お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
休演
2008/01/30

宝塚大劇場 宙組公演における主演娘役 陽月 華の休演について
宙組主演娘役の陽月 華は、宝塚大劇場 宙組公演『黎明の風-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-』『Passion 愛の旅』に出演を予定致しておりましたが、本公演の稽古中に左足首を骨折致しましたため、休演させて頂くことになりました。
皆様方には誠に恐縮ではございますが、事情ご賢察の上、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
尚、復帰時期につきましては回復状況を見ながら改めてご案内させていただきます。また、公演の代役につきましては以下の通りです。

■代役について
『黎明の風』-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-
 白洲 正子役 ・・・ 和音 美桜(陽月 華 の代役)
 吉田 和子役 ・・・ 藤咲 えり(和音 美桜の代役)

『Passion 愛の旅』
 美羽 あさひ、凪七 瑠海が代役を務めます




つづきを表示
スポンサーサイト
page top
「ガールフレンズ」
「ガールフレンズ」

鈴木蘭々・池田有希子

作詞・作曲:松任谷由実
企画・原案:ホイチョイ・プロダクションズ
作・演出:馬場康夫

銀河劇場



ユーミンソングミュージカル、ガールフレンズを見てきました。

知ってる曲が2曲しかなかった(笑)
page top
「小町村芝居正月」
20080126182110


初春歌舞伎
通し狂言小町村芝居正月

初世桜田治助=作
国立劇場文芸課=補綴
通し狂言
小町村芝居正月(こまちむらしばいのしょうがつ)五幕六場
国立劇場美術係=美術

序 幕
第一場 江州関明神の場
第二場 大内裏手の場
二幕目  大内紫宸殿の場
三幕目  鈴木英一=補綴
     深草の里の場
    「花色香いたずら娘(はなのいろかいたずらむすめ」
    常磐津連中・長唄連中
    尾上菊之丞=振付
四幕目  第一場 柳原けだもの店の場
    第二場 柳原土手の場
大 詰  神泉苑の場

(出演)
尾 上 菊 五 郎
中 村 時  蔵
尾 上 松  緑
尾 上 菊 之 助
坂 東 彦 三 郎
澤 村 田 之 助
ほか




国立劇場に行ってきました。

‥‥眠かった(苦笑)


そういえば、客席に若央りささんがいたような。


page top
猫の星
にゃにがあったのか、じいさんがにゃ~にゃ~言ってた。

挙げ句にひっくり返って起き上がる時の掛け声は「にゃっと」。
にゃにゃにゃ「にゃっと」って‥‥
にゃにごと?

エルアルコンでは最後の戦い場面で。
誰か(←壱城くんだったらしい)が剣を拾うのを見て、
(この人剣拾ったよ?でも自分のは持ってるし‥‥誰か剣落とした?)
と思って見たらマスターズが剣も持たず、えっと~(@_@;)みたいな微妙な顔で袖にはけていってたので、マスターズめ戦いの最中に剣落としたな!と思って人に聞いたら、落としたというか飛ばしてたと教えてもらった。
マスターズさん、しっかり~~
page top
苦あれば楽も。。
お水の貸切外れたのか~としょんぼりしたら、舞姫の友会は当たりました。
まあそんなものです。


