お芝居や本の中へふらふら迷い込みながら、気ままに生きる日常の記録。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
嶺恵斗出動?
Rose de Blue
ヒーリングコンサート
-音楽とアロマが奏でる癒しをあなたに-

東京會舘

2月19日(日)
軽食    18:30~19:20
コンサート 19:30~20:40

12,000円

出演者
秋園美緒(ボーカル)
嶺恵斗(ボーカル)
新美夕紀子(ピアノ)
大江美沙(マリンバ)

東京會舘HP

「KEITO」は神崎順限定だったのか‥?

東京會舘HPには載ってませんが,司会は麻園みきさんらしいです。
スポンサーサイト
page top
手塚治虫記念館
200601291521082
20060129152108


ムラにくると必ず寄ります。
5時の閉館まで、延々マンガを読んでいました。
page top
新年会
新年会の準備を任され右往左往したこの一ヶ月。
やっと今日無事会が終了。

よしっ、明日からはムラでベルばら三昧だっ!
まだ荷造りも終ってないけど‥‥
page top
捜索
失せ物探しにかり出される。
見つからなかったら一大事!!
と意気込んだ割には,あっさりと見つかり大助かり。
おまけにケーキまでおごってもらって,ラッキーな一日。
page top
名作
「オリエント急行殺人事件」をやっていたのに録画を忘れた‥‥

さて、今ごろやぁっとベルばら新公の感想が書けた‥‥疲れた。
エリザガラコンの感想はいつ書けるのやら。

とりあえず
マリコトートとブンルドルフの闇が広がる最高
あの2人の手の絡み合う様はもう‥‥

やはり手の綺麗な男役さんはいいな。
最近あんまりいなくて淋しい、手が綺麗な男役。
程よく大きく、程よく骨ばっている男役の手。

荷造りもしてないなぁ‥‥ぐったり。
page top
エリザベート10周年ガラコンサート
エリザベート10周年ガラコンサート

トート 麻路さき
エリザベート 白城あやか
フランツ・ヨーゼフ 稔幸
ルドルフ 絵麻緒ゆう
ルイジ・ルキーニ 樹里咲穂
エルマー・バーチャニー 成瀬こうき

マックス公爵 大峯麻友
グリュンネ伯爵 ちあきしん
皇太后ゾフィー 美々杏里
ルドルフ(少年) 朝澄けい

ツェップス 多彩しゅん
ヒュブナー男爵 雅景
シュヴァルツェンベルク公爵 葛城七穂
ヴィンディッシュ嬢 真樹めぐみ
ラウシャー大司教 真丘奈央
スターレイ夫人 優花えり
リヒテンシュタイン伯爵夫人 秋園美緒
ルドヴィカ伯爵夫人/マダム・ヴォルフ 久路あかり
ケンペン男爵 すがた香
ヘレネ 愛田芽久
女官 千草ことみ
シュテファン 速水リキ
女官 舞坂ゆき子
女官 澪うらら
女官 千咲毬愛
ジュラ 真木薫

ACTⅠ

第1場プロローグ
第一の尋問
我ら息絶えし者ども
私を燃やす愛
第二の尋問~死の舞踏~
エリザベート(大合唱)

第2場 ポッセンホーフェン城
パパみたいに(1)
BGM

第3場 シュタルンベルグ湖畔
ようこそ、みなさま
綱渡りと落下〔instrumental〕

第4場 冥界~シシィの部屋
エリザベート~愛と死の輪舞~
パパみたいに(2)

第5場 謁見の間
皇帝の義務

第6場 バート・イシュル
計画通り…

第7場 天と地の間
嵐も怖くない

第8場 結婚式
不幸の始まり

第9場 舞踏会
結婚式のワルツ〔instrumental〕
結婚の失敗
死の時のワルツ
最後のダンス
嵐も怖くない(リプライズ)

第10場 シシィの寝室
皇后の務め
初めての諍い
皇后の務め(リプライズ)
君の味方だ

第11場 天空
私だけに

第12場 夫婦の絆
BGM
結婚一年目、そして二年目に
娘は何処?
私の敵
結婚三年目
美貌の皇后
結婚四年目

第13場 ハンガリー訪問
デブレツィンBGM
闇が広がる

第14場 ウィーンのカフェ
退屈しのぎ

第15場 シシィの居室
エリザベート―愛のテーマ―
第三の口論
最後通行BGM
エリザベート(泣かないで)

第16場 ウィーンの街頭
ミルク
闇が広がる

第17場 更衣室~鏡の間
皇后の務め
私だけに(リプライズ)

ACTⅡ

第1場A キッチュ
キッチュ

第2場B 戴冠式
カテドラルBGM
エーアン(万歳!)

第1場C 私が踊る時
私が踊る時

第2場 ラビリンス
ママ、どこにいるの?

