お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アンナ
星のバウは誰がやるんだろうと散々言っていましたが、ともみんと麻尋くんですか。
ほ~

ちょっと意外。
どっちかがやるかなぁとは思ったけど。

2人とも白い軍服似合いそうだな。
スポンサーサイト
page top
新人公演
花組の新人公演を見てきました。

まなとくんはスターさんだなぁと銀橋渡ってる時に思いました。
別に銀橋渡ってるからじゃないですよって、当たり前だけど。

すみ花ちゃんは役によって声、というか声の雰囲気を変えられる人なんだなというのに一番感心しました。
あと、台詞がない時の表情。
ダンスパーティーの時の表情。



由舞ちゃんは綺麗なショースターでした。


めぐむくん声大丈夫なのかなぁ。



時間がないのでちょっとこれだけで。

つづきを表示
page top
特別企画
タカラヅカ・スカイ・ステージ開局5周年記念特別企画として、視聴者の皆様からのリクエストにお応えする「スカイ・ステージトーク~リクエストバージョン~5周年DX」のラインアップが決定いたしました。
多数お寄せいただいたリクエストの中から選ばれた夢の対談は、次の4組です。

1月 春野寿美礼×安蘭けい
2月 真琴つばさ×瀬奈じゅん
3月 杜けあき×大和悠河
4月 麻実れい×水夏希

沢山のリクエスト、ありがとうございました。



つづきを表示
page top
ミュージカルピカレスク
ミュージカル・ピカレスク
『アデュー・マルセイユ』-マルセイユへ愛を込めて-
作・演出/小池修一郎

グランド・レビュー
『ラブ・シンフォニー』
作・演出/中村一徳



見てきました。

寿美礼様は本当に歌うまいなぁと最後にしてしみじみ思いました。

そして。
みわっちがいい女でした。
ちょっと~娘役の立場が~~
と思わずくらくらするくらいいい女で、みわっち見にもう1回行きたいわ~と思ったけど、無理だろうなぁ。

新人公演でこの役を由舞ちゃんがどう演じるか楽しみ。

ラストシーンは、演出がすごい素敵だなぁと思い。
退団公演でこういう演出は泣くだろうなぁと思い。

ああ、寿美礼様これでやめるんだなぁと、実感しました。


ショーは、久しぶりに宝塚を見た気分になったり、しました。
えへ。
まぁ星のショーがあれなので。
別に好き嫌いとかではなく。


相変わらずゆうちゃんがピンクでピンク(衣装のこと)だなぁと思ったり、すみ花ちゃんの初舞台って何だったっけ?って考えてたら、ロケットの衣装がエンターザレビューみたいで、ああそうそう、エンターザレビューだよ、と思ったり(笑)

それにしても、やっぱりショーは1回しか見ないとあっちこっち見過ぎて疲れる。
ふぅ。

花の女の子は相変わらず可愛子ちゃん揃いなので眼福でございました。
まる。っと。
page top
「僕と彼と娘のいる場所」
「僕と彼と娘のいる場所」
作・演出 鄭義信
出演 須藤理彩・ 和田聰宏・石丸謙二郎
紀伊國屋ホール



だいぶ前ですが、鄭義信さんが書いた「冬のひまわり」という作品があって、私はそれが大好きでした。
その脚本(上演時とは結末が違うけど)が載っているせりふの時代という雑誌を大事に取っていた、はずなのに、探すとないという不思議。
あれ~~??
ほかの号はあるのに、「冬のひまわり」が載っている号はない。
何故。。。

という、私の部屋が混沌状態だという話は置いておいて。。。

「僕と彼と娘のいる場所」
見ながら、「欲望という名の電車」の台詞を思い出しました。


生きていかなくちゃ。
どうなっても、生きていかなくちゃいけないのよ。


そう思うと、最近見た芝居は立て続けに「生きていかなくちゃ」という内容だなぁ。

そして。
それでも人は笑うんだなぁ。
page top
オペラ
早々に予定が決まるのは何も宝塚に限りません。


来年3月のオペラ「アイーダ」のチケットを取ったと父に言われ、えぇっと、それって赤と黒やってる時期では。。。。。と思ったら、ちゃんとそこは避けて希望日を伝えてあったんでした。
あは。
用意いいわね、私。