昨日はビデオにとっていた樹里ちゃん&水さんその他(笑)のトークを見て、「こいつら。。」(←その他2名)と唖然としておりました。

つづきを表示
page top
横なぐりの雪っていうのもすごいなぁ。
page top
新国立劇場
新国立劇場のラインナップ発表がありました。
気になったのを。




2008.10~11
山の巨人たち
2008/2009シーズン
2008/2009 Season Play
中劇場

ノーベル賞作家ピランデルロの最高傑作にして未完の戯曲を、演出にパリのオデオン座で芸術監督を務めたフランス人演出家ジョルジュ・ラヴォーダンを招聘して上演いたします。
キャストは選りすぐりの魅力あふれる日本人キャスト陣。舞台芸術ならではの醍醐味を存分に味わえる作品です。
『山の巨人たち』はピランデルロの絶筆の戯曲であり、未完にして彼の最高傑作といわしめる魅力満載の本。人生と芸術、個人と社会、現実と夢というような二項対立のコントラストが神秘的に散りばめられた大人のための「高級なおとぎ噺」です。「山」とは何? 「巨人」とは誰? 現実世界に絶望し山荘に隠遁する魔術師と、その館に訪れた世間から見向きもされない落ちぶれた劇団の交流の顛末から、ピランデルロの俗世間に対する真摯なメッセージが伝ってきます。
演出のラヴォーダンは「夢幻的な美しいイメージの作り手」として高い評価を得ている演出家。まさにシュールで神秘的な『山の巨人たち』の演出家にふさわしく、未完の戯曲である本作のエピローグをラヴォーダンがいかに創りあげるのか? という点も楽しみです。
出演は、山荘に隠遁する魔界の魔術師役に新国立劇場初登場となる演劇界の重鎮、平幹二朗を迎え、劇団のオーナーである伯爵の夫人で一座の看板女優役に艶やかな容姿と、抜群の演技力を持つ麻実れい、そして手塚とおる、綾田俊樹、大鷹明良、植本潤、田根楽子など、個性溢れる俳優陣が脇を固めます。




2008.12
イリュージョン・コミック
舞台は夢
2008/2009シーズン
2008/2009 Season Play
中劇場

鵜山仁が芸術監督に就任し、ラインアップの四つの柱に掲げたうちの一つ「大きな物語の再生」として、今シーズンは「劇場」という「物語・フィクション」をめぐるシリーズをお送りします。その第3弾としてラシーヌと並ぶ17世紀のフランスの劇作家、コルネイユによる『イリュージョン・コミック 舞台は夢』を、芸術監督・鵜山仁自らが演出。
『舞台は夢』は、17世紀において、喜劇の品格を飛躍的に向上させ、「演劇」そのものが驚くべき社会的昇進を果たすこととなった革新的な作品でもあります。中劇場の大きな劇空間に、堤真一、段田安則、秋山菜津子らに加え、新国立劇場初登場となる高田聖子という豪華出演陣を迎え、壮大な喜劇を作り上げます。


page top
南海まり茶
みなみちゃんのお茶会でした。


つづきを表示
page top
バカ
なのは百万くらい承知でも。

新しくベルばらやるってきくと、
今度は面白いかも
今度こそ面白いかも
‥‥前よりはちょっとはマシかも
奇跡もいつかは起こるかも。
とついつい思ってしまう。
原作が好きだから。

それにしても

演出家変えてくれないものだろうか‥‥
ね~~~~~~~

page top
『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』
雪組
宝塚バウホール開場30周年
『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』
公演期間:2008年5月24日(土)~6月3日(火)
主な配役 出演者
クライド・バロウ 凰稀 かなめ
ボニー・パーカー 愛原 実花


雪組
宝塚バウホール開場30周年
『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅(かいこう)-』
公演期間:2008年6月12日(木)~6月22日(日)
主な配役 出演者
クライド・バロウ 凰稀 かなめ
ボニー・パーカー 大月 さゆ






それぞれどんなボニーになるのか。
観たいけど両方は無理だしなぁ。
page top
全国横断ベルばらツアー
雪組
2008年5月17日(土)~6月15日(日)

宝塚グランドロマン
『外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-』
原作/池田理代子  外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

 名門貴族の御曹司で、女性と見まごうばかりの美貌と冷たいデカダンスの雰囲気を持つジェローデル。強い美意識と卓越した知性、そして素晴らしい剣の腕前の持ち主でもある。
 アントワネット付きの武官として近衛隊に入隊した年上のオスカルにライバル意識を持ち試合に挑み破れるが、それ以降、オスカルの美しさ、知性、そのまっすぐな信念に強い憧れと関心を抱き、喜んで副官としてオスカルに仕えるようになる。
 王妃の恋人と噂されるスウェーデンの貴族フェルゼンが、妹ソフィアを伴ってフランスにやってくる。ソフィアにフランス宮廷のエレガンスを学ばせるというのが名目だが、王妃との噂が表立ってきたために、ソフィアに王妃と自分との連絡係をさせるためでもあった。そのような中でジェローデルを知ったソフィアは、その美しさに惹かれていく。そして、ある時、ジェローデルに窮地を救われて以来、ソフィアの想いは憧れから恋心へと変化していく……。