第3場 ゾフィーのサロン
皇后の勝利

第4場 食堂
マダム・ヴォルフのコレクション

第5場 運動の間
皇后の絶食
ドクトル登場
第四の口論
最後のチャンス
愛と死の輪舞(リプライズ)

第6場 安らぎのない年月
いつになったら
待っている
一時も休まない
年月は過ぎる(1)
母上はもういない
気の向くまま
年月は過ぎる(2)

第7場 病院
病院
魂の自由
私だけに(リプライズ)

第8場 ラビリンス
闇が広がる(リプライズ)

第9場 独立運動
ハンガリー独立運動

第10場 控えの間
僕はママの鏡だから

第11場
死の舞〔instrumental〕

第12場 葬儀
死の嘆き
愛と死の輪舞

第13場A ウィーンの街頭
新しいウィーンの土産(キッリュ・リプライズ)

第13場B レマン湖畔
夜のボート

第14場 霊廊
裁判
全ての証言の終わり
最終答弁
エリザベート

第15場 プロローグ
暗殺のBGM〔instrumental〕
愛のテーマ
page top
雪に埋もれる日比谷公園
200601211754072
20060121175407

真っ白な公園。
埴輪も雪に埋もれてる‥‥
page top
「愛が苦しみなら いくらでも苦しもう」
ベルサイユのばら~フェルゼンとマリー・アントワネット編~

脚本・演出 植田紳爾
演出 谷正純
新人公演担当 鈴木圭

第1部 新しき運命の渦の中に

第1場 プロローグA

小公子 天寿光希
小公女 成花まりん・白妙なつ

 研1さんが幕開き第一声というのは緊張するだろうな~と
 見ているこっちも緊張。
 歌声があやしげで、「だ、だ、大丈夫か?!」とちょっとうろたえる。
 なんて言うとものすごく酷かったみたいだけれど、
 出だし以外はそこそこ歌えてました。
 小公女の2人があんまり‥‥メイク要研究。


ばらの少年 朝都まお・直樹じゅん・海隼人・汐月しゅう
      大輝真琴・千寿はる・真吹みのり・真月咲

ばらの少女 舞椰莉々・南風里名・花風みらい・優香りこ
      稀鳥まりや・音波みのり・愛水せれ奈・琴城まなか

プロローグB

マリー・アントワネット 陽月華

 出た出たアントワネット様(お化けじゃないんだから)。
 遠目は結構綺麗‥‥なんだけど、オペラで見ちゃうと、
 やはり頬がこけてるのが気になってしまう。
 うめにゃん、君に言うことは1つだけだよ。
 お願いだから太って‥‥


オスカル・フワンソワ・ド・ジャルジェ 麻尋しゅん

 続いてオスカル登場。顔は当然のようにお綺麗。というか、可愛らしい。
 ピンク!水色!ってメークが似合うところがすごいな、麻尋くん。
 メイクや鬘(縦ロールか?っていうくらい縦巻き)含め、
 全体的にお人形のよう。
 歌もうまい。
 なんて麻尋ウォッチをしていたせいで、
 礼音くんの登場シーンを見逃しました‥‥
 何せ本公演を見ていないので、
 誰がどこでどうくるのかさっぱり分からないんだも~ん(言い訳)


プロローグC

フェルゼン 柚希礼音
アントワネット 陽月華
オスカル 麻尋しゅん

 新人公演とは関係ないけど、
 ここってフェルゼンとオスカル編なの?っていう構図なんだけど、
 これでいいの?(さあ?)


ばらの青年A 天霧真世・銀河亜未・彩海早矢・天緒圭花

ばらの娘A 梅園紗千・真白ふあり・湖咲ひより・花愛瑞穂

小公子 天寿光希
小公女 成花まりん・白妙なつ

ばらの青年 一輝慎・鶴美舞夕・水輝涼・壱城あずさ
      美弥るりか・碧海りま・羽鷲つばさ・如月蓮

ばらの娘 南海まり・初瀬有花・音花ゆり・南帆サリ
     純花まりい・花ののみ・妃咲せあら・八汐ゆう美

ばらの少年 朝都まお・直樹じゅん・海隼人・汐月しゅう
      大輝真琴・千寿はる・真吹みのり・真月咲

ばらの少女 舞椰莉々・南風里名・花風みらい・優香りこ
      稀鳥まりや・音波みのり・愛水せれ奈・琴城まなか

 あまりにわらわら人がいるので、
 <ばらの娘 南海まり>がどこにいるのか分かんなかった‥‥
 しょんぼり。


第4場 シェーンブルン宮

マリア・テレジア 華美ゆうか
メルシー伯爵 七風宇海
アントワネット(少女時代) 蒼乃夕妃
女官長 華苑みゆう
侍従長 紅ゆずる
女官 羽桜しずく・遥奈瞳

 マリア・テレジアはいくら芝居上手のみぃちゃんでも厳しいです。
 やっぱり専科さんの力は偉大です。
 台詞言うのでいっぱいいっぱいで、見ていて(聞いていて)ちょっと辛かった‥‥
 アントワネット14歳、はあまりに幼くって、
 そりゃこの子を嫁に出すなんて母親は心配で心配でたまらんだろう、
 と深く納得。
 っていうか、14歳であれ?おかしいよ、演出家!
 蒼乃夕妃ちゃんはでかかった‥‥


第5場 夢の馬車

アントワネット 陽月華
アントワネット(少女時代) 蒼乃夕妃
小公女 成花まりん・白妙なつ
ばらの少女 舞椰莉々・南風里名・花風みらい・優香りこ
      稀鳥まりや・音波みのり・愛水せれ奈・琴城まなか

 ばらの少女の一人がめちゃめちゃ可愛かった。
 一番上手にいた子。
 誰ですか?(東京ではもっと頑張って見ておこう)


第6場 ベルサイユ宮A

アントワネット 陽月華
ルイ16世 天霧真世
ブイエ将軍 彩海早矢
女官長 ジョセフィーヌ 初瀬有花
プロバンス伯爵 鶴美舞夕
メルシー伯爵 七風宇海

 突然年をくった(設定)アントワネット様。
 14歳であんなだったのに、ものすごい落ち着きっぷり。
 でもやはりワッカのドレスを着るにはうめにゃんは頬がこけすぎなのです‥‥
 天霧ちゃんのルイ16世はものすごいあやしげ、というか、
 いかがわしげなんですがね。
 王様っていうか‥‥ねぇ?


