お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「愛、時をこえて~関ヶ原異聞~」
朝電車の中でおじさんの読んでるスポーツ新聞にでっかく

「歌舞伎 
(夢の共演とか何とか間に入ってた・うろ覚え) 
宝塚」


という文字が見えたので、何?と思って首を伸ばしてみたら(おいおい)、かしちゃんの舞台のことだった。
どうやら制作発表があったらしく、ネットで記事を読んでいたら、サンスポ.comにこんな記事が。



つづきを表示
スポンサーサイト
page top
雷雨
まるで滝の中を歩いているような豪雨です。。。
雷で目が痛くなるくらい明るくなるし。
すごいなぁ。。。
page top
選挙です。
選挙権を獲得してから欠かさず行ってますが、ここ数回は毎回期日前投票をしています。
それで思うわけですが。

頼むからもう1時間受付時間を延ばして~~

仕事終わりの時間とともに「すみません、今日不在者投票行きたいのでっ」と謝りながらダッシュで職場を出ないと間に合わないんです。。
今のところ毎回無事に間に合ってますが。

投票率はあまり高くないようで、ちょっと残念です。
page top
NINAGAWA十二夜
ninagwa.jpg



歌舞伎座七月大歌舞伎
NINAGAWA十二夜
平成19年7月7日(土)~29日(日) 


斯波主膳之助
/獅子丸実は琵琶姫 ‥‥ 尾上菊之助

織笛姫 ‥‥ 中村時蔵
右大弁安藤英竹 ‥‥ 中村翫雀
大篠左大臣 ‥‥ 中村錦之助
麻阿 ‥‥ 市川亀治郎
役人頭嵯應覚兵衛 ‥‥ 坂東亀三郎
従者久利男 ‥‥ 尾上松也
海斗鳰兵衛 ‥‥ 河原崎権十郎
従者幡太 ‥‥ 坂東秀調
比叡庵五郎 ‥‥ 市川團蔵
舟長磯右衛門 ‥‥ 市川段四郎
左大弁洞院鐘道 ‥‥ 市川左團次

丸尾坊太夫
/捨助 ‥‥ 尾上菊五郎




観てきました。


つづきを表示
page top
「Kean」の配役
配役出ました。


星組
『Kean (キーン)』
公演期間:2007年9月1日(土)~9月23日(日)
主な配役 出演者
エドモンド・キーン       轟 悠
プリンス・オブ・ウェールズ   柚希 礼音
エレナ・デ・コーバーグ公爵夫人 南海 まり
アンナ・ダンビー        蒼乃 夕妃

コーバーグ公爵         にしき 愛
ソロモン            紫蘭 ますみ
ミセス・スパロー        百花 沙里
バーナビー           彩海 早矢
エイミー            華美 ゆうか
ネヴィル卿           一輝 慎
キャロライン          音花 ゆり
ベン              鶴美 舞夕
デルモア卿           水輝 涼
アナスタシア          華苑 みゆう
ケビン             碧海 りま
ピップ             壱城 あずさ
クリスティ           如月 蓮
ウィニフレッド         南風 里名
ティム             海 隼人
サラ              稀鳥 まりや
ジェリー            優香 りこ
アレック            真月 咲
ポーレット           美春 あやか
フランシス           真風 涼帆
手下              瀬稀 ゆりと
手下              本城 くれは
バネッサ            水瀬 千秋
パトリック           十碧 れいや
デヴィット           夏樹 れい




みなみちゃんの旦那さんがにしきさんで、まりもちゃんの婚約者は一輝くんかぁ。

ところで、手下って誰の手下なんだろう。
キーン?
ソロモンはキーンの従者だけど、確か。
(すでに記憶があやふや)
page top
悩みは尽きない。(財源はすぐ尽きる)
今日から「Kean」のお稽古開始ですね。
どんな舞台になるのか楽しみです。


ところで。
「絢爛とか爛漫とか」を観て、中谷さとみさんっていいな~と思ったので、新感線を観に行こうかなぁと思っていたものの、それほど気合いもなかったので発売日も忘れ(笑)気付けばとっくに完売。

「犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート」
劇団☆新感線 2007年夏休みチャンピオン祭り