オペラってあまり興味がないんだけど、一応有名なものは1回くらい観ていますのです。
それで好きだなって思うのが「カルメン」。
のみ(笑)


「椿姫」と「アイーダ」は悪くないかな、と。(偉そうだな)
「マクベス」は演出が面白かった。(野田秀樹演出のを見たので)


蝶々夫人とかサロメとかセヴィリアの理髪師はもう見なくてもいいかも。
コシファントッテはきっともう見ない(苦笑)


「魔笛」を見たい見たいと言っているのに、父はあまり気乗りがしないらしく連れて行ってもらえません。
page top
「欲望という名の電車」に乗って‥‥
「欲望という名の電車」

篠井英介
北村有起哉
小島聖
伊達暁

明星真由美・菅原永二・押田健史
Takuya・永島克・鈴木慶一


作/テネシー・ウィリアムズ
翻訳/小田島恒志
演出/鈴木勝秀





グローブ座は思い出せないくらい久しぶり。
歩いている道が正しいのか不安になった。

見やすいとは言いづらい劇場だな。
前みたいに円形でやってくれたらいいのに。

とぶつぶつ言いながら見てきました。
page top
お忘れなく
20071120234546
と言われたので、早速買いました。
page top
歌い手。
2007/11/20

専科・月組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。


(専科)
矢代 鴻
     
(月組) 
麻華りんか

2008年1月14日(月組 東京特別公演千秋楽)付で退団





矢代さんの姿がもう宝塚で見られなくなるなんて。
本当に残念です。

東京で見られるかなぁ。
page top
三つ星☆
縁がないといえばないニュースですが。


3つ星は8店 ミシュラン東京版発表

2007/11/19 産経新聞  速報

【3つ星】
神田(日本料理)
カンテサンス(フランス料理)
小十(日本料理)
ジョエル・ロブション(フランス料理)
すきや橋次郎(すし)
鮨水谷(すし)
濱田家(日本料理)
ロオジエ(フランス料理)




ジョエル ロ、ロ、ロ、、、
(懐かしい)
page top
じゅて~む
スカステのニュースの後に流れてるのかな。
雪組公演のCM。

水さんの顔がずぅぅっとうつったあとに一言。

君を愛してる

っていうやつ。

あまりの面白さ素敵さに、元旦にムラまで行っちゃおうかと思った。

AQUA5も何だかんだとやるみたいだし。
(お稽古期間なのに東京まで出張なのかしらね。大変だ)
何を目指してるのかなぁ、劇団は。

とりあえず、CD買いに行かなくっちゃ。
page top
星組
ゆうひさんや越りゅうさんやあひちゃんが見に来ていました。

おじいちゃまは微妙にアドリブ入れてきて、銀橋では客席の(たぶん)ゆうひさんを指差して行きました。



宝ホに飾ってある公演写真のフィナーレで、みなみちゃんが頭飾りも羽もつけていないのは何故なんだろう‥‥気になる
page top
爽やかな朝
かなめちゃんとヲヅキの入りは見られたのに桂ちゃんは見られませんでした‥‥
くすん



あ、瞳子さんはちらっと見ました(笑)
黒かったなぁ。
page top
再び宙バウ
見てきました。

みっちゃんはいつ自分が宝塚スターだと気付くのかなぁ~
なんて思っちゃうくらい潔い三枚目っぷりで感心感心。
そんなところもとっても素敵でございました。

和音ちゃんは可愛いし。

ちぎちゃんが真飛くんに見えて仕方ありませんでした。

カーテンコールでひっかけられている汝鳥さんがラブリーでした(笑)