ベルサイユ宮B

フェルゼン 柚希礼音
オスカル 麻尋しゅん

 この2人の並びは結構好きです、が、麻尋くんでかいな!
 何か麻尋くんの方がでかく見える‥‥


第8場 庭園

ルイ16世 天霧真世
ルネ 壱城あずさ
ニコラス 碧海りま

 よく分からないんだけど、このシーンって必要なの?(禁句)
 場面の必要性もかなり疑問だけど、同じくらいルイ16世のあやしさが謎。
 この人絶対この子たちに悪さしようとしてるよ!君たち逃げなさいっ!
 と、多分客席の半分くらいが思ったハズ。
 王妃が浮気するのも無理はない、と客に納得させるには良い人選だ(そうか?)


第9場 運河

フェルゼン 柚希礼音
アントワネット 陽月華

 夫が男の子と逢引(違)していたと思ったら、妻は男と逢引中でした。
 この場面の繋がり方は結構笑えます。
 どっちも習慣の茶など飲む気もなく、浮気中。
 似たもの夫婦だな。
 このフェルゼンとアントワネットのシーンは、
 2人の唯一のラブラブシーンらしいけど、これラブラブなの?
 よく分からないんだけど。
 決まった型の中で表現をするというのがいかに難しいか、というのがよく分かる場面。
 ラブシーンをやっているのは分かるけど、<愛>が全然伝わってこなかった。


第10場 カーテン

ブイエ将軍 彩海早矢
ジャルジェ将軍 一輝慎
アンドレ・グランディエ 夢乃聖夏
オスカル 麻尋しゅん
ジェローデル 水輝涼

 そういやアンドレ出てこないな、と思い出す頃にやっとこさアンドレ登場。
 ビジュアル的にいけてるわ、夢乃アンドレ。
 アンドレ好きの身としては期待感が高まる。
 宝塚だから、やはり見た目も重要です。


第11場 フェルゼンの屋敷

フェルゼン 柚希礼音
メルシー伯爵 七風宇海

 新人公演でもこのシーンあるのね‥‥そりゃそうか。
 この人何で窓から入ってきちゃうの?
 七風くんが奮闘している姿を暖かい気持ちで眺めていました。
 というか、そうするくらいしか、この場面にする対応の仕方が分からない。
 いらないんだもん、この場面‥‥(禁句)
 その後のフェルゼンの「1,2,3」は結構平気だった。
 銀橋渡る礼音くんの素晴らしきスターオーラを感じている間に歌終わったから(笑)


第12場 庭園

フェルゼン 柚希礼音
アントワネット 陽月華
アンドレ 夢乃聖夏
ジェローデル 水輝涼

 うめちゃんは芝居好きなんだろうなぁって思うんだけれど、
 ベルばら芝居に馴染めないのか、やっぱりちょっと上滑っている。
 うぅむ。


第13場 王室の廊下

シッシーナ伯爵夫人 梅園紗千
ベザンバール公爵夫人 湖咲ひより
モンゼット公爵夫人 花愛瑞穂
カトリーヌ 音花ゆり
ブリジット 南帆サリ
ロミー 純花まりい
シルビア 花ののみ
ナタリー 妃咲せあら
ランベスク子爵夫人 八汐ゆう美
ミレイユ 羽桜しずく

 このシーン削っちゃったら女の子出番ないもんね‥‥という思いでぐっと我慢。
 しないといけないくらい必要性がない場面になっていた。
 本公演のメンバーくらい歌えるならいいと思うんだけど、
 このくらいの歌ならわざわざこの場面に時間使わなくてもいいんじゃ‥‥
 本役の偉大さに気付くのも新人公演ならでは。


第14場 カーテン

アンドレ 夢乃聖夏
ジェローデル 水輝涼

 アンドレかっこい~~~~
 他のものは目に入りません。そもそもジェローデルに存在感がないのだけれど‥‥


ここで第15場 宮殿大広間、だよね?
配られたパンフレットには載ってないんだけど?
私が見たフェルゼンの別れの台詞と熱唱は幻だったのか?
そんなわけがないので、感想。
 月初めに本公演を観た人が、
 このシーンのフェルゼンの演説が長すぎて、
 お喋りフェルゼンにうんざり、と言っていたんだけれど、
 礼音フェルゼンの演説は、素直に聞けました。
 こういうところで年の差が出るんだろうと思うわけです。
 やってる人のね。
 礼音くんには若さがある。
 その若さゆえに、心中を大勢の人の前で臆面もなく吐露する姿に嫌味がない。
 若いって素晴らしいねっ!って素直に思える。
 こういうところも新人公演ならでは。



第2部 いたましき王妃の最后

第1場 プロローグ

小公子 天寿光希
小公女 成花まりん・白妙なつ

 1部のプロローグと同じ感想をもう一度。
 それにしても、この子たちは可愛い顔して結構すごい歌詞を歌っているな。
 笑顔で歌う内容なのか?