ショー・ファンタジー
『ミロワール』-鏡のエンドレス・ドリームズ-
作・演出/中村暁

 『ミロワール』はフランス語で鏡の意味で、「鏡」と「鏡の中のもう一つの世界」をテーマに構成したショー。人は古来より鏡に特別な力を感じます。神秘的なものの象徴でもあり、その時代を映し、異次元へと誘う鏡。スタイリッシュなダンスとダイナミックな群舞、出演者の一体感が更に客席との一体感を生み出し、鏡が織り成す複数に増殖していくイメージが、ゴージャスな世界を描き出します。

■主な出演者/水 夏希、白羽 ゆり






花組
2008年9月20日(土)~10月17日(金)

宝塚グランドロマン
『外伝 ベルサイユのばら -アラン編-』
原作/池田理代子  外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

 フランスの貴族であるアラン・ド・ソワソンは、父を早くに亡くし、母と美しい妹ディアンヌとの三人暮らし。貴族とは言っても、平民よりも貧しい、名ばかりの下級貴族であった。士官学校を漸く卒業して、衛兵隊に少尉として任官する。
 ある日、近衛隊からオスカルが赴任してくる。「女の下では働けない」と荒くれ者揃いの衛兵隊士は一斉に反発し、アランとオスカルの一騎打ちとなる。勝負はオスカルの勝ちに終わるが、アランの腕前にオスカルは感動を覚える。剣を家族のために売り払ってしまった兵士たちをオスカルは叱責するが、彼らの貧しさを知り、己の無力さを恥じる。隊員たちは少しずつオスカルに心を開いていき、またアランとアンドレも男同士の友情を育てていく。そして、アランの心も漸くオスカルに対して開かれるようになっていくが、それはやがてオスカルへの報われることのない恋心へと変わっていく。
 緊迫するフランスの情勢。そんな中で、アランの隊が休暇に入った。兄の休暇を待ってディアンヌの結婚式が行われる予定であったが……。

グランド・レビュー
『エンター・ザ・レビュー』 
作・演出/酒井澄夫

 レビューの原点であるパリ・レビューのエスプリを生かしながらも、現代の感覚に合わせて、テンポあるお洒落な宝塚レビューを展開。シャンソン、ジャズ、クラシックなどをアレンジして構成し、21世紀版レビューを目指した作品。2005年に春野寿美礼を中心とする花組で上演され、好評を博した作品です。

■主な出演者/真飛 聖、桜乃 彩音







星組
2008年11月8日(土)~12月7日(日)

宝塚グランドロマン
『外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-』
原作/池田理代子  外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

 パリに住むベルナールは、その生い立ちから貴族を心から憎悪していた。そして革命運動に携わり、「黒い騎士」と呼ばれる義賊となって、貴族たちを慄かせていた。
 オスカルの策謀により、オスカルの屋敷に入ったベルナールは、逃げるためにアンドレの目に鞭を当て、その片目を失明させてしまう。負傷して捕らえられたベルナールは死刑を覚悟するが、オスカルは父将軍にもアントワネットにも、「黒い騎士は取り逃がした」と報告し、彼を自分の屋敷に匿う。オスカルは、ベルナールの言葉の中に真実があると悟ったのだった。ベルナールの看病に当たるのはロザリーだったが、貴族に母を殺されたというロザリーに心惹かれるベルナール。そんなベルナールに、次第にロザリーも愛情を感じるようになる。オスカルはベルナールに盗みはやめるよう諭す。大事なロザリーを盗賊の黒い騎士の妻にすることはできないからだと。夜陰にまぎれて、ベルナールとロザリーをパリへ送り出すオスカル。
 ベルナールは革命家のリーダーとして次第に名を挙げ、フランス革命でも大きな役目を果たすが……。

