お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
星全ツ
宝塚ロマン
『外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編- 』
原作/池田理代子
外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

ロマンチック・レビュー
『ネオ・ダンディズム!III』-男の美学-
作・演出/岡田敬二




オスカル様がオスカル様でした。
いや本当に、こんなに素晴らしいオスカル様が降臨しているとはっ。
ひたすらそれに感動して、途中まではすっかりオスカル編かと。。思っちゃいました。
そうだよね、最後に皆が私たちの中にオスカルは生きているっていうくらいの人だものね。

黒い騎士さんは、たいそうな変装姿で出ていらっしゃった時に、「そんな恰好しても声でばればれだよ」と思っていたら、オスカル様がまさにそのまま「姿は変えられても声は変えられない」と正体を見破っていて、本当に特徴のある声だよねぇとうけました。



ネオダンⅢに関しては。
大好きだったところに全ツご当地ネタが割り振られていた衝撃から回復するのに少々時間がかかりました。。
そ、そこに入れるの?!と頭がかたまっているうちにかなりの部分が終わってしまうという。
あ~、、そこじゃないとダメなのかしらね。


スポンサーサイト
page top
島田歌穂 with 島健ポップスオーケストラ
島田歌穂 with 島健ポップスオーケストラ~My Favorite Songs~

スペシャルゲスト 小西遼生

演奏 島健ポップスオーケストラ

青山劇場(こどもの城)



歌穂さんってすごいなぁとひたすらその一言につきます。

page top
「エリザベート」
「エリザベート」

エリザベート 涼風真世
トート     山口祐一郎
フランツ    石川 禅
ルドルフ    浦井 健治
ゾフィー    寿ひずる

子ルドは確か田川くん。



やはり涼風さんは2幕がいいなぁ。
1幕の少女時代もあまり違和感がないけれどね。
声かわいいし。
でも少女というより少年っぽい声なんだよね。
剣心(って字だったっけかな?)とかやっていたものね。


page top
花形歌舞伎
新橋演舞場
花形歌舞伎

夜の部 

一、通し狂言 伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)
序 幕 鎌倉花水橋の場
二幕目 足利家竹の間の場
三幕目 足利家御殿の場
    同  床下の場
四幕目 問注所対決の場
大 詰 控所刃傷の場

<花水橋・竹の間・御殿・床下>
政岡     菊之助
八汐     愛之助
荒獅子男之助 獅 童
絹川谷蔵   男女蔵
足利頼兼   亀三郎
松島     吉 弥
沖の井    門之助
栄御前    右之助
仁木弾正   海老蔵

<対決・刃傷>
細川勝元    松 緑
渡辺外記左衛門 男女蔵
渡辺民部    亀三郎
山中鹿之助   宗之助
山名宗全    家 橘
仁木弾正    海老蔵




海老蔵が煙とともにすっぽんから出てくる場面が良かった。
蝋燭の灯りに揺られながら花道を行く姿。

あぁ、龍虎見る余力はありませんでした。

つづきを表示
page top
「SHOW TUNE」
「SHOW TUNE」
The Time is now. It's Today!人生は季節のように巡ってゆくけれど、今が最高の時!

Cast
ピアノマン:麻路さき
出雲綾・初風緑・風花舞
楓沙樹・芽映はるか・大真みらん・雪菜つぐみ
剣幸

Staff
作詞・作曲:JERRY HERMAN
構成:PAUL GILGER
訳詞・演出:三木章雄 (宝塚歌劇団)
音楽監督:吉田優子
振付:前田清実・青木美保・本間憲一



やっぱりトップさんってすごいなぁと、剣さんとマリコさんを見ながら思いました。

でも全体的には、うぅむ。
page top
宙組観劇
Musical entertainment
『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』
作・演出/植田景子

グランド・レビュー
『ダンシング・フォー・ユー』
作・演出/中村一徳


Paradise Prince冒頭でミラーボールが回り出した瞬間、あぁ宙組だな~と思い(笑)、芝居の明るさに、1週間前までの劇場と色が違う~~~と、その差に内心ひっくりかえりました。
少し前までは暗くて曖昧で混沌としていたのに、今や明るく鮮やかにくっきりしちゃっておそろしい。