ばらの少年 朝都まお・直樹じゅん・海隼人・汐月しゅう
      大輝真琴・千寿はる・真吹みのり・真月咲

ばらの少女 舞椰莉々・南風里名・花風みらい・優香りこ
      稀鳥まりや・音波みのり・愛水せれ奈・琴城まなか

第2場 ストックホルム・フェルゼン邸の庭

フェルゼン 柚希礼音
シモーヌ 真白ふあり
デュガゾン 銀河亜未
ジェローデル 水輝涼

 シモーヌがふありちゃんであっても「お姉さま」という台詞には心が冷える。
 素直に妹にしておけばよいのに‥‥
 ストーカージェロくんには相変わらず存在感がないので、
 言っていることの異常性があまり気にならなかった。
 普通に考えたらこれ↓(オスカルの部屋)回想できる人なんていないのに。
 つか、どっかでウォッチしていたとしても、人に言うなや。(そういう問題?)


第3場 回想 オスカルの部屋

アンドレ 夢乃聖夏
オスカル 麻尋しゅん

 麻尋くんの「愛の巡礼」は出だしあたりはちょっとやばめだったのを、
 銀橋渡りきるあたりでは取り返してた。
 さすが麻尋。
 これまた若さゆえに、「星が落ちた」にもネタ感がなかった(ネタって‥‥)
 「アンドレ」と呼ばれた途端あらわれたアンドレにも、
 足長いから歩くの速いのね、と素直に納得(ちょっと強引)
 この場面の麻尋くんはすごく可愛かったです。
 誉めてなさそうだけど、誉めてます。
 見た目はお人形っぽい麻尋オスカル。
 中身は真っ直ぐで正義感が強く、目の前にある現実から目を逸らせない。
 この人は男として育てられた過程で、
 「弱いものを守るのが男(軍人)の役目だ」と叩き込まれたんだろうと思う。
 自分自身の幸福を守ることよりも、弱いものを、正義を守ることこそが
 人として生きる正しい道だという信念がある人なんだろう。

 (麻尋オスカルで一番良かった台詞は「誰かが弱い市民を守ってやらなく  ては!」
  オスカルの真っ直ぐさが本当によくあらわれていた。
  そして少し哀しげだったのが自分が
  そのために捨てなくてはいけないものも感じさせた。
  うまいな、麻尋くん)

 その信念に身を捧げる決意をした。自分の世界を壊してでも。
 でもその前に、これまで自分を支え、ずっと守って愛してくれた
 ただ一人の人と幸せを分かち合いたい、という素直な思いが溢れていて、
 とても可愛らしかったわけです。
 そして幸せそうだった。
 あれだけ素直に幸せな顔をできる人はなかなかいないだろう。

 対するアンドレの夢乃くんは、本当に良かった(こればっかり)
 何ゆえ私がこれほど夢乃アンドレに惚れるかというと、
 それは多分本公演のアンドレでは絶対にあらわれないであろう
 <黒子に徹した>アンドレだったから。
 アンドレはオスカルの<影>なんだけれど、
 じゃぁ陰性の魅力を持った人がやればいいのかというとそういうわけでもない。
 アンドレは性格とか、存在が暗いわけではなく、どんな状況下においても
 オスカルを支える<黒子>であることに徹している。
 だから、路線スターがやるアンドレにこの存在感が絶対に出せないだろうと思う。
 本公演でアンドレをやる人は既に確固とした路線スターで、今更黒子になれるわけがない。
 だから本公演でこういうアンドレは観られない、はず。
 ともみんのアンドレはその路線スターには出せない存在感で<黒子>として
 常に麻尋オスカルの横に存在した。
 あまり意識されないけれど、それでも、
 アンドレがいなければオスカルも存在できないだろう、というこの一体感。
 一途で真っ直ぐな麻尋オスカルと、それを支える夢乃アンドレ。
 本当にいい組み合わせだった。
 自分に光が当たることを考えもしない黒子のアンドレだからこそ、
 突然スポットが当たった(オスカルの告白)時の驚愕の表情には、
 思わず母心(?)で、
 良かったね、良かったね、思いが叶って本当におめでとう!
 と身を乗り出した。(佳境の今宵一夜に食いついたとも言う)

 そして美しい今宵一夜へ突入。

 礼音くんと並んでもでかかった麻尋オスカルなのに、
 夢乃アンドレと並ぶと可愛く見えたのも、麻尋くんには幸い。
 オスカルが腰にすがりつくシーンでは、夢乃アンドレの足の長さも堪能できます。


第4場 回想 カーテン

ロザリー 南海まり
ベルナール・シャトレ 天緒圭花

 やっと出てきたよ、ロザリー!!
 あまりにアンドレが素敵だったので、ちょっと忘れてました‥‥
 でも出てきたらロザリーだけを見つめたよ。
 見つめすぎて、可愛い、可愛い、でも‥‥その髪型って顔丸いの強調し過ぎる‥‥
 とか冷静に思っちゃうくらい。
 本当に丸かったな‥‥
 でも可愛くって、まさに春風ちゃんでした。