ロマンチック・レビュー
『ネオ・ダンディズム!III』-男の美学-
作・演出/岡田敬二

 宝塚の男役の美学を追求した、ロマンチックでエキサイティングなレビューで、2006年に初演。2007年、作品の持つ色合いはそのままに、安蘭けいを中心とした星組のために新たにリメイクして上演した『ネオ・ダンディズム!II』も大好評を得ました。今回は、更にバージョンアップしての上演です。

■主な出演者/安蘭 けい、遠野 あすか







どこまでベルばらを‥‥
あははは。。。

真飛くんのアランはまあ確かに彼の代表作だとは思ってますが(笑)

水さんがジェローデルかぁ。

そして瞳子さんは狙ってたアントワネットじゃないのね!(こら)

page top
初雪
20080117072851
今年は雪ふるのかなぁと言っていたら、その夜に降った。

page top
WILDe BEAUTY(ワイルド・ビューティ)~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~
WILDe BEAUTY(ワイルド・ビューティ)
~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~

期間:2008年 3月12日(水)~3月23日(日)

STAFF:
脚本・作詞・演出:荻田浩一(宝塚歌劇団)
音楽:斎藤恒芳

出演:
浦井健治
池田有希子、森新吾(D☆D)、小野妃香里
良知真次、朝澄けい、小田島クリスティン
戸井勝海、宮川浩

チケット代金: (全席指定・税込)7,800円

前売開始: 1月26日(土)


■公演内容:
退廃的な19世紀末のロンドン、ヴィクトリア朝のイギリス文学を代表する作家、オスカー・ワイルドの数奇な生涯を、彼の著した作品のいくつかを織り交ぜながら描くミュージカル。

page top
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
期間:2008年 3月28日(金)~3月29日(土)
STAFF:
原作:エリック・エマニュエル・シュミット
翻訳:青井陽治 武藤洋
演出:青井陽治
音楽:稲本響

出演:麻実れい

チケット代金: (全席指定・税込)5,250円
前売開始: 2月15日(金)

公演内容:
03年に映画化され、世界各国で絶賛の嵐を巻き起こしたシュミット作の一人芝居。
家庭の愛を知らずに育ったユダヤ人の少年モモは、孤独なトルコ人の商人イブラヒムと出会い、ふれあいを通して人生の楽しさや喜びを知り、互いを慈しむ愛情に目覚める。

3/28 (金) 19:00
3/29(土) 14:00
page top
3連休の過ごし方。
3連休、12日と14日に友達と星組を見にいきました。
1人は原作を読んだ人で、もう1人は原作を知らない人。
でも結局いきついた感想は同じ。
原作読んでないと分からないね。
でした。

ショーに関しては、盆もセリも使ってないね、と言われて、そう言われたらそうだなぁと。

あと、舞台のお仕事してる人と見切れについて話したりして、なかなか楽しい観劇でした。

page top
「カゴツルベ」
少年社中第十九回公演
「カゴツルベ」
吉祥寺シアター
作・演出:毛利亘宏


八つ橋の死に方が大層あっさりしていたのと、次郎左右衛門が自分で死なないのが。ちょっとなぁ。
人って弱い。ということなのか。
page top
「A―“R”ex」
「A―“R”ex 如何にして大王アレクサンダーは世界の覇者たる道を邁進するに至ったか」

つづきを表示
page top
劇評
朝日新聞夕刊に宝塚と歌舞伎の評(記事)が載ってますが。

月と星の評に関しては、どっちも何だかなぁっていう。
(そういう評価の内容じゃなくて、評を読んだ私の感想が)

歌舞伎の方は面白くて、やっぱり浅草歌舞伎観に行かないとダメかしら。。。と思う。
思うけど。
行けるかなぁ。。。
page top
ME AND MY GIRL役替わり
2008/01/11

