お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「その夜明け、嘘」
20090227224016



浮き足立ったまま横浜へ。
ライブハウスなんて何年ぶりだろ?

‥‥と言ってもライブではなく芝居ですが。



「その夜明け、嘘」

宮あおい
吉本菜穂子
六角精児

脚本・演出 福原充則

横浜BLITZ



その漫画家は、環状七号線を走っていた!

締め切り前夜。
白紙の原稿をロバに積み、情熱の炎をランタンにして、
無能なアシスタントを従えた、そんな漫画家が走っていた!

月の砂漠の環七を、アイデアを求めて漫画家は、西へ東へ海底2万マイル!
西部の荒野の宇宙の果てで、スフィンクスと決闘しろ!

「あぁそんなストーリーじゃ、とても締め切りに間に合わない!」

そうしてその漫画家は、バス停のベンチに腰掛けて、目から水晶の涙をこぼすので、
王女の呪いは霧散して、代わりに村人全てがゾンビ化した!

深夜の環七を舞台に繰り広げられる、十数人の群像劇の三人芝居!


スポンサーサイト
page top
『AQUA5コンサート』
2009/02/27

『AQUA5コンサート』
水 夏希をはじめとした雪組男役5名により2007年に結成されたユニット・AQUA5。
これまでの軌跡の集大成となるコンサートです。

『AQUA5コンサート』
構成・演出/未定

<開催会場・日時>
赤坂BLITZ
2009年6月 9日(火) 19時開演
2009年6月10日(水) 12時開演(※宝塚友の会優先公演)、16時開演

<主な出演者>
(雪組)水 夏希、彩吹 真央、音月 桂、彩那 音 (星組)凰稀 かなめ 
※凰稀かなめは、4/14付で星組に異動予定

<座席料金>
S席[1階スタンディング] 7,500円、S席[2階固定席] 7,500円、A席[2階スタンディング] 5,000円(税込)

<販売方法>
【宝塚友の会・会員先行販売】
(抽選申込み)2009年4月20日(月)10:00~4月21日(火)17:00
(抽選結果照会)2009年4月23日(木)10:00~4月24日(金)17:00

【一般前売】
2009年5月10日(日)10時~(電子チケットぴあのみで取扱い)
※詳細は決定次第、ご案内いたします。

<お問い合わせ>
阪急電鉄(株)歌劇事業部
TEL.03-5251-2071(10:00~18:00/月曜定休)
page top
2009年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】
2009/02/27

2009年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<7月・花組『フィフティ・フィフティ』>
2月27日(金)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール<7月・花組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

花組
■主演・・・(花組)華形 ひかる、真野 すがた

◆宝塚バウホール:2009年7月9日(木)~7月20日(月)
<一般前売開始:2009年6月6日(土)>
<座席料金:全席5,000円(税込)>

バウ・プレイ
『フィフティ・フィフティ』 
作・演出/石田昌也

「フィフティ・フィフティ」とは「五分五分」「半々」・・・、転じて「お互い様」「持ちつ持たれつ」の意味。現代のアメリカ。現代社会から隔離された山間の寒村。村人たちはスロー・ライフを満喫しているが、彼らの唯一の問題は村に若者がいないこと。そんな村に、ある事件に巻き込まれ、組織から追われる身となった二人の若者が逃げ込んでくる。一人はプレイボーイの二枚目で、結婚詐欺まがいのことは日常茶飯事。もう一人は建築コンサルタントとは名ばかりで、下請け会社のトンネル会社のそのまた下のダミー会社で使いっ走りをしている示談屋の男。大都会の生活に傷付き疲れ果てた二人の青年と「テンポはずれの村人たち」との心温まる“珍交流”を通じて、物語は予期せぬ方向に展開していく・・・・・・。痛快!ハートウォーミング・ストーリー。
page top
「歌劇」通巻1000号記念スペシャル『百年への道』
2009/02/27