Paradise Princeはひろさんと圭子さんのお話だったのかしら、というくらい最後の銀橋が素晴らしかったです。
圭子さんたら君愛に続き銀橋ですのね。

まんまとママ(圭子さん)で泣いちゃって、もう。もう。
何言うか分かっているのに。
それでも泣かせる美穂圭子。
さすがです。


蘭トムチームは普通に面白かった。
それは期待していたほどではない、とも言うけれど。。
良いんだけど、もうちょっと強さが欲しいかなぁ。
でもきっとあの作品の中の位置付けではあれくらいが正しいのだろうと思います。はい。


ダンシング・フォー・ユーはみなさま踊ってましたな。
ダンスダンスダンス。
ダンス満載過ぎて私の許容量を超えてました(個人的限界)

page top
「ヘンリー六世」三部作
すでに1年先のはなし。




2008年11月4日

速報!!
2009/2010シーズン開幕に、「ヘンリー六世」三部作一挙上演が決定!
新国立劇場では2009/2010シーズン開幕企画として、シェイクスピア史劇の大作『ヘンリー六世』三部作一挙上演を行います。



つづきを表示
page top
寒っ
いきなり寒くなってクリスマス頃の気温と言われても。。

でもでもやっと、買って設置したものの暖かくて存在を無視されていた温熱ヒーター(職場用)が稼働しました。
あったかい。
しかし足元があたたかいと眠くなるzzz(苦笑)



友会のネットサービス、開始されてから月、雪と利用したけど本当に便利だわ。
職場にいながら結果が分かる(笑)
どちらも2公演申し込んで1公演当たりました。
というわけで、着々と来年の予定も入りつつあります。。
page top
「エリザベート」
帝国劇場「エリザベート」

エリザベート 朝海ひかる
トート     山口祐一郎
フランツ    石川禅
ルドルフ   浦井健治
ゾフィー    初風諄



とりあえずヘレネについて。

ヘレネの花が!
でっかくなってるよね?!(笑)

しかもママがお花を頭中央に乗っける仕草が前より乱暴になっていませんか?

最後にヘレネが「ママまでひどい」とか言ってかけ去って、ママが「ヘレネごめんなさい」って言うのが聞こえた。
初めて聞いたけど、中日でも言ってたのかな。

追記。
子ルドは確か石川くんだった、かと。。
page top
「カラマーゾフの兄弟」
雪組
『カラマーゾフの兄弟』

主な配役

ドミートリー・カラマーゾフ--水 夏希
グルーシェニカ--白羽 ゆり

イワンの幻覚--五峰 亜季
フョードル・カラマーゾフ--未来 優希
イワン・カラマーゾフ--彩吹 真央
ホフラコーワ夫人--天勢 いづる
マルファ--麻樹 ゆめみ
スメルジャコフ--彩那 音
アデライーダ--森咲 かぐや
リザヴェータ--涼花 リサ
裁判官/サムソノフ--谷 みずせ
アレクセイ・カラマーゾフ--沙央 くらま
フェチュコヴィチ--衣咲 真音
フェーニャ--早花 まこ
ムシャロヴィチ--大凪 真生
グレゴリー--紫友 みれい
カテリーナ・イワーノヴナ--大月 さゆ
マリア--花夏 ゆりん
スネギリョフ--愛輝 ゆま
イツポリート--桜寿 ひらり
ユリア--千風 カレン
ニーナ--悠月 れな
コズロフ刑事--朝風 れい
ターニャ--此花 いの莉
リーズ --愛加 あゆ
ラキーチン--冴輝 ちはや
ユーリー--凛城 きら
アレイニコフ(警察官)--真那 春人
ドミートリー(幼少)--笙乃 茅桜
レオニード--彩風 咲奈



まゆみさんはホフラコーワ夫人かと思っていたらイワンの幻覚~
五峰亜季に苦しめられる彩吹真央。
あ。楽しそう(笑)
page top
AQUA5
2008/11/17