そして寒いなか、ちょっぴり出待ち見物なんぞしてみました。
みっちゃんは顔出して笑顔で汝鳥さんへのいたずらの話をしたり、最後はおっきな声で「あと1日よろしくお願いします」と言って去って行きました。
みっちゃん見るとほのぼのしますな。

ちぎちゃんは一人一人に「ありがとうございますっ」と妙に体育会系に挨拶して去って行きました。



page top
「ナツひとり」
見てきました。

生きることはゆるくない。

ということでした。
page top
花組さんの初日
花組さんの初日でしたね。

寿美礼さんはじめ退団者の方が体調など崩さず楽しく公演できますように。
page top
雪組さんの集合日でした。。
今日は雪組さんの集合日です。。。。





2007/11/15

雪組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(雪組) 
灯 奈美
千 はふり
2008年3月30日(雪組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団





2007/11/15

雪組の副組長異動について
雪組の副組長が決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

○美穂 圭子・・・雪組から専科へ(2008年3月31日付)

○未来 優希・・・雪組副組長に(2008年3月31日付)
※尚、雪組副組長 灯 奈美は、東京宝塚劇場公演千秋楽3月30日付で退団致します。





灯さんは私の大好きだった紫ともちゃんの2人だけ残った同期の方ですが、とうとう退団されるんですねぇ。
(もうお一人は柚美さん)

圭子さんが専科へ行ってしまうとは。。。
しゅん。

はまこさんはしっっっっかと雪組を支えてくれるでしょう。

あぁでもやっぱり悲しい。
page top
密林に棲む
極楽鳥たちの脚線美にうっとりしたので、そういうテンプレ(どういう?)を探してみたものの見つかりませんでした。

あの場面の女王様(みなみちゃん)の見所はきらっきらしたお靴です。
page top
ヴィーナスフォートなんて行ったことない。。
いろいろと。。


2007/11/13

AQUA5 CD「TIME TO LOVE」、クリスマスCD「CHRISTMAS PRESENT」発売記念
宝塚歌劇イベント「Holy Night with TAKARAZUKA」開催
宝塚歌劇団・雪組の男役ユニット「AQUA5」によるCD「TIME TO LOVE」、ならびに宝塚歌劇として16年ぶりのリリースとなるクリスマスCD「CHRISTMAS PRESENT」の発売を記念し、お台場「ヴィーナスフォート」において、宝塚歌劇イベント「Holy Night with TAKARAZUKA」を開催いたします。

■期 間  2007年11月21日(水)~12月2日(日)

■場 所  ヴィーナスフォート(東京・台場)

■内 容
1. スペシャルイベント
・「VenusFort Snow Wish2007降雪式×AQUA5スペシャルトーク&ソング」
日時:2007年11月23日(金・祝) 12時45分~
場所:ヴィーナスフォート2F 教会広場
出演:宝塚歌劇団・雪組AQUA5メンバー/水 夏希、彩吹真央、音月 桂、彩那 音、凰稀かなめ
内容:11月21日(水)発売のデビュー曲「TIME TO LOVE」のレコーディングに関する話題や、タイアップとなったハウス食品「六甲のおいしい水」CM撮影時のエピソードを語るトークショーとミニライブを予定。
なお当イベントは、「Holy Night with TAKARAZUKA」Quatre Reves 特設店舗で3,000円以上お買い上げの方から抽選で80名様にプレゼントするプレミアムシートのほか、先着順の立ち見でもご覧いただけます。

・クリスマスCD「CHRISTMAS PRESENT」発売記念 「真飛 聖スペシャルトーク&ソング」
日時:2007年11月28日(水) 13時~
場所:ヴィーナスフォート2F 教会広場
出演:宝塚歌劇団・花組 真飛 聖
内容:クリスマスCD「CHRISTMAS PRESENT」発売を記念し、花組・真飛聖による「スペシャルトーク&ソング」を開催。上演中の東京宝塚劇場公演について楽しいエピソードをお届けすると共に、CD収録曲「Happy Christmas[戦争は終わった]」のミニライブを予定。
なお当イベントは、「Holy Night with TAKARAZUKA」Quatre Reves 特設店舗で3,000円以上お買い上げの方から抽選で80名様にプレゼントするプレミアムシートのほか、先着順の立ち見でもご覧いただけます。