宝塚歌劇95周年記念・「歌劇」通巻1000号記念スペシャル『百年への道』
2009年1月号で通巻1000号を迎えた雑誌「歌劇」の歩みを、宝塚歌劇95周年の歩みと重ねて、全組の主演男役を始め、OGを迎えた豪華キャストによりお送りするスペシャルイベントです。

宝塚歌劇95周年記念・「歌劇」通巻1000号記念スペシャル
『百年への道』
構成・演出/三木章雄

<開催会場・日時>
宝塚大劇場
2009年6月15日(月) 18時30分開演

<主な出演者>
(専科)春日野 八千代、轟 悠
(花組)真飛 聖
(月組)瀬奈 じゅん
(雪組)水 夏希
(星組)柚希 礼音
(宙組)大和 悠河    ほか
※OGの出演者については未定です。

<座席料金>
SS席11,000円、S席8,000円、A席:5,500円、B席3,500円、立見2,500円(税込)
※通常公演で当日券としてお取扱いしている「当日B席」はB席として一般前売にて販売致します。
※立見券は一般前売にて販売致します。

<販売方法>
【宝塚友の会・会員先行販売】
(抽選申込み)2009年4月6日(月)10:00~4月9日(木)17:00
(抽選結果照会)2009年4月13日(月)10:00~4月15日(水)17:00

【一般前売】
2009年5月16日(土)10時~(電子チケットぴあのみで取扱い)
・特設電話予約(10:00~18:00・自動応答)/TEL.0570-02-9500
・電話予約(18:00以降・自動応答)/TEL.0570-02-9999(Pコード392584)
・インターネット予約(要事前登録) http://pia.jp/t/

2009年5月17日(日)以降
・電話予約(自動応答)/TEL.0570-02-9999(Pコード392584)
・チケットぴあ店頭
・インターネット予約(要事前登録) http://pia.jp/t/

<お問い合わせ>
宝塚歌劇インフォメーションセンター
TEL.0570-00-5100(10:00~17:00/水曜定休)
page top
宙組主演コンビ

2009/02/27

次期宙組主演男役・娘役について
この度、次期宙組主演男役に大空 祐飛(花組)が、次期宙組主演娘役に野々 すみ花(花組)が決定しましたのでお知らせ致します。

尚、両名は2009年6月16日付で花組より宙組に異動し、2009年8月の宙組博多座公演より主演として出演いたします。




2009/02/27

2009年 公演ラインアップ【博多座】<8月・宙組『大江山花伝』『Apasionado!! II』>
2月27日(金)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、博多座<8月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)大空 祐飛、野々 すみ花

◆博多座:2009年8月3日(月)~8月25日(火)
<一般前売開始:2009年6月27日(土)>
<座席料金:A席8,500円、特B席7,500円、B席6,000円、C席4,000円(税込)>

王朝千一夜
『大江山花伝』
-燃えつきてこそ-
~木原敏江原作「大江山花伝」(小学館文庫)より~ 
脚色/柴田侑宏 演出/中村暁

1986年、平みち、神奈美帆、杜けあきを中心とする雪組で上演。大江山伝説をもとにした、叙情的で繊細な木原敏江氏の劇画をミュージカル化した舞台は、大好評を博しました。平安時代、大江山に住む鬼・茨木童子は、酒呑童子が都から攫った美姫との間に生まれた混血で、鬼の世界を嫌い逃げ出すが、自分の中にある鬼性に思い悩む。そんな茨木と彼と心を通わせる娘・藤子、鬼退治を命じられた渡辺綱。綱は下女の一人が「大江山へ行きたい」というのを聞いてぎくりとする・・・・・・。幻想的でドラマティックな作品。
 
ファナティック・ショー
『Apasionado(アパショナード)!! II』
作・演出/藤井大介

“Apasionado”はスペイン語で「熱い」「情熱の男」という意味。「熱」をテーマに、熱いリズム、熱い血潮、燃え上がる恋、嫉妬の炎、命を賭けた情熱など、様々な「熱」の形を具現化した、情熱的でエネルギーに満ちたダンシング・レビュー。2008年、月組により上演し、大人の雰囲気を持つレビューは大好評を博しました。今回は新生宙組に合わせた新バージョンでお届けします。