第5場 回想 パリ市内

ロザリー 南海まり
ブイエ将軍 彩海早矢
ベルナール 天緒圭花
アンドレ 夢乃聖夏
オスカル 麻尋しゅん
アラン・ド・ソワソン 美弥るりか
衛兵隊士 壱城あずさ・碧海りま・羽鷲つばさ・如月蓮・朝都まお
     直樹じゅん・海隼人・汐月しゅう・天寿光希・真咲みのり
市民(男) 天霧真世・銀河亜未・一輝慎・鶴美舞夕
      七風宇海・紅ゆずる・大輝真琴・千寿はる
市民(女) 梅園紗千・湖咲ひより・花愛瑞穂・華美ゆうか・初瀬有花
      音花ゆり・南帆サリ・純花まりい・花ののみ・妃咲せあら
      華苑みゆう・八汐ゆう美・成花まりん・羽桜しずく
      遥奈瞳・舞椰莉々・白妙なつ・南風里名・花風みらい
      優香りこ・音波みのり・愛水せれ奈・琴城まなか
市民(男の子) 真月咲
市民(女の子) 稀鳥まりや

 アランもやっとご登場。しっかし活躍の場がないな~(苦笑)
 アンドレの最期の場面では、ベルばららしさを保つ、
 乱れすぎない死にっぷりに感心。
 宝塚のベルサイユのばらの形と、リアルな演技が程よく交わった死にっぷり。
 君、できるな。(死んでるのに泣かずに感心するのもどうかと思うが)


第6場 回想 バスティーユA

オスカル 麻尋しゅん

第7場 回想 バスティーユB

ロザリー 南海まり
ベルナール 天緒圭花
オスカル 麻尋しゅん
アラン 美弥るりか
衛兵隊士 壱城あずさ・碧海りま・羽鷲つばさ・如月蓮・朝都まお
     直樹じゅん・海隼人・汐月しゅう・天寿光希・真咲みのり
市民(男) 天霧真世・銀河亜未・一輝慎・鶴美舞夕
      七風宇海・紅ゆずる・大輝真琴・千寿はる
市民(女) 梅園紗千・湖咲ひより・花愛瑞穂・華美ゆうか・初瀬有花
      音花ゆり・南帆サリ・純花まりい・花ののみ・妃咲せあら
      華苑みゆう・八汐ゆう美・成花まりん・羽桜しずく・遥奈瞳
      舞椰莉々・白妙なつ・南風里名・花風みらい・優香りこ
      音波みのり・愛水せれ奈・琴城まなか

 バスティーユは本当に名場面。力がある。
 とりあえず、これ観たら他の場面があいたたたなのが相殺される。
 オスカルは持ち上げられるのがちょっと大変そうだったけど。
 ロザリーが「オスカル様~~~」って泣き崩れるところ、
 その姿勢とるなら衣装変えてあげて欲しいんだけど‥‥


第8場 フェルゼン邸の庭

フェルゼン 柚希礼音
シモーヌ 真白ふあり
ジェローデル 水輝涼

 何にビックリしたかというと、スウェーデン貴族だったフェルゼンが、
 唐突に日本海をバックに演歌の花道ご出演状態だったこと。
 何あの歌?フェルゼンが歌う歌じゃないでしょ?


第13場 牢獄

フェルゼン 柚希礼音
アントワネット 陽月華
ロザリー 南海まり
ベルナール 天緒圭花
メルシー伯爵 七風宇海
看守 大輝真琴・千寿はる・真咲みのり・真月咲

第14場 断頭台

フェルゼン 柚希礼音
アントワネット 陽月華


 ここのうめちゃんは似合ってたな。それもどうかと思うけど‥‥
 照明が暗いので、ロザリーのでかいリボンがやたら目立っていた(色味が薄いので)
 フェルゼンをとめにくるロザリーは、やはりぐわしっっとしがみついていた。
 確かによほど力を入れないと礼音は止められないだろう‥‥


というわけで幕。
挨拶では、泣きながら喋る礼音くんと、礼音くんの挨拶に相槌をうつようにこくこくと頷いていたみなみちゃんがとっても可愛かった。
そしてみなみちゃんも泣く。

新人公演とは本当全然関係ないけど、オスカルがアンドレへの想いに気付くシーンと、アンドレの盲目エピソードがないっていうのが厳しい。
削っちゃいけないところなのに~~~
「見えていないのか、何故ついてきた~~~」って台詞が好きなのに‥‥
page top
「君は光 僕は影」
 離れられない二人の絆

 星組新人公演を見て何より驚いたのは
ウメにゃんの歌が上達した
 とか
礼音くんのスーパースターオーラ
 とか
アカシがブイエ将軍なのに無駄にカッコ良い
 とか
みなみちゃんのロザリーのリボンのでかさ
 とか
みなみちゃんのロザリーが「オスカル様~」と屈むと胸が見え(ピー)
 とか

ではなく(驚いてばかり)

麻尋オスカルと夢乃アンドレの似合いっぷり‥‥
今宵一夜がわざとらしくなかった!(ありえない)
普通に美しかった。
そうか、本来ああいう美しい場面だったのか‥‥(知らなかった)
いかに笑いに耐えるかの試練の場面なのかと思っていたのに。
それが大いなる勘違いだと気付けただけで、無理して来た甲斐がありました。
特に夢乃アンドレはものすごく良い仕事をしました!
久々に宝塚見て興奮するくらい。
いや~いいもの見たな~
page top
お初
20060117125404