2.「Holy Night with TAKARAZUKA」展の実施
場所:ヴィーナスフォート2F ブロードアベニュー
期間中、花組・春野寿美礼のメモリアル展を開催。豪華な舞台衣装や背負い羽根、パネル展示、宝塚大劇場公演・千秋楽の映像等でその軌跡を振り返ります。さらに、CD「TIME TO LOVE」「CHRISTMAS PRESENT」の魅力を映像やパネル展示でご紹介します。

3.『AQUA5 cafe』の実施
場所:ヴィーナスフォート2F カジュアルレストラン「イルフォルノ」
大画面に各種映像を放映するメディアカフェ。食事形式はブュッフェスタイル。期間中、来店者にはAQUA5オリジナルコースターをもれなくプレゼント。
(放映映像)「TIME TO LOVE」のビデオクリップやメイキング映像、CM「六甲のおいしい水」のメイキング映像、次回雪組宝塚大劇場公演『君を愛してる』のCM映像(約16種類)、cafe限定プレミアムメッセージ等

4.特設店舗「Holy Night with TAKARAZUKA」Quatre Reves SHOPの設置
場所:ヴィーナスフォート2F ブロードアベニュー
期間中、 特設店舗「Holy Night with TAKARAZUKA」Quatre Reves SHOP をオープン。
CD「TIME TO LOVE」「CHRISTMAS PRESENT」や、会場限定グッズとなるAQUA5 Tシャツ・AQUA5ミラー、「六甲のおいしい水」AQUA5オリジナルパッケージ、その他限定グッズ各種を特別販売いたします。
【会場限定/先行グッズ】AQUA5 Tシャツ・AQUA5ミラー/AQUA5ブックマーク

なお、当特設店舗で3,000円以上お買い上げの方から抽選で160名様に、下記のプレミアムシートをプレゼントします。(抽選は2Fカジノ広場内「ロト・ヴィーナス」会場にて)
 1) (11/21・22抽選分)「降雪式×AQUA5スペシャルトーク&ソング」プレミアムシート 80名様
 2) (11/23~27抽選分)「真飛 聖スペシャルトーク&ソング」プレミアムシート 80名様

また、ヴィーナスフォート全館で3,000円以上お買い上げの方に抽選で様々な賞品があたる毎日抽選会「ロト・ヴィーナス」において、下記の宝塚歌劇関連賞品をプレゼントします。
 1) 星組・東京宝塚劇場公演『エル・アルコン』『レビュー・オルキス』 S席 1組2名様
 2) 雪組・東京宝塚劇場公演『君を愛してる』『ミロワール』 S席 1組2名様
 3) DVD「TCAスペシャル2007」 1名様
 4) DVD「ようこそ!ベルサイユのばらの世界へ」 1名様×12日間=計12名様
 5) リングノート(花組・月組・雪組・星組・宙組) 各組1名様×12日間=計60名

○AQUA5 CD「TIME TO LOVE」 詳細はこちら
○クリスマスCD「CHRISTMAS PRESENT」 詳細はこちら

■お問い合わせ
宝塚クリエイティブアーツ カスタマーセンター
TEL.0797-83-6000(10:00~17:00水曜休)



頑張りますなぁ。
page top
まだ買うし。
リブロで買った文庫本にカバーをかけてもらって、その上折ってないもの下さいって言ってもらってきました。
‥‥どれだけ集める気?(笑)