ゆうひさん
すみ花ちゃん
おめでとう。

博多か~
避け続けてきたのに、とうとう行くかなぁ。



あ、そして。
すみ花ちゃんお誕生日おめでとう~



page top
寒い
と思ったら雪、というかみぞれ~
今日は横浜に行かねばならないのに‥‥
寒っ
page top
フレンドパーク
フレンドパーク。
見ながら結構笑いました。

それにしても、やはり皆様身体能力が高いというか、引きが強いというか(笑)
宝塚でスターになるってそういうことか、と思ってみたり。
しました。

そして。
お弁当が100人分だったのに、それだけの人数で舞台つくってるんだな~と感心。
ま、キリがいいからその数字だったのかも知れないけど。
page top
映画鑑賞
久しぶりに映画が見たい。


少年メリケンサック
ヤッターマン

少年メリケンサックは誘う相手がいたけれど、ヤッターマンはなぁ。
一人で見に行くのも嫌だけど、行ってくれそうな人を思いつかない。
と呟いていたら、職場の人が行ってもいいって。
ヤッター(笑)

しかも理由が、深キョンのあの衣装は見たい、だった。

私と同じですよ!(笑)

さて、いつ行こうかな~
page top
「オグリ!」
「オグリ!」のポスターアップされてましたが。

照手姫ちっちゃっっ(笑)

思わず一寸法師!?という言葉が浮かびました。


小栗判官はマンガで読んだけれど、はたしてどんな舞台になるのやら。

(以下マンガ内での話)
(ネタバレになるかは不明・笑)

つづきを表示
page top
「ダンスオブヴァンパイア」
「ダンスオブヴァンパイア」

帝国劇場2009年7月5日~8月26日
博多座 2009年9月2日~27日


クロロック伯爵--山口祐一郎

アプロンシウス教授--石川禅

サラ Wキャスト
大塚ちひろ*知念里奈

助手・アルフレート Wキャスト
泉見洋平*浦井健治

宿屋の亭主・シャガール--安崎求
シャガールの女房・レベッカ--阿知波悟美

女中・マグダ--シルビア・グラブ

ヘルベルト--吉野圭吾

せむし男・クコール--駒田一


ヴァンパイア・ダンサー Wキャスト
森山開次(7月5日~8月19日出演)
新上裕也(8月20日~26日出演)


男性アンサンブル
安部誠司/奥山 寛/齊藤裕加/さけもとあきら/島田邦人/砂川直人/武内耕/松澤重雄/山名孝幸/横沢健司

女性アンサンブル
秋園美緒/足立美幸/碓氷マキ/柏木ナオミ/樺島麻美/河合篤子/鈴木結加里/徳垣友子/美妃/水谷祐紀/南海まり

バンパイア・ダンサーズ
蔡暁強/遠山大輔/原田みのる/東山竜彦/一倉千夏/小嶋亜衣/坂井朋子/所夏美/横山博子



浦井くんが面白かった(笑)ので見ようとは思っていたけど、みなみちゃんも出るのね。
うぅむ。
これ1階で観ないと面白くなさそうなんだけど(客席おりがあるので)、どうしようかな。

page top
読書の冬
にはまったくならず。

読んだ本を右から左に忘れるので(おいおい)今年こそ読書日記をつけるぞ、と思った気がするのにすでに忘れている。
とりあえず。

『赤朽葉家の伝説』 『ファミリーポートレイト』桜庭一樹
『ジーヴスと封建精神』『ジーヴスと恋の季節』P・G・ウッドハウス/森村たまき訳
『百器徒然袋―雨』『百器徒然袋―風』京極夏彦
『永遠の仔』天童荒太
『説経小栗判官』近藤ようこ
『複数の時計』アガサ・クリスティー 著/橋本福夫訳


そして今は父に強制的に渡された

『ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女』スティーグ・ラーソン著/ヘレンハルメ美穂訳/岩澤雅利訳

