先の風景とスターの魅力、美しさに迫る新感覚の旅番組。


面白そう~
新進気鋭の女性フォトグラファーさんというのも気になります。
これは毎回カメラマンさんも違うのかな?


そして東京の雪組のナウオン

雪組東京宝塚劇場公演
『ロシアン・ブルー』『RIO DE BRAVO!!』
出演:水夏希、愛原実花、汝鳥伶、五峰亜季、美穂圭子、未来優希、天勢いづる


渋い。
非常に渋い。
そして濃い。
恐ろしく濃い。
ふふ。楽しそう。


そしてジャズ・オン・タイム!#2はユミコちゃんとさゆちゃん、と。
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。