レジのお姉さんの、分かってますよって感じの微笑みにちょっと照れました。
page top
クリスマスキャンペーン
「彩海早矢」と書いてこいと言われました。





2007/11/10

「スター★クリスマスキャンペーン」
宝塚大劇場では、対象公演ご観劇の皆様を対象に、抽選で憧れのスターから、特製サイン入りクリスマスカードや直筆サイン入り舞台写真をお届けする「スター★クリスマスキャンペーン」を実施いたします。このイベントはご観劇いただいた皆様に感謝の気持ちとクリスマスムードを満喫頂くために宝塚大劇場で初めての企画イベントです。
詳細は以下の通りです。

[対象出演者] 
安蘭けい、遠野あすか、柚希礼音、立樹 遥、涼 紫央、
綺華れい、和 涼華、彩海早矢

[対象商品]
(1) 【特賞】直筆サイン入り舞台写真(当選者のお名前入り)(期間中各出演者一枚)
(2) 憧れのスターからの特製サイン入りクリスマスカード(1,000名様)

[対象公演] 
12月3日(月)~14(金)の平日公演 13回

12月3日(月)  13:00
12月4日(火)  11:00、15:00
12月6日(木)  11:00、15:00
12月7日(金)  13:00
12月10日(月)  13:00
12月11日(火)  11:00、15:00
12月13日(木)  11:00、15:00
12月14日(金)  11:00、15:00

[応募方法]
・上記の対象公演をご観劇の方に劇場改札内にて応募用紙を配布致します。
・劇場改札内に設置する応募ボックスに、必要事項を記入の上、対象出演者の中から好きなスターを選んで応募していただきます。
・応募はご観劇日当日のみ有効とさせて頂きます。

[当選発表]
○当選発表は、賞品の発送を持ってかえさせて頂きます。 
悪しからずご了承ください。

[お問合せ]
宝塚歌劇インフォメーションセンター(0570-00-5100 10:00~17:00 水曜定休)





って、ちょっと、私は「安蘭けい」って書くべきでは?!(笑)
page top
ティリアンの失敗
昨日は抜いた刀が鞘になかなか入らず、ん?って感じで下を向いて確認。
今日はギルダの服を脱がす時にうまく抜けずに、引っかかっている服と軽く格闘。

公演の感想も書かずにこれかって感じですが(笑)
page top
澄んだ空に
今日は花組のお稽古最終日だったそうで。
寿美礼さんの所が白で集合していました。

遠くから、寿美礼さんがファンの人たちからお手紙を受け取るのを見ていました。

寿美礼さん卒業するんだなぁと実感しつつ、宝塚の「卒業」って言葉はちょっと悲しいけど、爽やかでいいなぁとまた思いました。
page top
それは太陽
みなみちゃんのお茶会に行ってきました。

のっけから、「エスプリホールは初めてだったので劇場内で迷子になってしまいました」と笑いをとり、それからも笑って笑って楽しいお茶会でした。

みなみちゃんの笑顔は本当に太陽のように暖かくて、周りを照らすなぁとあらためて思いました。

卒業の日までみなみちゃんが笑顔で過ごせますように。
page top
宙バウ
宙組のバウとかを見ると、本当に宙組はみな芸達者だなぁと関心する。
これだけの人数しかいないのに、このコーラスの厚み。
うぅむ

しかも初日なのにあぶなっかしさが全然ないし。
ベタなギャグも外さずこなすし。

本当にすごいですわ、宙組。

みっちゃんの、スターさんなんだからそこまでやらんでも!ということをやってしまう所が素敵です。
そしてそして。
分かっていたけどあらためて。
みっちゃんはいい声をしてる。
やっぱり役者は声だなぁ。
(星組公演でも裁判官の水輝くんを見てそう思った)

和音ちゃんと二人、素敵なカップルでした。

言うまでもないかも知れませんが、汝鳥さんなくしてこの作品は成立しないと思います。
専科さん万歳!
page top
リブロのブックカバー
リブロ行ったら文庫本のカバーが“問答無用”でエルアルコンでした。