スウェーデンのベストセラー。
丸谷才一さんがお勧めしていたらしく、彼が薦めるなら読まなくてはっ!と言って渡されました……
(いつものことながら父上はミーハー)
(そして今、ミーハーが「みいちゃんはあちゃんの略」だと知ってびつくりする)

何でもインテリでも楽しめるミステリということらしいけど。。私インテリじゃないんですけど、お父様~~
と思いつつ読んでいます。
読みにくくはないけど。
面白いのかは、今のところ(そろそろ上を読み終わる)よく分からない。


そうそう、ジーヴスがマンガになったらしい。

『プリーズ、ジーヴス』
勝田 文 著 
P.G.Wodehouse 原著
森村たまき 訳
白泉社 版
3月5日発売


とりあえず、買って読んでみよう。
page top
ヴァレンタインデー
ということで(?)父と歌舞伎へ。
天気予報通りあったかいな~


歌舞伎座歌舞伎座さよなら公演
二月大歌舞伎
平成21年2月1日(日)~25日(水)

昼の部

一、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
  加茂堤  賀の祝

桜丸   橋之助
八重   福 助
松王丸  染五郎
梅王丸  松 緑
斎世親王 高麗蔵
苅屋姫  梅 枝
三善清行 松 江
春     扇 雀
千代    芝 雀
白太夫  左團次


二、京鹿子娘二人道成寺
  (きょうかのこむすめににんどうじょうじ)
  道行より鐘入りまで

白拍子花子   玉三郎
白拍子花子   菊之助


三、人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)

左官長兵衛     菊五郎
女房お兼       時 蔵
和泉屋手代文七  菊之助
娘お久        尾上右近
角海老手代藤助  團 蔵
和泉屋清兵衛   三津五郎
家主甚八      左團次
鳶頭伊兵衛     吉右衛門
角海老女房お駒  芝 翫



道成寺で菊ちゃんが花道から出てきた時は、菊ちゃん綺麗~~~と身を乗り出す勢いでしたが(もちろん心の中だけですよ)、玉さまがあらわれたら。
あ~~
さよなら菊ちゃん。
もう。私の視界は玉三郎に占められておりました。
菊ちゃん大好き、なんだけど、まったく見られないという、なんてことでしょ、恐るべし玉三郎。みたいな(笑)
隣で踊っているからといって、2人同時には見られないのだなと思い知りました。
前もそう思ったけど。
菊ちゃん前より綺麗だけど。
それでも無理だった。

玉三郎も、全盛期、というか、美しさの盛りみたいな、出てきた途端劇場がどよめくような雰囲気ではなくなったけれど、じわじわと滲んでいつのまにかすっぽり心を覆うような、見れば見るほど引き込まれていく雰囲気で、美しい。
この人をこの目で見ることができて私は幸せ、と舞台を観るたびに思う。


そんなわけで、京鹿子娘二人道成寺に集中力やらなにやらすっかり奪い取られてしまい、もう文七元結見る気力がないかも、と思っていたけれど、そこはちゃんと考えられているのか(笑)、たいそう見やすい演目でした。
言葉も普通に聞き取れるし、筋は分かりやすいし。
長兵衛さんの「命は金でかえねぇ」とか、そういう分かりやすい決め台詞が好きです。

ま、菊ちゃんがどう見ても若旦那にしか見えないのはご愛敬(役は手代)



毎度のことながら、
昼の部開演11時。終演16時。
劇場内にいること5時間。
外に出るとほっとする(笑)

ちなみに夜の部は16時半開演。
毎回毎回よくまぁ30分で入れ替えができるものだと感心します。
page top
テレビ出演。
2009/02/12

「ドリーム・プレス社」
■番組名
ドリーム・プレス社

■放送局
TBS系列(全国ネット)

■放送期間
3月6日(金)予定
(毎週金曜日 20:00~20:53)