「うたばん」
○放送日時
2008年12月11日(木)19:54~20:54

○放送局
TBSテレビ

○出演者
(雪組)AQUA5[水 夏希、彩吹真央、音月 桂、彩那 音、凰稀かなめ]

※放送時間は24時間表記をしています。
※出演者、放送時間は放送局の都合により変更になることがあります。



公演は終わってもいそがしいなぁ。
カラマーゾフ組はすぐ集合だろうし。
page top
11月も半ばすぎ
土日は雪組を見ていました。

千秋楽は、しなちゃんが何回かぐるりと劇場中を見渡すようにしていたのが印象的でした。
その表情を見て、ああ本当にやめちゃうんだなぁ、と実感しました。

ふぅ。

一休みしたらエリザを見ます。

涼風さんと山口さん。
コムちゃんと山口さん。
コムちゃんと武田くん。
は見るので、さて、涼風さんと武田くんも見るべきか。
悩み中(笑)

それにしても。
もう今年も残すところ1ヶ月半か~
はやいなぁ。
page top
「マルタのやさしい刺繍」
「マルタのやさしい刺繍」

美しい村の風景と、自分のペースで前に進んでいくマルタたちが可愛いらしくて楽しい映画でした。

何が起きても怯まず負けずに前進!という力任せなパワーではなく(そういう映画も楽しくて好きだけど)、転んだら痛みがひくまで座り、それからゆっくり立ち上がって歩き出し、少し行ってまたつまずいて、休んで、歩き出して。
無理せず自分のペースで、でも確実に自分の足で前に歩いていく。
少しずつでも歩いていくことが大切なんだとマルタの輝いていく顔が言っているようでした。
そして、友達は宝物。

余裕があったらもう一回見に行きたいな。
page top
マカロン
週末、彩吹さんが熱くお勧めしていたラデュレのマカロンを銀座三越に買いに行きました。
開店直後、でも並んでおりました。

マカロン好きの友人もお勧めしていたマカロン。
ですが、当然自分用ではないので、どれほど美味しいのか未だに不明。
どうせなら自分用に1個(笑)買ってくれば良かったかな。

で、平日の午前中。
仕事の用で日本橋に行って日本橋三越の中のラデュレを眺めたら。
人は誰もいませんでした。
……ま、そんなものか。
もちろん自分用に1個、は購入しておりません。

つづきを表示
page top
「太王四神記」-チュシンの星のもとに-
花組
『太王四神記』-チュシンの星のもとに-

主な配役

タムドク/ファヌン--真飛 聖
キハ/カジン--桜乃 彩音
ヨン・ホゲ--大空 祐飛

ヤン王--星原美沙緒
ヨン・ガリョ--夏美 よう
カグン将軍--高翔 みず希
ソノ部族長--眉月 凰
大神官--絵莉 千晶
ヒョンス/フッケ将軍--悠真 倫
プルキル(大長老)--壮 一帆
セオ/スジニ--愛音 羽麗
ヒョンゴ--未涼 亜希
パソン--桜 一花
サリャン--華形 ひかる
チョロ--真野 すがた
チョ・ジュド--紫峰 七海
カクダン--望月 理世
セーム--花野 じゅりあ
チャピ--初姫 さあや
イルス--日向 燦
スンノ部族長--紫陽 レネ
コ将軍--扇 めぐむ
カンノ部族長--夕霧 らい
チョク・ファン--祐澄 しゅん
チュムチ--朝夏 まなと
チャンミ--華耀 きらり
セドル--月央 和沙
ヒョンミョン--望海 風斗
メファ--白華 れみ
モラン--華月 由舞
ポッコッ--芽吹 幸奈
ナリ--梅咲 衣舞
モンニョン--瞳 ゆゆ
タルビ--野々 すみ花
クカ--花蝶 しほ
スリョン--月野 姫花



娘役ちゃんはやはりわらわら登場するのだろうか。
いや、出番があればいいのだけれど。
page top
梅芸所属。
みなみちゃん、しっかりTCAプロダクションのHPに載ってました。
わ~お。
何だかそうそうたるメンバーに並んでいてびっくり。