‥‥わ~~お

隣で文庫本(もちろんヅカとは無関係)を買ったお姉さんが、受け取った本を不審げに見ててかなり受けた‥‥

そりゃ渡されたのがアレじゃ驚くよなぁ。

レジにはエルアルコンがずらっと(裏向けてあるから見えないけど)並んでいて、なんだそれ状態。

確かに劇団からのメールには「リブロに登場」って書いてあったわ。
いや~それにしても、面白かった。。

家に帰って、父に「今リブロで文庫本買うと宝塚のカバーだよ!」と言ったら、あからさまに嫌な顔をされました。
そりゃそうか。
ついでに、「だったらお前が本を買って来い」と買う予定の本のメモを押し付けられました。
はいはい。
page top
お水
キャトルまで行くの面倒だなぁと思っていたら、セブンイレブンに売っていました。
キャトルより安いし(ぼそ)
page top
ふたたび。
ショーのタイトルが変わったと思ったら、芝居も変わるそうで。。

2007/11/06

宙組公演 タイトルの変更について(追)
宙組宝塚大劇場、東京宝塚劇場公演のタイトルが、下記の通りに変更となりましたのでお知らせいたします。

宙組公演
宝塚大劇場:2008年2月8日~3月17日
東京宝塚劇場:2008年4月4日~5月18日

ミュージカル・プレイ
『黎明(れいめい)の風』-侍ジェントルマン 白洲次郎の生き方-
      ↓
ミュージカル・プレイ
『黎明(れいめい)の風』-侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-
page top
来年かぁ。
2007/11/05

2008年宝塚歌劇公演ラインアップについて(宝塚大劇場、東京宝塚劇場<花組・星組>)
11月5日(月)、2008年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場での<花組、星組>の上演作品と年間公演スケジュールが決定いたしましたのでお知らせいたします。


花組
◆宝塚大劇場:2008年5月9日(金)~6月16日(月)
<一般前売開始:2008年3月29日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年7月11日(金)~8月17日(日)
<一般前売開始:2008年6月1日(日)>

宝塚ミュージカル・ロマン
『愛と死のアラビア』-高潔なアラブの戦士となったイギリス人-(仮題)
Based on BLOOD AND SAND by Rosemary Sutcliff
Licensed by the Estate of Rosemary Sutcliff c/o David Higham
Associates, London through
Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo
原作/ローズマリ・サトクリフ
脚本・演出/谷正純
山本史郎訳「血と砂」(原書房刊)を参照

1807年春、スコットランド高地78連隊の狙撃兵トマス・キースは、オスマン・トルコとの戦いの為、パースを出港した。イタリア、エジプト、アラビア、シリアと転戦したトマスは、1815年秋、イスラム教第二の聖地メジナに没した。しかしそれは、イギリス兵としてではなく、高潔なアラブの戦士としての終焉だった…。「アラビアのロレンス」に先駆けること百年、敗戦で捕虜となりながらも、捕虜交換を拒否し、イスラム教に改宗し、アラビア人の妻を娶り、アラブの戦士として生涯を終えた、実在の戦士トマス・キースを描いたローズマリ・サトクリフ著「血と砂―愛と死のアラビア―」をミュージカル化した作品です。国家・人種・宗教を超越した友情と愛情が確かに存在することを描き、人と人との心の交流の大切さを訴えかけます。

グラン・ファンタジー
『Red Hot Sea』
作・演出/草野旦

海の周辺は煌くばかりの魅力に溢れている。海をわたる風、熱い砂浜、夢を誘う遠い水平線、何もかもを飲み込んでしまう波、青い海原を飛ぶ無数のカモメ、豪華客船……。そして海は、多くの小説、ドラマを生んだ。そんな海をめぐる様々な要素を織り込んで、南の海を舞台に、明るく美しく神秘的に繰り広げる、熱い熱いショー。

■主な出演者・・・(花組)真飛 聖、桜乃 彩音




星組
◆宝塚大劇場:2008年6月20日(金)~8月4日(月)
<一般前売開始:2008年5月10日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年8月22日(金)~10月5日(日)
<一般前売開始:2008年7月20日(日)>