■放送内容
(司会) 黒柳徹子、大竹まこと、石原良純、友近、駒田健吾(アナウンサー)
(出演) 番組内において、AQUA5の出演がございます。

※放送時間は24時間表記をしています。
※放送時間、内容等は放送局の都合により、変更になることがございます。



AQUA5もよく働きますな。

ドリームプレス社に出て何するんだろう。
スカウトされちゃうのかな?(笑)
page top
次期雪組主演娘役
2009/02/12

次期雪組主演娘役について
この度、次期雪組主演娘役に愛原 実花(雪組)が決定致しましたので、お知らせ致します。

主演娘役としての公演は、2009年7月31日に初日を迎える雪組宝塚大劇場公演『ロシアン・ブルー』-魔女への鉄槌-、『RIO DE BRAVO!!』からとなります。



みなこちゃん。
おめでたい。
彼女のお芝居が好きなので、素直に嬉しいです。

宝塚の娘役としてはちょっとやり過ぎ?と思うところまでやるけど、ま、そういうところはきっと水先輩がご指導下さるでしょう。

サイトー先生のコスプレショー(勝手に決めつけ)でもみなこちゃんのスタイルなら着こなせるだろうし(笑)
page top
2009年公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
2009/02/12

2009年公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
<6~9月・星組『太王四神記 Ver.II』/7~10月・雪組『ロシアン・ブルー』『RIO DE BRAVO!!』>
2月12日(木)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場<6~9月・星組/7~10月・雪組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

星組
■主演・・・(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね

◆宝塚大劇場:2009年6月26日(金)~7月27日(月)
<一般前売開始:2009年5月23日(土)>
◆東京宝塚劇場:2009年8月14日(金)~9月13日(日)
<一般前売開始:2009年7月12日(日)>

幻想歌舞劇
『太王四神記 Ver.II』
-新たなる王の旅立ち-
~韓国ドラマ「太王四神記」より~ 
脚本・演出/小池修一郎

本年1月、花組により上演した『太王四神記』-チュシンの星のもとに-は、ペ・ヨンジュン主演で話題の韓国歴史ファンタジードラマを宝塚歌劇ならではの脚本・演出によりミュージカル化し、大好評を得ました。紀元前から7世紀まで朝鮮半島に実在した「高句麗」を舞台に、主人公タムドクが真の王へと成長していく姿、数千年の時を越えて繰り返される運命と切ない愛を描いた作品の世界はそのままに、今回は柚希礼音を中心とした新生星組に合わせたニュー・バージョンでお送りします。




雪組
■主演・・・(雪組)水 夏希、愛原 実花

◆宝塚大劇場:2009年7月31日(金)~8月31日(月)
<一般前売開始:2009年6月27日(土)>
◆東京宝塚劇場:2009年9月18日(金)~10月18日(日)
<一般前売開始:2009年8月16日(日)>

スクリューボール・コメディ
『ロシアン・ブルー』
-魔女への鉄槌-
作・演出/大野拓史

米ソが対立する以前。1920年代のモンパルナスの様に、世界の人々を魅了する文化的先進地だった、1930年代のモスクワ。舞台芸術家の訪問団を率いてやって来たアメリカの下院議員と、その訪問団を迎え入れるソ連の女性官僚。下院議員は訪問団の成果で名を上げ、上院議員に転出したいと考えているが、「鉄の女」の異名を取る女性官僚は、下院議員をスパイと疑って監視の目を緩めない。結果、いがみ合う二人。・・・そんな二人が実は、魔法使いと魔女の末裔!?それぞれの思惑を胸に、それぞれに作った「惚れ薬」が巻き起こす騒動を描く、スクリューボール・コメディ。

※スクリューボール・コメディ:スクリューボールとは変化球の意味で、都会的で機知に富んだテンポの良い台詞の応酬やストーリー展開で、どんなトラブルが起きても必ず全てが丸く収まる結末が観る者を和ませる、ハリウッド黄金期独特のコメディ。

ラテン・ロマンチカ
『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』
作・演出/齋藤吉正

ブラジルの大都市リオ・デ・ジャネイロを中心に繰り広げられるロマンティックなラテン・ショー。“リオのカーニバル”の喧騒、“イパネマ海岸”での恋の駆け引き、裏通りに暮らすストリート・チルドレンの愛と夢……。リオに生きる人々の喜びや哀歓を色彩豊かに表現します。