月組 UCC&シャディミュージカル『ME AND MY GIRL』主な配役と役替わりの実施について
2008年3月~5月に上演を予定しております宝塚大劇場月組公演UCC&シャディミュージカル『ME AND MY GIRL』におきまして、主な配役が決定いたしましたのでお知らせ致します。なお、ジャッキー役につきましては役替わりを行いますので、日程と併せて下記の通りご案内いたします。

月組公演
UCC&シャディミュージカル
『ME AND MY GIRL』
Book and Lyrics by L.ARTHUR ROSE and DOUGLAS FURBER
Music by NOEL GAY
Book revised by STEPHEN FRY Contributions to revisions by MIKE OCKRENT
作詞・脚本/L・アーサー・ローズ&ダグラス・ファーバー
作曲/ノエル・ゲイ   
改訂/スティーブン・フライ  改訂協力/マイク・オクレント
脚色/小原弘稔  脚色・演出/三木章雄

【主な配役】
ウイリアム・スナイブスン(ビル)/瀬奈 じゅん
サリー・スミス/彩乃 かなみ
ジョン卿/霧矢 大夢
ジェラルド/遼河 はるひ
ジャッキー/城咲 あい、明日海 りお(役替わり)
※その他の配役は決定次第、ご案内いたします。

【ジャッキー役替わり期間】
●宝塚大劇場(3月21日~5月5日)
3月21日(金)~3月28日(金)・・・明日海
3月29日(土)~4月13日(日)・・・城咲
4月14日(月)~4月20日(日)・・・明日海
4月21日(月)~4月26日(土)・・・城咲
4月27日(日)~5月3日(土)・・・明日海
5月4日(日)~5月5日(月)・・・城咲
※東京宝塚劇場公演の役替わり実施につきましては未定です。
page top
カラミティー・ジェーン
カラミティー・ジェーン

まだ男が男として眩しかったアメリカ西部開拓時代。ガンマン、ワイルド・ビル・ヒコックとの恋、そして愛娘のため、女ガンファイターとして炎のように 駆け抜けたカラミティ・ジェーン。自立した女性の先駆けとなる波乱の生涯を痛快アクションと笑いと涙で綴ります。

日時
2008年4/4(金)18:30、5(土)・6(日)12:00/16:30、7(月)・8(火)・9(水)12:00
会場 ル テアトル銀座
出演 湖月わたる、美木良介、小林綾子、小林十市、大浦龍宇一、田畑亜弥、黒田アーサー、今井清隆 他



つづきを表示
page top
何回目?
って突っ込まれつつ、今さら気付く。

台詞言ってるメイドちゃんはずっと愛水せれ奈ちゃんだと思っていたら、音波みのりちゃんと交代だった。

えぇぇぇぇ

きっと私が観た時はいつもせれなちゃんだったんだ。
ということに‥‥(無理がある)


なんかそれ以外にも初めて気付いたことがあったんだけどなぁ。
何だったっけ。

プリマスでカニ売ってるのは前回気付いたし(笑)
page top
星組の振り分け
星組
『赤と黒』

出演予定
星組
安蘭 けい・遠野 あすか
英真 なおき・にしき 愛・紫蘭 ますみ・美稀 千種
立樹 遥・百花 沙里・涼 紫央・毬乃 ゆい
星風 エレナ・琴 まりえ・美城 れん・柚希 礼音
天霧 真世・和 涼華・彩海 早矢・花愛 瑞穂
華美 ゆうか・天緒 圭花・初瀬 有花・純花 まりい
水輝 涼・夢咲 ねね・如月 蓮・白妙 なつ
花風 みらい・稀鳥 まりや