大阪松竹座にきました。

壽初春大歌舞伎

★昼の部

一,源平布引滝 義賢最期

木曽先生義賢 愛之助
多田蔵人行綱 段治郎
葵御前    笑三郎
待宵姫    春猿
進野次郎   薪車
矢走兵内   猿弥
九郎助娘小万 孝太郎

二,花街模様薊色縫 十六夜清心

清心      仁左衛門
十六夜     玉三郎
恋塚求女    孝太郎
お藤      笑三郎
船頭三次    薪車
道心者西心   寿猿
下男杢助    猿弥
実は寺沢塔十郎
白蓮      弥十郎

歌舞伎はいつも筋書きを買うか,チラシをもらってあらすじを確認してから見るけれど,今回筋書きは高いし,チラシは探しても置いてないし,で,あらすじを知らずに見た。
あらすじどころか出演者も知らずに(苦笑)
一幕の義賢最期は,義賢の最期(そのまんま)が長くて長くて,正直ぐったり。
これを見たらアンドレがなかなか死なないのなんて,ちぃっとも気にならない。
それくらい長い。
それを見せるための演目なんだろうけど,それにしてもそこまで死なないって・・・
その内,この人いい加減観念しなさいよ,とか思ってしまった。
愛ちゃんはカッコ良かったんだけどねぇ。

二幕の孝玉コンビは,相も変わらず化け物のように(褒めております)お綺麗でした。
そして弥十郎さんがとてもカッコ良かった。
page top
雪組の公演
2006/01/16
朝海ひかるバウ・スペシャルについて

朝海ひかるバウ・スペシャル
『アルバトロス、南へ』
作・演出/荻田浩一

濃密な芝居と洒脱なショーの二部構成で、朝海ひかるの魅力を凝縮してお届けする、意欲的なバウ作品。

■主な出演者
(雪組)朝海ひかる

■日本青年館大ホール公演
2006年7月14日(金)~7月20日(木)
<日時>
7/14(金)15:00
7/15(土)11:00・15:00
7/16(日)11:00・15:00
7/17(月)11:00・15:00
7/18(火)18:00
7/19(水)13:00
7/20(木)13:00

<座席料金>A席7000円、B席5000円(税込・全席指定)

<一般前売>2006年6月11日(日)

■宝塚バウホール公演
2006年7月30日(日)~8月5日(土)
<日時>
7/30(日)14:30
7/31(月)11:00・14:30
8/1(火)11:00・14:30
8/2(水)休演日
8/3(木)11:00・14:30
8/4(金)11:00・14:30
8/5(土)11:00

<座席料金>全席7000円(税込・全席指定)

<一般前売>2006年6月24日(土)





2006/01/16
雪組 全国ツアー公演『ベルサイユのばら』について

雪組全国ツアー公演の詳細が決定致しましたので、下記にご案内致します。

■演目
マリー・アントワネット生誕250周年記念
宝塚グランドロマン
『ベルサイユのばら』-オスカル編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
脚本・演出/植田紳爾 演出/谷正純

2005年9~10月の星組全国ツアー公演を皮切りに、11月には韓国公演、そして本年1~2月星組宝塚大劇場公演(東京公演は2~4月)、2~3月雪組大劇場公演(東京公演は4~5月)と、マリー・アントワネット生誕250周年を記念し、上演してきた『ベルサイユのばら』のラストを飾る公演。雪組版のオスカル編で、オスカルを水夏希が演じる。
 
■主な出演者
(雪組)水夏希、舞風りら

■公演期間
7月1日(土)~7月28日(金)

■公演日程
会場・公演日時・チケットお問い合わせ先(TEL)

●梅田芸術劇場メインホール
7/1(土)12:00・16:30
7/2(日)12:00・16:30
※同会館(06-6377-3800)

●山梨県立県民文化ホール
7/4(火)14:00・18:00
※山梨日日新聞社、山梨放送(055-231-3222、055-231-3133)

●アミューたちかわ(立川市民会館)(東京)
7/5(水)14:00・18:00
※同会館(042-526-1311)

●さいたま市文化センター
7/7(金)14:00・18:00
※阪急電鉄 歌劇事業部(03-5251-2071)

●神奈川県民ホール 
7/8(土)14:00・18:00
7/9(日)12:00・16:00
※阪急電鉄 歌劇事業部(03-5251-2071)

●グリーンホール相模大野(神奈川)
7/11(火)14:00・18:00
※阪急電鉄 歌劇事業部(03-5251-2071)

●富士市文化会館(静岡)
7/13(木)14:00・18:00
※ビートクラブ(054-273-4444)

●日進市民会館(愛知)
7/15(土)14:00・18:00
※同会館(0561-72-0955)

●一宮市民会館(愛知)
7/16(日)14:00・18:00
※同会館(0586-71-2021)

●守山市民ホール(滋賀)
7/17(月)14:00・18:00
※同会館(077-583-2532)

●呉市文化ホール(広島)
7/19(水)14:00・18:00
※CHUGEI(082-281-3882)

●九州厚生年金会館(北九州市)
7/21(金)14:00・18:00
※西日本イベントプロモーション(092-716-8468)

●福岡市民会館
7/22(土)14:00・18:00
7/23(日)11:00・15:30
※福岡スポーツセンター(092-741-1661)

●大分県立総合文化センター
7/25(火)14:00・18:00
※同会館(097-533-4004)