それが、演出プランの変更とかで29日に追加席が発売されるらしい。

ほ~と思ってe+のHPを見にいったら、チケットが残っていて、
完売じゃないのか~でも平日は開演に間に合わないし、早退?
なんて思っている内に、1日だけ△印だったのがあっさり×印になりました。
とさ。
たまたま1席あったとかそういうこと?
それもそれで珍しいものを見た。
さてさて、29日にトライすべきか。

しかし
27日は「欲望という名の電車」
28日は「キャバレー」
の発売があったりして、お金ないし~


そもそも「キャバレー」は観るべきなのかが分からない~

(以下「キャバレー」のこと)

つづきを表示
page top
わかるかなぁ
ダンシング パンダ。。。(笑)
page top
DANCIN' CRZY
サンスポに記事が載ってました。




作品は2部構成で1部は各トップをフィーチャー。2部はストーリー仕立てのダンスや在団中各トップのショーの名シーンなどを盛り込んだファン垂涎の内容になっている。
フジテレビ系「めざましテレビ」(月~金前5・25)では、けいこの段階から開幕までを追ったもようを8月9日に放送する。





へ~へ~へ~

8月9日(木)にビデオ予約っと。(メモメモ)

page top
暑中お見舞い申し上げます。
暑中見舞いを出すタイミングをはかりかねるこの天候。
職場にはぼちぼちきたりしていますが。



web拍手、コメントありがとうございます。



つづきを表示
page top
熱帯夜話(タイトルぱくってます)
昨夜はあまりの灼熱地獄にばたばたばたばしつつなかなか寝つけず。
大汗かきながらやっと寝ついたと思ったら。。。

見た夢が
(ちょっと危険地帯)


つづきを表示
page top
ビデオ鑑賞の日
ビデオにとってあった「女帝」を見たら、すごいナレーション入りでちょっぴり驚き。
内容が結構漫画とおりでまたまたびつくり。

‥‥昼ドラでやった方がいいんじゃないのかいな。

で、弓子さん。
画面の端にちらちらちらちら映ってました。
本当ちらちらだわね。

まぁそんなもんだよなぁ。
page top
出ました
雪組「シルバー・ローズ・クロニクル」のポスター


つづきを表示
page top
それぞれの思い
星組の年末公演の製作発表がENAKなどに出ていますが。

つづきを表示
page top
宝塚巴里祭2007
宝塚巴里祭2007

柚希礼音

南海まり、彩海早矢
華美ゆうか、音花ゆり
鶴美舞夕、水輝涼
如月 蓮、蒼乃夕妃


ディナーショーなので、ディナーの内容なぞ。

<MENU>

ヴァンデ産鴨のフォアグラのテリーヌ
無花果のチャツネとグレープフルーツの酸味を添えて

的鯛のアルベール風ヴェルモット酒ソース

牛フィレ肉のシャリアピンスタイル

アールグレーの冷製スフレ仕立て
プラムのコンポートと共に

コーヒー



頑張ってご飯を食べた(美味しくないし‥‥)後は
さぁ巴里祭です。



つづきを表示
page top
パリ祭
とうとうこの日が。
パリ祭当日。

といっても私が行くのは明日です。

そのかわり(?)朝からちょこんとテレビの前に座ってみました。
パリ祭の稽古場風景を見るために。

内容は短くてさっぱり分からなかったけど、みなみちゃんが男の子たちに奪い合われていた、ような。
ふむ。
楽しみなり。

で、可愛い子がいるなと思ったらドイちゃんでした。
ドイちゃ~ん。。(笑)

礼音くんのインタビューは、インタビュアーのまりやちゃんの可愛さと如月くんの髪型に釘付けでした。
何であの髪なのかね、如月くん‥‥

インタビューで言っていた、薔薇メドレーの礼音くんのかっこいい登場!はお稽古場風景でも流れたけど。
ごめん、ちょっと笑っちゃった。。
すすすすすみません。。
薔薇メドレーだからって薔薇持って出てくるベタさがなんとも。
宝塚だな~って思ったもので。

さ、テンプレもパリ!と思ったけど、パリもフランスも何も引っかかるものがなかったので、カクテルにしてみました。
見づらい気がしないでもないけど。
まぁすぐ変えちゃうし。
page top
戦隊モノ。
AQUA5にちなんで(ちなんでないよ)やってみました戦隊占い