専科
萬 あきら・磯野 千尋





星組
宝塚バウホール開場30周年
『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』
公演期間:2008年4月5日(土)~4月15日(火)
出演予定
星組
夢乃 聖夏・蒼乃 夕妃
万里 柚美・朝峰 ひかり・涼乃 かつき・祐穂 さとる
梅園 紗千・音花 ゆり・鶴美 舞夕・紅 ゆずる
壱城 あずさ・南風 里名・海 隼人・天寿 光希
優香 りこ・大輝 真琴・音波 みのり・千寿 はる
愛水 せれ奈・妃白 ゆあ・真風 涼帆・紫月 音寧
瀬稀 ゆりと・本城 くれは・白百合 ひめ・水瀬 千秋
夢妃 杏瑠・夏樹 れい・芹香 斗亜


主な配役
アレクセイ・ヴィロンスキー 夢乃 聖夏
アンナ・カレーニナ 蒼乃 夕妃
カレーニン 紅 ゆずる
コスチャ 壱城 あずさ
セルプホフスコイ 真風 涼帆
キティ 水瀬 千秋





星組
宝塚バウホール開場30周年
『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』
公演期間:2008年4月24日(木)~5月4日(日)
出演予定
星組
麻尋 しゅん・妃咲 せあら
万里 柚美・朝峰 ひかり・涼乃 かつき・祐穂 さとる
梅園 紗千・音花 ゆり・鶴美 舞夕・碧海 りま
美弥 るりか・南風 里名・海 隼人・天寿 光希
優香 りこ・大輝 真琴・音波 みのり・千寿 はる
愛水 せれ奈・妃白 ゆあ・紫月 音寧・瀬稀 ゆりと
本城 くれは・白百合 ひめ・水瀬 千秋・十碧 れいや
夢妃 杏瑠・夏樹 れい・芹香 斗亜

主な配役 出演者
アレクセイ・ヴィロンスキー 麻尋 しゅん
アンナ・カレーニナ 妃咲 せあら
カレーニン 美弥 るりか
コスチャ 碧海 りま
セルプホフスコイ 十碧 れいや
キティ 妃白 ゆあ





イメージ的にはせあらちゃんがアンナ似合いそうだと思っていたら、きましたね。
可愛いなぁと思っていた妃白ゆあちゃんはキティかぁ。


前回のアンナの主な配役。

アレクセイ・ヴィロンスキー 朝海ひかる
アンナ・カレーニナ 紺野まひる
カレーニン 貴城けい
コスチャ 立樹 遥
セルプホフスコイ 音月 桂
キティ 舞咲りん


原作を読んだ時は、これはコンスタンチンとキティの話なんだと思ったけど、この作品では、箸休めっていうか、コメディみたいな。出方だよなぁ。
page top
e+貸切
初めて下手で見たらずいぶん景色が違った。

みなさまお疲れなのか、微妙にかみ気味でしたが、さすがはティリアン様。
見事‥‥「スペインきゃん」って言ってた。
きゃんって‥‥弱そうだな。。

東京公演を見るのは3回目だけど、マダムすずみんのカツラが毎回違う。
そしてどの髪型でも素材が違うとしか思えないくらいキラキラした凝った飾りを付けていらっしゃる。
さすがマダム。

page top
「新国立劇場オペラ・バレエ ニューイヤーオペラパレスガラ」

お正月なので美しいものを見る&聴くのがいいかということでやって来ました。

20080105194923


↑ロビーのお花。


入口ではスパークリングワインを配ってました(コップに3/1くらい)。

「新国立劇場オペラ・バレエ ニューイヤーオペラパレスガラ」

『こうもり』序曲

第1部:バレエ
『アンド・ワルツ』
『チクタクポルカ』
ローラン・プティの『こうもり』より グラン・カフェ

第2部:オペラ
ロッシーニ『セビリアの理髪師』より「私は町の何でも屋」
ロッシーニ『セミラーミデ』より「麗しい光が」
マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「オレンジの花は香り」
プッチーニ『トスカ』より「星は光りぬ」
モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』より「カタログの歌」
J・シュトラウス二世『こうもり』より「チャルダッシュ」
ヴェルディ『ナブッコ』より「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」
ヴェルディ『椿姫』より「ああ そはかの人か」
ビゼー『カルメン』より行進曲と合唱
グノー『ファウスト』より「宝石の歌」