●鹿児島県文化センター
7/27(木)14:00・18:00
7/28(金)14:00・18:00
※同会館(099-223-4221)

※都合により、開演時間の公演スケジュールや貸切公演への変更が生じることがございますのでご了承ください。

■弊社(阪急電鉄)主催公演
●さいたま市文化センター<さいたま市南区根岸1-7-1>
<5月21日(日)前売開始>
座席料金:S席6500円、A席5000円(税込)

●神奈川県民ホール<横浜市中区山下町3-1>
<5月27日(土)前売開始>
座席料金:S席6500円、A席5000円 (税込)

●グリーンホール相模大野<神奈川県相模原市相模大野4-4-1>
<5月28日(日)前売開始>
座席料金:S席6500円、A席5000円(税込)
page top
組替え発表
2006/01/16
組替え異動について

この度、下記の通り、組替えが決定致しましたのでお知らせ致します。

【花組】
蘭寿とむ・・・4月25日付で宙組へ
桐生園加・・・10月2日付で月組へ
遠野あすか・・・2月13日付で専科へ

【月組】
北翔海莉・・・8月21日付で宙組へ
彩那 音・・・3月20日付で雪組へ
真野すがた・・・8月21日付で花組へ
白鳥かすが・・・8月21日付で花組へ

【宙組】
遼河はるひ・・・7月3日付で月組へ
和 涼華・・・7月3日付で星組へ
page top
嵐のよるに
花組11時公演を見てから、(延々と時間を潰し)、ユミコちゃんのお茶会へ。

ユミコちゃんのお茶会はとっても楽しかったものの、記憶力皆無の私。
話の内容は、あんまり覚えてないのだ‥‥

とりあえず茶会に行って判明したこと。
ユミコちゃんも自らを強力な晴れ女だと自認していた‥‥
そういえば某伊央里さんも「私晴れ女」と毎回毎回言っていた。
某安蘭さんも「私晴れ女晴れ女」と繰り返している。
何だ私、晴れ女好き?
晴れ女なのに、茶会当日は嵐に見舞われたユミコちゃんは、悔しかったのか言い訳なのか
「今日お茶会でね、本当良かった。
だって私出てくる時嵐だったよ、嵐。
お茶会だから、皆ガードとかね、入ってなくって、あったかい所で待ってられて良かったなぁ、ってガードしてる人たち見て思ったの!!」
と満面の笑みでおっしゃっておりましたよ。
負けず嫌いだな、君も‥‥

隣の会場では新年会が行われていたため、最後の挨拶時に隣の三本締めの音が聞こえてきたため、ユミコちゃんはノリノリで「うちもやる?やる?」とおっしゃり、本当に三本締め(総立ち)で宴が締めくくられました。


つづきを表示
page top
紫ともちゃん
東京オペラシティ
近江楽堂

1月21日(土)
渚あき
「Sincerely」
17:30~
¥4800

紫ともちゃんが1曲参加するそうです。

行きた~い!

でもこの日はエリザガラコンに行かせていただく予定‥‥
生ともちゃんに会いたかったなぁ‥‥残念~
(昨日2時間ドラマに出ていたのは見ましたよ)
page top
『楽しみは創り出せるものよ』ターシャ・テューダー

お金の使い道

わたしは花をあふれんばかりに咲かせるのが好きです。
一種類の花に持ち金を全部つぎ込んで大量に咲かせてみると、
それは豊かな気持ちになりますよ。


『楽しみは創り出せるものよ』ターシャ・テューダーの言葉2
page top
遅れてきたサンタクロース
季節モノはその時期に在るということに意味がある、のではないかと思う‥‥
ないよりマシ、と言えなくはないけれど。

さて今日は、お昼ご飯を食べに行った店で、待てど暮らせど料理が出てこず、しまいにはお店の人に「お待たせしてすみません。今つくっていますので」と謝られた。
でも出てこない。
遅っ‥‥
周りのサラリーマンがとっとと食事を済ませて出て行ってしまってから(!)、私の定食が出てきた。
できるだけ急いで(でも喋りながら)昼食を済ませた。

私のところにはモノが遅れて届くらしい‥‥

帰り道、手袋を片方なくした。
途中でないな~とは思ったが、どこで落としたのか分からなかったので探しには戻らなかった。
私より後に帰宅した母に、「手袋なくしちゃったよっ!」と訴えたところ、母は私の残った手袋の片方を見て「あら、あなたのだったの」と一言。
「途中に落ちてたわよ。似てるな~とは思ったんだけど」
拾ってきてくれたら良かったのに~~
と思った私。もちろん口には出さなかった、が‥‥
「夕飯の用意してくれるんなら拾ってきてあげる」
と言い残して、母はすぐさま出て行った。
わざわざ駅まで娘の落とした手袋を拾いに行くとは。
何て有り難い‥‥
‥‥って自分で拾いに行きなさいよ。あなたいくつ?
父に責められながら夕飯の支度をする娘。
四捨五入したら参拾ですね。
page top
『あさ』谷川俊太郎

  おわってしまうものは ひとつもない
  すべてがはじまり

page top
成人の日
Eちゃんと久々に会う。
いつもは年明けに近くの神社へ初詣に行くのだけれど、今回は地元でお買い物。
またしても暖かいウサギちゃんに心惹かれるも、今日は買わなかったよっ!
って当たり前だ‥‥