太王四神記はすぐやるんだろうなと思ったのでさして驚きませんが。

みなこちゃんっっ

そして大野&サイトー

はっは。

あらすじ読んだだけで笑っちゃうな。

スパイに魔女って。

リオ デ ブラボーって。

楽しそう
page top
小栗判官
オグリ!の画像が出てましたが。

なんだかオモシロげな。。
コ、コメディじゃないよね?(笑)

原作を読んでしまうのは失敗だと思いつつ、マンガがあるみたいなので読んでみようかと。

思ってるんだけど、読まない方がいいんだろうか。

うぅむ。
page top
「エリザベート」
エリザベートの主な配役が出ましたが。

月組
三井住友VISAミュージカル
『エリザベート』-愛と死の輪舞(ロンド)-

主な配役
トート--瀬奈 じゅん
エリザベート--凪七 瑠海

フランツ・ヨーゼフ--霧矢 大夢
ルイジ・ルキーニ--龍 真咲
ルドルフ--遼河 はるひ*青樹 泉*明日海 りお



あぁぁぁ
という意外に何とも言いようが。

面白そうなところもあるにはあるけど。
なんだかなぁ。
page top
さきがけて
数年ぶり(?)に爪を四角から丸にしてみました。

お姉さんから、丸くしたら使いやすくてびっくりしますよ!と言われた通り、確かに使いやすい。
パソコン打ってもひっかからないし。

でも携帯のメールの打ちにくさは変わらない。
爪じゃなくて携帯が悪いのだから仕方ない。。。
すべて見た目で選んだ自分が悪いのです。
分かっています。はい。くすん。


爪は想定より明るい感じに染まりました。
すでに春。

page top
『ZORRO 仮面のメサイア』
雪組
『ZORRO 仮面のメサイア』

主な配役

ドン・ディエゴ/ゾロ--水 夏希
ロリータ/レディゾロ--白羽 ゆり

長老レッド・ウィロー/ドン・カルロス--未沙 のえる
カタリーナ--一原 けい
アレハンドロ--飛鳥 裕
ホセ・ディアス--未来 優希
メンドーサ大佐--彩吹 真央
トイプルニア--ゆり香 紫保
ルイーザ--天勢 いづる
ベルナルド/ゾロの影--音月 桂
アルセニオ--麻樹 ゆめみ
マニトゥ--舞咲 りん
マルケス--奏乃 はると
ブラック・エルク--彩那 音
マヌエラ--森咲 かぐや
総督夫人--花帆 杏奈
ロサリオ--神 麗華
エステバン夫人--涼花 リサ
ホアキン--谷 みずせ
スレバラン夫人--穂月 はるな
オリバレス総督--凰稀 かなめ
フェリペ神父--真波 そら
ガルシア軍曹--緒月 遠麻
ピン・ペ・オビ--晴華 みどり
ブレイブ・バッファロー--沙央 くらま
アウローラ--鞠輝 とわ
ニーニャ--早花 まこ
ゴメス伍長--大凪 真生
フリオ--大湖 せしる
兵隊--紫友 みれい
エレナ--大月 さゆ
ミルドリド--沙月 愛奈
キッキング・ベア--蓮城 まこと
ミゲル伍長--香綾 しずる
夜の稲妻--愛原 実花
オヒティカ--此花 いの莉
ディケアミス--愛加 あゆ
ヌリア--白渚 すず
テカクイータ--透水 さらさ
リトル・クロウ--凛城 きら
フライング・ホース--彩風 咲奈
ファナ--舞羽 美海
サンチョ--帆風 成海



新人公演の配役も少し出ましたが。


ドン・ディエゴ/ゾロ--水 夏希--香綾 しずる
ロリータ/レディゾロ--白羽 ゆり--愛原 実花
メンドーサ大佐--彩吹 真央--凛城 きら
ベルナルド/ゾロの影--音月 桂--帆風 成海
オリバレス総督--凰稀 かなめ--彩風 咲奈
夜の稲妻--愛原 実花--舞羽 美海



香綾くんきたか~
そして夜の稲妻までも。
これってコードネームか何かなのかしら?
page top
祝・初日
とうとう星組公演の初日。
どきどき

良い公演でありますように!