ミュージカル
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』
THE SCARLET PIMPERNEL
Book and Lyrics by Nan Knighton Music by Frank Wildhorn
Based on the Novel “The Scarlet Pimpernel” by Baroness Orczy
Original Broadway Production Produced by Radio City Entertainment and Ted Forstmann
With Pierre Cossette, Bill Harber, Hallmark Entertainment and Kathleen Raitt
脚色・演出/小池修一郎

イギリスの作家バロネス・オルツィの小説「スカーレット・ピンパーネル」をミュージカル化したもので、脚本・作詞をナン・ナイン、音楽をフランク・ワイルドホーンが担当し、1997年にブロードウェイで初演。1998年には、トニー賞のミュージカル作品賞、ミュージカル脚本賞、ミュージカル男優賞にノミネートされました。今日においても、全米やヨーロッパ各国において上演されている人気作品です。「スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)」は、フランス革命の最中、革命政府に捕らえられた貴族達を救い出す、イギリスの秘密結社。その首領パーシー・ブレイクニーと、革命政府全権大使として組織の壊滅に乗り出したショーヴランとのかけひきを、パーシーの妻マルグリートを交えた三人の愛憎を絡ませながら描き出した作品です。ワイルドホーンとの共作『NEVER SAY GOODBYE』(2006年・宙組公演)で文部科学大臣賞を受賞した小池修一郎が、今回はワイルドホーンの大ヒット作の宝塚バージョンを手掛けます。

■主な出演者・・・(星組)安蘭 けい、遠野 あすか




2007/11/05

2008年宝塚歌劇公演ラインアップについて(宝塚バウホール<4月~5月・星組>)
11月5日(月)、2008年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール<4月~5月・星組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

星組
◆宝塚バウホール:2008年4月5日(土)~4月15日(火)
◆宝塚バウホール:2008年4月24日(木)~5月4日(日)
<一般前売開始:(両期間とも)2008年3月1日(土)>

宝塚バウホール開場30周年
バウ・ワークショップ
『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』
原作/レフ・トルストイ  脚本・演出/植田景子

華やかなロシア社交界を舞台に繰り広げられる文豪トルストイの恋愛悲劇「アンナ・カレーニナ」のミュージカル化。2001年、朝海ひかるのヴィロンスキー、紺野まひるのアンナ・カレーニナというキャスティングで上演し、好評を博した作品です。知性と美貌の裏に激しい情熱を秘めたアンナ・カレーニナと、若さの情熱の赴くままにアンナに愛を捧げるヴィロンスキーの恋を中心に、トルストイが描く各々の人物の生き様を、今日にも通じる普遍の愛の物語としてドラマティックに展開していきます。

■主な出演者・・・(星組)未定





2007/11/05

2008年宝塚歌劇公演ラインアップについて(梅田芸術劇場メインホール<7月・宙組>)
11月5日(月)、2008年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、梅田芸術劇場メインホール<7月・宙組>の上演作品と年間公演スケジュールが決定いたしましたのでお知らせいたします。


宙組
◆梅田芸術劇場メインホール:2008年7月5日(土)~7月21日(月)
<一般前売開始:2008年5月4日(日)>

ミュージカル
『雨に唄えば』 
SINGIN’IN THE RAIN
Based on the MGM Film
(Original Choreography by Gene Kelly and Stanley Donen)
Screenplay By BETTY COMDEN and ADOLPH GREEN Songs By NACIO HERB BROWN and ARTHUR FREED
Produced by Arrangement With Maurice Rosenfield, Lois F. Rosenfield and Cindy Pritzker, Inc.
Music Published by EMI Robbins Catalog Inc.
“SINGIN’IN THE RAIN is presented through special arrangement with Music Theatre International (MTI), 421 West 54th Street, New York, New York 10019 – tel.: (212) 541-4684, www.mtishows.com”
演出/中村一徳