*結果*

あなたは
『巨乳戦隊モジョジンジャー』
の隊員です!
モジョジンジャーのメンバー構成は次の通り。

レッド…田代まさし
ブルー…見栄晴
グリーン…有野晋哉
イエロー…岡村隆史
ピンク…実季

頑張ってください。



‥‥無理


というわけで、勝手にAQUA5のをみてみました。
あ、でもすいません、音ちゃんは基本情報が分からないのでみてません。
しかも私の記憶頼りなので、間違ってたらごめんね。
ということで。



つづきを表示
page top
だったらコーナン
朝からホームセンターコーナンのCMを見ました。
関東でもCM流れてたのか~
初めて見た。

微妙にレトロちっくな雰囲気がなんともはや。
page top
愛、時をこえて-関ヶ原異聞
チラシの画像が出てましたな。

内容に比べたら結構普通な気がいたしまする。

ねぇ?
(聞くな)


そういえば、今日から始まるテレ朝の「女帝」に季帆ちゃんが出るんだってね。
3回目までの出演らしいけど。

「女帝」って、10巻くらいまで読んだと思うんだけど、さすがにもう終わってるのかな。
タイトル見ただけで、こりゃ倉科さん原作だろって思って読んだんだけど。
分かりやすいタイトルだよね。
しかも内容がまた、そのまんまっていうか。

はいはい。
って思って途中で読むのやめたんだった。

女帝さんの、あのすごい話はテレビドラマでやるのだろうか。
‥‥ってあるわけないよね。
つづきを表示
page top
アデュー
寿美礼様の代表作といえるような作品だといいな。
と思います。

アデュー・マルセイユの解説出ました。

おバカさんな私はピカレスクの意味が分からず辞書をひく。
ピカレスク=悪漢

あっっかん、ですか。

ふぅん。。

でもってコメディなのね。

‥‥ふぅん。。

面白いといいな。


ミュージカル・ピカレスク
『アデュー・マルセイユ』-マルセイユへ愛を込めて-

作・演出/小池修一郎

[解 説]
1930年代のマルセイユを舞台に、二人のギャングの友情と一人の令嬢を巡る恋の鞘当を描いたアクション・コメディ。音楽にはジャズやシャンソンを多用し、歌うスター・春野寿美礼がその実力と魅力を余すところなく発揮します。

1930年代。フランスの港町マルセイユ。漁師の息子ジェラールと魚屋の息子シモンは、港町で気の荒い男達を見て育った幼馴染である。いつか大人になったら、うだつの上がらない父親とは違った、街を闊歩して歩く粋なダンディ、ギャング・スターに憧れていた。ある日、二人は菓子屋の屋台でかっぱらいを働き、逃げる途中でシモンが捕まってしまう。ジェラールは逃げ切れたが、つかまったシモンを救うため、自らおとりとなって警官に捕まり、学校を退学させられる。シモンはいつかこの借りはきっと返す、二人の友情は永遠だと誓う。
貧しさから街のチンピラの走り遣いを始めたジェラールはいつしか港を仕切るレ・ボッシュ組の若頭に、シモンは映画館のもぎりのバイトから街の歓楽街の一切を仕切るラ・ルージュ組の若頭に昇進していた。夜の帝王となり女に不自由しないシモンは、ジェラールに定まった女がいないのを見て、自分の経営するキャバレーの踊り子ジャンヌを宛がおうとする。ジャンヌが本心ではシモンを愛していると見抜いたジェラールは、彼女の頼みを聞いて、一夜の情けを受けた振りをする。
折から、アメリカのマフィアが平和なマルセイユに進出を計画しているという情報が入る。豪華客船アトランティック号がマフィアの隠れ蓑になっているというのだ。夜半、ジェラール達はアトランティック号に忍び込む。ジェラールはそこで軟禁されている令嬢マリアンヌを見つけ、助け出す。マリアンヌは富豪の令嬢だが、誘拐されてモロッコに売り飛ばされる寸前だという。しかし、この令嬢、大変気が強く、その上我儘なお転婆である。マリアンヌの証言から、レ・ボッシュの幹部ルイがマフィアの手引きをしていることが分かる。
ルイの手下がいち早く情報を回したため、陸に上がったジェラールは、自らがレ・ボッシュを裏切ってマフィアに売ろうとした張本人に仕立て上げられてしまう。万事休すのジェラールは、子分のミシェルとセルジュ、そしてマリアンヌを連れ、シモンのもとに姿を隠す。ジェラールは、ことごとく逆らうマリアンヌに思わず手を上げそうになるが、マリアンヌは見事な護身術で彼を撃退する。どうやらマリアンヌは、普通のお嬢さんではないらしい。反発しあいながらも、いつしか二人は惹かれあっていく。
一方、敵方はラ・ルージュにも偽情報を流し、ジェラールとシモンが組んで二つの組を転覆し、マフィアに売り飛ばそうとしていると信じ込ませる。孤立無援のジェラールとシモンは、令嬢を抱えたまま、マルセイユ中のギャングを相手に戦う羽目に陥る。二人の運命は・・・・・・。はたまた、ジェラールとマリアンヌの恋の行方は!?