(地元の公園で区切られない空に感激しつつ祈り中)
(これだけの面積の空を見たの久しぶりだな‥‥)
page top
三十人のジュリエット
Bunkamura20周年記念企画
『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』

作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄
出演:鳳蘭、三田和代、真琴つばさ、中川安奈、毬谷友子、
    石井愃一、磯部勉、山本龍二、横田栄司
    /ウエンツ瑛士/古谷一行 他
会期:2009年5月6日(水・祝)~30日(土)
会場:Bunkamuraシアターコクーン
料金:S\10,000 A\8,500 B\7,000 コクーンシート\5,500(税込)
主催・企画・製作:Bunkamura
チケット一般発売日:2009年2月28日(土)





すごい出演者。。
page top
ふと
既に2009年も1月終わっているのに気付く。
(遅)

さて。さて。
いろいろ演劇賞があるけれど、鄭義信さんの「焼肉ドラゴン」が賞総なめ状態らしく、ミーハーな父は「どんな舞台だったのかなぁ」と去年年末からぶつぶつぶつぶつ言っている。
そして、見てないから分からないよ~と言い続ける私。
(暇な親子)
鄭義信さんは「冬のひまわり」と「秋の蛍」が好きだったな。

で、まあ、読売演劇大賞の最優秀作品賞も「焼肉ドラゴン」だそうですが、優秀作品賞に「スカーレット・ピンパーネル」も入ってるんだそうですね。
優秀作品にあがっているので私が見たのはそれだけだなぁ。


私が去年見た舞台であげるなら
宝塚は「舞姫」
それ以外なら「まほろば」
かな。

でも改めて2008年の観劇記録を見ると…宝塚ばっかりだな。。
今年こそ、今年こそもっといろいろな舞台を。。
見たいのです。

ふ~

久しぶりに今年はレミゼを見てみるか。
あと、ダンスオブヴァンパイア。
前にやった時に見たな、と思ったら、2006年の上演だった。もうそんなに前なのか~(驚)
page top
舞台化
「黒執事」が舞台化されるそうですね。



つづきを表示
page top
大阪松竹座二月花形歌舞伎
大阪松竹座二月花形歌舞伎

昼の部

一、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
粂寺弾正  獅 童
小野春道  愛之助
秦秀太郎  勘太郎
錦の前   壱太郎
八剣玄蕃  薪 車
小野春風  亀 鶴
秦民部   男女蔵
小原万兵衛  亀 蔵
腰元巻絹  亀治郎

二、鷺娘(さぎむすめ)
鷺の精  七之助

三、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
河内屋与兵衛  愛之助
豊嶋屋七左衛門  獅 童
小栗八弥  勘太郎
芸者小菊  七之助
妹おかち  壱太郎
父徳兵衛  橘三郎
兄太兵衛  亀 鶴
叔父森右衛門  男女蔵
母おさわ  竹三郎
女房お吉  亀治郎