これからどんな舞台に出てくれるか楽しみです。

‥‥その前にエリザを見ろ、と(笑)
東京で観るのはもうちょっと先、だなぁ。

回数を増やすべきか検討中。
page top
観劇メモ

週末みたもの。


新橋演舞場 花形歌舞伎

昼の部

義経千本桜 吉野山

佐藤忠信実は源九郎狐  松緑
逸見藤太  亀三郎
静御前  菊之助



幕見状態。。(苦笑)





生命のコンサート 音楽劇「赤毛のアン」

大人アン 華城季帆
少女アン 菊地美香

マリラ 瀬戸内 美八
マシュウ 郡司 行雄



季帆ちゃん変わらず美声だった。






それに雪組。
ずっと2階から見ていたので、前方で見るとこういう風に見えるのか~、というほど世界が違って面白かった。

page top
日本一
埼玉西武ライオンズ優勝おめでとうございます。

出かけてばかりでほとんど日本シリーズは見られませんでしたが。。
地味に応援しておりました。

セールだセール!(笑)
page top
オリジナルCD発売
安蘭けい初のオリジナルソロCD!
DVDにはレコーディング風景とジャケット撮影風景を収録!
「蝶~Butterfly~」

1: 蝶~Butterfly~ 作詞:市川喜康 作曲・編曲:中村タイチ 
2: DREAMER  作詞:渡辺なつみ 作曲・編曲:本間昭光
3: 異邦人  作詞・作曲:久保田早紀 編曲:中村タイチ
4: 蝶~Butterfly~ (カラオケ)
5: DREAMER (カラオケ)
7: 異邦人 (カラオケ)

12月24日発売






い、い、い、異邦人か!(好きです)

そしてゆうちゃんのCD。





真飛自身が作詞をした「One」ほかを収録した初のオリジナルソロCD!
DVDにはレコーディング風景とジャケット撮影風景を収録!
「花舞~HanaMai~」


1: 花舞~HanaMai~ 作詞:市川喜康・飯田高広 作曲・編曲:飯田高広 
2: One    作詞:真飛聖・市川喜康 作曲:市川喜康 編曲:中村タイチ
3: 三日月  作詞:絢香 作曲:西尾芳彦・絢香 編曲:中村タイチ
4: 花舞~HanaMai~ (カラオケ)
5: One (カラオケ)
7: 三日月 (カラオケ)

1月14日発売






蝶と花。
ですか。
セット?(笑)
page top
遠野あすか退団
2008/11/04

星組主演娘役 遠野あすか 退団のお知らせ
星組主演娘役 遠野あすかが、2009年4月26日の東京宝塚劇場公演『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』-愛する我が街-、『ア ビヤント』の千秋楽をもって退団することになりましたのでお知らせいたします。








一ファンとして、瞳子さんは本当に相手役さんに恵まれたなぁと思います。
感謝。

あすかちゃんが退団の日まで楽しく過ごせますように。
page top
彩吹真央ティーパティー
いつもながら楽しいお茶会でした。


つづきを表示
page top
『 Love Letter 』
2008/11/01

彩吹真央 ディナーショー
<タイトル>『 Love Letter 』

<構成・演出>三木章雄

<出演者> (雪組) 彩吹真央
         (雪組) 沙央くらま、大月さゆ

<料金> 25,000円

■第一ホテル東京
<日時>2009年1月20日(火)・21日(水)
ディナー 18:15~19:30/ショー 19:30~20:30

<場所> 5階「ラ・ローズ」

<前売り> 2008年12月2日(火)10:00~

<ご予約・お問い合わせ>
第一ホテル東京 宴会部販売予約
03-3596-7733(宝塚専用予約電話)(10:00~18:00)

■宝塚ホテル
<日時> 2009年1月25日(日)・26日(月)
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45

<場所> 6階「宝寿の間」

<前売り> 2008年12月17日(水) 10:00~

<ご予約・お問い合わせ>
宝塚ホテル ご宴会承りサロン
0797-85-2611(10:00~19:00)



© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。