夜の帝王(←どうよこれ)シモンがジェラールに女の子を紹介するってくだりは必要なのか微妙に疑問。
別にいらんのでは。
いやいや何かの伏線なのか。
伏線なんですか~~小池センセ~~


ところで。どうでもいいっちゃいいけど。

「ジャンヌが本心ではシモンを愛していると見抜いたジェラールは、彼女の頼みを聞いて、一夜の情けを受けた振りをする。」

ジェラール側からいったら「情けをかけた」ではないのだろうか。
ふむ。
「受けた」ってわざわざ書いてあるのには意味があるんでしょうか?
小池センセ~~~
ジェラールは情けを受けるキャラって意味ですか~~?
(絶対違う)


全然関係ないけど。
情けといえば。

つづきを表示
page top
水夏希とその仲間たち。
水夏希とその仲間たち。

ってことか。

はい。世界陸上開会式の記事が出てます。



8月に大阪市で開催される「世界陸上2007大阪」の開会式の演出を宝塚歌劇団の演出家、小池修一郎が手がけることになり11日、東京都内のホテルで発表された。開会式には水夏希ら宝塚のスターがAQUA 5と名乗るユニットなどで参加する。
ホテルで行われた会見に出席した小池は、テーマを「鼓動(ビート)」として構成を考えたと説明。
小池によると宝塚歌劇の生徒が参加するのは2場面。ひとつは国歌の独唱。花組トップスター、春野寿美礼が緑のはかま姿で歌う。
もうひとつはトップスター、水夏希を中心とした雪組選抜5人組によるユニット「AQUA 5(アクアファイブ)」によるパフォーマンス。メンバーは水のほか彩吹真央、音月桂、彩那音、凰稀かなめ。
アクアファイブは、ゴスペラーズが書き下ろした「タイム・トゥ・ラブ」という歌をうたう。「ハーモニーを得意とする彼らの楽曲は宝塚の生徒にはぴったり」と小池。



AQUA5って‥‥
恥ずかしい名前だな、小池センセ‥‥
むしろ藤井センセあたりが考えそうな。。
しかも「ハーモニーを得意とする彼らの楽曲は宝塚の生徒にぴったり」って!
ぴったりって!
だったらもうちょいメンバーを考えた方が良かったのではないですかね。
ねぇ。
ねぇ。
ねぇ。

この恥ずかしいユニット名がうっかり似合いそうなハマコ先生とヲヅキが入ってないのがちょっと残念です。
AQUA7でも良かったんじゃ?
まぁハマコ先生が入るとますますハーモニーにならないかも知れんが。

でもって。
宝塚なんて知らない世間様の目に晒される世界陸上開会式なら、同じAQUA5でも、水さんの周りに
となみ・しな・かおり・さゆ
とか可愛子ちゃん揃えた方が良かったんじゃ。
ないのかね。。。
とか思いますが。
ダメ?
(それは自分が見たいだけでは。。)
page top
巴里祭
スカステで取材風景が流れてましたが。
ちゃんと見てません。
そうしたら記事が載ってました。


「8月のパリ」「I LOVE PARIS」「幸せを売る男」などのシャンソンなどを歌うほか、ダンスの得意な柚希ならではの見せ場もあるそう。
「ストーリー性のある場面で女性を取り合うダンスがあって、楽しみなんです。最後に『歌いつづけて』という楽曲を『踊りつづけて』に変えて、私の想いを伝えたい。MCが難しいですが、全体を通してパリの情景がお客さまに伝わればいいなと思っています」と意欲的だ。