東京では筋書
関西では番附
初めて知りました。

お父様に亀治郎さんの卓上カレンダーを買ってくるよう命令されたので、重い荷物に更に荷を足す羽目に。。
可愛くてつい豆はっぴとやらも買っちゃったし。


女殺油地獄は初めて見た時に、あれ(油にみえる液体)って何なんだろう、と思って聞いたら、布海苔だと言われました。
へ~

とかそういうことはともかく。

あの最後の場面の緊迫感と、油に滑る様の滑稽さと。
やっぱりすごい芝居だなぁと思いました。

必死で殺そうとするモノと
必死で生きようともがくモノと
ぎりぎりのところに在るものの見せ方。

うぅぅん

と唸りながら、次も死を扱った舞台、なんだな。

page top
花組さんの振り分け。
花組
ミュージカル・ロマン
『哀しみのコルドバ』
脚本/柴田侑宏
演出/中村暁

[解 説]
1985年に峰さを理主演により星組で、また1995年には安寿ミラ主演により花組で上演した名作。19世紀末、スペインのコルドバ、マドリッドを舞台に闘牛士の悲恋を描いた物語。エリオは花形闘牛士として賞賛を受け、師匠の娘であるアンフェリータとの婚約も整い、栄光の人生を歩んでいた。しかし、ある夜会で初恋の女性エバと再会したことから、人生の歯車を狂わせることになる。今では実業家ロメロの愛人となったエバだったが、エリオはエバに対する募る想いを抑えることができず、二人は密会を重ねる。しかし二人には隠された、思いもかけない秘密があった……。

グラン・ファンタジー
『Red Hot Sea II』
作・演出/草野旦
[解 説]
海の周辺は煌くばかりの魅力に溢れている。美しくカラフルに泳ぐ熱帯魚の群れ、海をわたる風、熱い砂浜、夢を誘う遠い水平線、何もかもを飲み込んでしまう波、青い海原を飛ぶ無数のカモメ、豪華客船……。そして海は、多くの小説、ドラマを生んだ。そんな海をめぐる様々な要素を織り込んで、南の海を舞台に、明るく美しく神秘的に繰り広げる、エネルギッシュな熱いショー。2008年に上演し好評を博した作品を全国ツアー版にリメイクして上演。

*主な配役*
エリオ・サルバドール 真飛 聖
エバ・シルベストル 桜乃 彩音
リカルド・ロメロ 大空 祐飛


※出演予定※

花組
真飛 聖・桜乃 彩音
夏美 よう・眉月 凰・大空 祐飛・絵莉 千晶
愛音 羽麗・未涼 亜希・桜 一花・真野 すがた
紫陽 レネ・扇 めぐむ・夕霧 らい・祐澄 しゅん
聖花 まい・朝夏 まなと・華耀 きらり・望海 風斗
白華 れみ・天宮 菜生・華月 由舞・遼 かぐら
冴月 瑠那・夏城 らんか・瞳 ゆゆ・白姫 あかり
鳳 真由・花蝶 しほ・天真 みちる・初花 美咲
月野 姫花・菜那 くらら・真輝 いづみ・桜咲 彩花

専科 京 三紗





花組
ミュージカル
『オグリ! ~小栗判官物語より~』
脚本・演出/木村信司

[解 説]
中世に生まれた説経節の中で最も雄大なスケールを持つ「をぐり」の舞台化。京都二条の大納言の一人息子である小栗は、文武両道にすぐれた美丈夫であったが、大蛇の化身の美女(実はみぞろが池の守護神)と契った罪により、関東に追放される。
その後、相模の国の郡代である横山氏の娘の照手姫と恋に落ちたものの、横山一族の許しを得ずに結婚したため、照手姫は父親の怒りを買ってしまう。相模川に沈められようとするところを家臣のなさけで一命はとりとめたものの、人買いの手に渡ってしまう照手姫。そして小栗は、十人の家来ともども毒殺されてしまうが……。
主人公・小栗を通して、“死”と“再生”、“受難”と“悟り”を、また照手姫の揺るぎない献身を通して、人の尊い愛について語る作品。

*主な配役*
常陸小栗--壮 一帆
照手姫--野々 すみ花

※出演予定※

花組
壮 一帆
悠真 倫・華形 ひかる・紫峰 七海・花野 じゅりあ
初姫 さあや・日向 燦・愛純 もえり・月央 和沙
嶺乃 一真・浦輝 ひろと・芽吹 幸奈・彩城 レア
煌雅 あさひ・梅咲 衣舞・瀬戸 かずや・野々 すみ花
輝良 まさと・春花 きらら・真瀬 はるか・鞠花 ゆめ
天咲 千華・銀華 水・日高 大地・大河 凜・桜帆 ゆかり

専科
萬 あきら・藤 京子



萬さまが出るのか~(楽しみ)(日本モノのお化粧教えてもらえるかしら)
大蛇の化身の美女(実はみぞろが池の守護神)があまちゃきだったらいいな。
似合いそうだな(笑)
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。