MGM映画により1952年に製作され、ジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズの出演で大ヒットしたミュージカル映画で、この不朽の名作が1983年ロンドンで、1985年にはブロードウェイの舞台に甦りました。サイレント映画がトーキーへと移り変わる20年代のハリウッドを描き出した、明るく陽気なミュージカル・コメディです。宝塚歌劇では2003年、星組の安蘭けい、陽月華らと宙組から特別出演の大和悠河により日生劇場で上演し、ブロードウェイ版に現代的な解釈を加え、新場面や宝塚らしい華やかさを取り入れた舞台は、大好評を博しました。

■主な出演者・・・(宙組)大和 悠河、陽月 華
page top
花組さん。
花組
『メランコリック・ジゴロ』-あぶない相続人-
『ラブ・シンフォニーII』
公演期間:2008年2月2日(土)~2月25日(月)

※出演予定※
花組
真飛 聖・桜乃 彩音
夏美 よう・大伴 れいか・高翔 みず希・眉月 凰
悠真 倫・壮 一帆・愛音 羽麗・舞城 のどか
未涼 亜希・桜 一花・華形 ひかる・望月 理世
舞名 里音・初姫 さあや・日向 燦・白鳥 かすが
夕霧 らい・祐澄 しゅん・愛純 もえり・月央 和沙
雫花 ちな・華月 由舞・嶺乃 一真・浦輝 ひろと
初輝 よしや・湖々 マリア・芽吹 幸奈・彩城 レア
瞳 ゆゆ・野々 すみ花・白姫 あかり・輝良 まさと
彩咲 めい・鞠花 ゆめ・花織 千桜・花輝 真帆
航琉 ひびき・桜咲 彩花





花組
宝塚バウホール開場30周年
『蒼いくちづけ』-ドラキュラ伯爵の恋-
公演期間:2008年2月7日(木)~2月17日(日)
※出演予定※
花組
真野 すがた
絵莉 千晶・貴 怜良・紫峰 七海・花野 じゅりあ
紫陽 レネ・扇 めぐむ・聖花 まい・華耀 きらり
天宮 菜生・遼 かぐら・煌雅 あさひ・梅咲 衣舞
冴月 瑠那・瀬戸 かずや・夏城 らんか・花蝶 しほ
春花 きらら・花峰 千春・真瀬 はるか・天真 みちる
銀華 水・初花 美咲・日高 大地・神房 佳希
菜那 くらら・真輝 いづみ・大河 凜・桜帆 ゆかり・凪咲 星南



花組
宝塚バウホール開場30周年
『蒼いくちづけ』-ドラキュラ伯爵の恋-
公演期間:2008年3月1日(土)~3月11日(火)
※出演予定※
花組
朝夏 まなと
絵莉 千晶・貴 怜良・花野 じゅりあ・紫陽 レネ
聖花 まい・望海 風斗・天宮 菜生・遼 かぐら
煌雅 あさひ・梅咲 衣舞・冴月 瑠那・瀬戸 かずや
夏城 らんか・鳳 真由・花蝶 しほ・春花 きらら
花峰 千春・真瀬 はるか・天真 みちる・銀華 水
初花 美咲・日高 大地・月野 姫花・神房 佳希
菜那 くらら・真輝 いづみ・大河 凜・桜帆 ゆかり・凪咲 星南





花組
『舞姫』-MAIHIME-
公演期間:2008年3月14日(金)~3月20日(木)
※出演予定※
花組
愛音 羽麗 ・野々 すみ花
舞城 のどか・未涼 亜希・華形 ひかる・紫峰 七海
舞名 里音・日向 燦・白鳥 かすが・夕霧 らい
祐澄 しゅん・愛純 もえり・華月 由舞・浦輝 ひろと
初輝 よしや・芽吹 幸奈・彩城 レア・瞳 ゆゆ
白姫 あかり・輝良 まさと・桜咲 彩花

専科
星原 美沙緒・光 あけみ・梨花 ますみ






公演期間がずれていて、舞姫が再演とはいえ、かけもち組が多いですな。。。
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。