そうですよ。
まぁそんな感じかなと思っていたとおりのようで。
踊る巴里祭かあ。


つづきを表示
page top
トート閣下
トート閣下について。

なかなか面白かったです。
いろいろ。

*一番受けたのは*
1幕ラストの鏡の間のシーンで銀橋にスタンバイするトート閣下です。

本舞台でとなみちゃんとゆみこちゃんが真剣勝負しているわけですが、その最中、オケボックスから突然にょきっと手が差し出され。
わおっっ
と度肝を抜かれて固まった私。そしてさらに
ちょっとよろって感じで黒い影が銀橋にあらわれ、それからばたっとその影が銀橋に寝転がるわけです。
わけです。
一瞬ゾンビかと思ったよ。
もちろんトート閣下ですが。
なにせ初見。なにせ妙に前方席。
ほんっっとうにびつくりしましたよ、閣下!

で、スカステで見てた時から気になってるんだけど、トート閣下‥‥




つづきを表示
page top
エリザについて。
全体的なことはさておき。

ひょえ~
と思ったことを。


ルキーニという役は、音月桂さんの“姿勢の悪さ”がプラスに活かされる稀有な役だった。
まぢかよ~
あの若干猫背っていうか前に体重かかってそうな感じがルキーニには合ってるのね。
メッチャクチャかっこ良かった。
VIVA 音月桂!(VIVA猫背っていったらさすがに怒られるだろう・笑)


マダム・ヴォルフのコレクション~
って歌ってるのに、どう見ても自身が一番の売れっ妓にしか見えない晴華みどりちゃん。
真剣に「そしてスペシャルはわ」って歌った方がいいと思う。
かおりちゃ~~ん
綺麗~~
ダイナマ~イト(え‥‥)
ルキーニと似合いすぎです。


ヲヅキが普通におぢさんだった。
VIVA おやぢ!(違うし)
完全脇でもないくせに、こういう役を当たり前にやりこなすヲヅキが好きです。
‥‥でもって、こういう人を脇に置かない雪組も大好きです。
VIVA 雪組!(言いたいのはそっちか)


カテキョなしなちゃん。
ほとんど出番ないじゃん。
と思いきや、あっちでもこっちでもひょろりんひょろりんと愛らしさを振りまいていた。
いやん、もう、しなぼん可愛い~~


親戚のおばさんでも女官でも、くいっと上げられたヒメの顎。
こわっっ
(そんなところが大好き)


革命家らしきコマガタさん。
(らしきって‥)
相変わらずふわふわしていて美味しそう。
‥‥だけど、トートに化けるにそれはどうなんだ。
(かおりちゃんと2人してビリーにキャンプインした方がいいんじゃなかろうか。。)


フィナーレの群舞でピックアップされた娘4人にヒメちゃんが入っていたり、後ろの娘役を率いて本舞台におりてくる先頭(クンバンチェロでのはややの位置)が圭子さんだったりで、雪はやるよな~と思って見ていました。


それから。

ロイヤルなファミリーについて。
なんていうか。
作品の方向性とずれるけど。
はまこゾフィとゆみこフランツととなみシシィとかなめルドルフは、普通に円満家庭を築いてそうなんですがね。
あんまりにも家族がはまってる。
‥‥多分ゆみこちゃんととなみちゃんが妙にお似合いだからかと思うけど。
ゆみこちゃんは微笑んで女の子を愛するのが似合うし、となみちゃんはおっとり愛されるのが似合うからなぁ。
(その割にはとなみちゃん最近ずぅぅっと最後は一人みたいな役だけど。。。)
page top
エリザベート
蜷川実花さんと栗山千明さんがきてました。

ルキーニのアドリブは
「どこの美人かと思ったら、写真家の蜷川実花さんじゃないですか~。写真撮らせてもらいますよ。本物(のカメラマン)相手だから緊張しちゃうな。明後日から代わりに撮ってもらおうかな」
とか何とか言ってました。
page top
ミュージカル
宙組
『THE SECOND LIFE』
公演期間:2007年11月10日(土)~11月19日(月)