アンコールは椿姫の乾杯の歌(聞いたことあるけで何の歌か分からなかったので、父に教えてもらった)

後方のセンターの席だったので、舞台全体とオケボックスとが綺麗なかたちに見えて良かった。

200801051949232


↑前のめりの姿勢では見ないで下さい、という注意書きがプログラムに挟まってました。
絵が面白い。これなら効果がある、かも?
page top
今日もお休み。
父に言われてサライ(歌舞伎特集)を買いに行ったら、歌劇も出ていたので買いました。


次回みなみちゃんのカラーポートが載るんだ。嬉しいな。
ヲヅキも載るしね。
スターだね(笑)

新春ポートのうめちゃんは大地真央様かと思った。
瞳子さんは‥‥すごいなこれ。

かなめちゃんのえと文が宿題で書いた作文みたいで面白かった。
うめちゃんのも思いがけない名前がぼろぼろ出てきて面白いし、水さんの絵まで!(笑)
それを見守っていた彩吹さん、というのがこれまた想像できて笑いました。


そうそう、用事を済ませたら丁度入りの時間かな?って時間だったので、行ってみたら、瞳子さんが歩いてた。
みなみちゃんもちらりと見た。
page top
星組2日目
ミッキーの衣装って変わった?水色だったよね?と気になって仕方なかったので、買ったまま放置していたルサンクをやっとこさ開いてみた。
やっぱり変わってた。


で、ルサンクを開いたついでに、ずぅっと気になっていた台詞も見た。
最後のレッドたちの銀橋でともみんが言ってるのが、どうも「かれおき」とか「かれうき」って聞こえるんだけど、それ何?と思ったら、「カレー沖」でしたよ。
ふぅん。


ショーもオペラ使わないで全体を見ていたら結構いろんな人が見られました。


にゃんて感じで疑問も少しずつ解けていますが、ずっと疑問のままのことが。。。



つづきを表示
page top
星組東京公演初日
初日、2階で見たら映像は口元しか見えなくて。

お、おもしろい~~

にや、っとする口元だけ見えるのはあまりにおかしくて腹を抱えて笑いだしそうでしたよ、はは~ん

去っていく後ろ姿も足元しか見えなくてこれまた笑った。。

それにしても。
私の海馬は役立たず。
少し変わったという部分は‥‥ぜ~んぜん分かりませんでした。
うにゃ‥‥
人に教えてもらっても、そうだったっけ?みたいな‥‥
ダメなやつ。

しかし、今日最高に笑ったのは、ショーで、ずぅ~っと「エルオーキス」と聞こえていたのが、実は「レビューオルキス」と言っているのに気付いた時。
‥‥いまさらか!
いまさら気付くのか!
自分で自分がおかしくてニヤニヤ。。。

帰る時には記念(?)のポストカードをもらいました。
page top
きた~~
桂ちゃんの、もとい、VISAのCM流れました。

いやん、桂ちゃん可愛い~~
もう朝の7時からテレビの前に座ってて疲れちゃったけど~(笑)


内容的には相変わらずこっぱずかしい感じですが。。。
でも桂ちゃんは可愛い~~

新年早々楽しい気分で、さ、これから星組初日に行ってきます。
page top
あけました
新年はスカステのカウントダウンを見ながら過ごしました。

新年の抱負は、宙組が「全力疾走」で。
既に十分走ってますけど~~
その上いりすくんは「爆走」だった。
どこまで行くのだ宙組よ。

星組は「順位(ナンバー)1より唯一(オンリー)1」
字が可愛かった。(すずみんが書いたんだよね)

花組「よりより華やかに」
雪組「可愛くかっこよくそしてセクシーに」
だったかな。うろ覚え。
月組は、何だったけなぁ。。。(はは)

しっかし、あの番組内でのプレゼント抽選、商品の紹介で「どららか」って字幕が出ていて笑った。
どららか。って何だよ~
(どちらかの間違いらしい)
2007年の笑い納め。

2008年、良い年になりますように。
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。