ジェイク・アイアン 北翔 海莉
ルシア・バートン 和音 美桜



みっちゃんと和音ちゃん!
なんてステキにミュージカルなキャスティング。
み、観に行けるかなぁ。。。。

ところで‥‥

[解説]
表の顔は二枚目で凄腕の殺し屋、中身は正反対の真面目な好青年、そんな二面性を持つことになった男の恋模様を描いたミュージカル・コメディ。
 
 ルシア・バートンは、婚約者ジェイク・アイアンを事故で失い、生きる気力を無くした毎日を送っていた。友人のケイト・ミラーは、そんな彼女をイタリア旅行へと誘う。二人は、シチリアのあるホテルへ滞在することになる。
 二人がホテルに到着する僅か数分前、近くで殺し屋が殺害された。この辺りを仕切っているドン・ヴィセントは、マーク・ジェイソンを右腕として雇っていた。マークは狙撃に格闘、殺しのテクニックは天下一品。おまけにクールでキザ。殺し屋界でもエリート中のエリートだった。だがドンのライバル組織からその首に多額の賞金が賭けられたマークは、殺されてしまったのだった……。
 さてジェイクだが、かつては将来を嘱望されたピアニストだった。ルシアとの幸福のゴール寸前、天国へと召されたジェイクの魂は、天国からルシアを見守っていた。そんな時、天国に大きな問題が起こった。長年にわたり天国を治めてきた神様が、引退を表明。しかし二代目は道楽息子。神に就任してからも、相変わらず天女を追い掛け回している始末。その騒ぎに乗じて、ジェイクは監視の目を盗み、下界に降りてしまう。
 ルシアの目の前に姿を現したジェイクは、勇気を出して声を掛けた。しかし、ルシアはジェイクの姿に気付くことはなかった。それもそのはず、ジェイクの姿は人間には見えなかったのだ。ガッカリとしたジェイクは、マークの死体を見つける。この様子では、まだ誰にも発見されていない様子……。ジェイクは、この体を借りてルシアの前に姿を現そうと考えた。しかし、突然現われた男にルシアは不信感を抱く。ジェイクはあの手この手で近づくが、一向に振り向いてはもらえない。一方、マークの生存の噂を聞きつけたドンがやって来て、新たな殺しを依頼する。自分が殺し屋になってしまったことを知り驚くジェイク。
殺し屋となったジェイクの運命は……、そしてルシアとの恋の行方は……。


つづきを表示
page top
今日は博多座公演集合日です。
集合日といえば。。


星組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(星組)
七風宇海
2007年8月23日(星組 博多座公演千秋楽)付で退団



宇海くん博多でやめてしまうのかぁ。。
page top
パリ祭
Bunkamuraでフランスの革命記念日(7月14日)にちなんでフランスの食に焦点をあてたパリ祭をするらしく、期間限定の『輝ける女たち』アンコール上映があるらしい。
見たいなぁ。
でももう見にいく暇がないよ~
くすん。

で、パリ祭といえばパリ祭ですよ。
ねぇ。
そろそろ稽古場風景とか流れるのかな?
どんな構成なんだろう。
わくわく。どきどき。

といいつつ。
明日はエリザです。
page top
本屋をふらふらするのが好きなんですが。
なかなか行く時間がなかったので、今さらという感じながら。

歌劇7月号
TAKARAZUKA REVUE 2007
DDD

それと新刊で気になったので。

群ようこ『小美代姐さん愛縁奇縁』
三浦しをん『あやつられ文楽鑑賞』


荷物が重くて手が抜けるかと思った(苦笑)
page top
ノルさんのラストデイ

たまたまテレビをつけたらやっていました。
なんとなく見てました。

‥‥こういう仕事をするのが“トップスター”なんだなぁと思いました。

いろんなことで当時も揺れていたし、今でも揺れてるけど、それを踏まえてきちんと挨拶するのって結構難しいだろうと思うけど、ノルさんはちゃんとメッセージを伝えてたなぁと。

宝塚っていいなって思わせる挨拶をするのも、トップのお仕事なんだよね、きっと。

page top
エリザベート初日
初日おめでとうございます。


初日なのに雨降ってないっっっ

ってどれだけのヅカファンが思ったことでしょう(笑)

エリザは4回観る予定だったのに、結局1回だけにしちゃった‥
それだけ見たい人が見られたらいいということで。

1回は職場の人にチケット譲ったんだけど、たまたまそれが彼女の誕生日で、素敵な誕生プレゼントありがとうございますって言われちゃった(笑)
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。