そのかわりに、カイロを大量に購入。
アームウォーマーも購入。
帽子と耳あては購入見送り。でも耳あてはその内買おうっと。
備えあれば憂いなし。

今日が成人の日だということは振袖着た娘さんたちを見てやっと気付きました。
何せかなり昔に過ぎ去った記念日の上、自分は成人式に出なかったもので成人式って行事があるのすらあんまり認識してなかったもので。
page top
祝・ご出産
12月に退職されたSさんが無事女の子をご出産されました。
おめでとうございます!
page top
生で見たベルばら
別に誰からも「づら変」報告がなかったので、生で見たら普通なんでしょうかね。
それなら良いのだが。

それにしても、示し合わせたように、感想は「ベルばらはベルばら」でしたよ。
きっと私も見たらそう言うんだろうな~

*花組の感想の追記
そういえば主要人物なのにさっぱり触れなかった寿美礼様とふーちゃんと真飛くん。

寿美礼様は喋りに癖がありすぎて、「失礼」みたいな一言の台詞だと、何言ってるのか私聞き取れませ~ん
それ以外ではいいトップさんだと思います。
歌はやっぱりお上手だし。

ふーちゃんは最後に綺麗なドレスいっぱい着せてもらえて、髪型もみんな素敵で、良かったね~と思って見てました。
パレードの衣装も綺麗だしね。
最後なので、それで充分です。

真飛くんに関しては、あの役が何だったのかよく分かりません。
「君に決闘を申し込まなくてはならないようだな」(手袋投げ)
で、かっこい~い!!と思ったのに。
思った途端、パパ(アンリエッタのパパ=夏美さん)から「そんな必要はない」とかあっさり片付けられちゃって・・・
え~~~~
ここ真飛さんの見せ場にならないの~~~
びっくり。
でもショーでは大活躍だったので、お姉さん嬉しかったよ(貴方誰ですか)。
「青い山脈」はあまりに似合いすぎていてもう笑い死ぬかと思いました(笑うな~)

寿美礼様の両サイドがユミコちゃんと真飛さんだったのには正直感動しました。
page top
歪み
体力をつけるためにジムへ行く。
歪んだ体をなおすために整体へ通う。

今年の目標「健康に留意」

歪んだ精神はもうなおせそうもないので(‥‥)、体くらいは健全にしたいと思う2006年。
ジムへ通うお金を貯めなくちゃね(そこからかい)

ところで、この3連休、知人が3人ほどムラへ飛んでいる。
ばらばらに。
とりあえず「瞳ドレのづら具合を確認して下さい」とメールしておいた。
ってそれしか興味はないのか、君は?!
page top
「ASiAN WiNDS!~アジアの風」
「ASiAN WiNDS!~アジアの風」

作・演出 岡田敬二

第1章 プロローグ・アジアの夜明け(モンゴル)
馬頭琴の男 夏美よう
平原の英雄 春野寿美礼
戦士A 彩吹真央・真飛聖・蘭寿とむ・愛音羽麗

第2章 群青の海(沖縄)
島の乙女S ふづき美世
島の乙女A 遠野あすか
島の乙女 桜一花・花野じゅりあ・華城季帆・桜乃彩音・華耀きらり

島の青年S 春野寿美礼

第3章 上善如水(中国)
寿皇帝(長江の精) 春野寿美礼
武将A 高翔みず希・真飛聖・蘭寿とむ・愛音羽麗

佳貴妃(黄河の精) ふづき美世

第4章 服部良一メドレー
服部良一の影 彩吹真央

タンゴの女A 真飛聖・蘭寿とむ・愛音羽麗
タンゴの女 遠野あすか・華城季帆・桜乃彩音

バラの歌手 歌花由美

タンゴの女S ふづき美世

蘇州の男A 彩吹真央

服部良一の影 春野寿美礼

青年A 真飛聖

青年A 彩吹真央
娘A 華城季帆

娘S ふづき美世

青年〔歌手〕 愛音羽麗・未涼亜希・桐生園加・華形ひかる・望月理世・日向燦

青年A 蘭寿とむ

カンカン娘A 遠野あすか

ブギの男S 春野寿美礼
娘S ふづき美世
青年A 真飛聖・蘭寿とむ
カンカン娘A 遠野あすか
娘A 華城季帆

第5章 コリアン幻想(田園)
ロードダンスの男A 彩吹真央

李青年 春野寿美礼

王妃 ふづき美世

第6章 サンパギータ(フィリピン)
サンパギータの歌手 真飛聖

ロメロ 蘭寿とむ
イメルダ 遠野あすか

ダヒルサヨの男S 春野寿美礼
ダヒルサヨの女S ふづき美世

第7章 アジアンロケット

第8章 アジアンウィンズのボレロ
紳士S 春野寿美礼

第9章 フィナーレ
フィナーレの紳士S1 春野寿美礼
フィナーレの淑女S ふづき美世
フィナーレの紳士S2 彩吹真央
フィナーレの紳士S3 真飛聖
フィナーレの紳士S4 蘭寿とむ
フィナーレの紳士A 愛音羽麗・未涼亜希
フィナーレの淑女 遠野あすか
エトワール 華城季帆




盛り上がりそうで盛り上がらない、という、芝居と同じテンションのショーだった。
期待を抱くのだが、盛り上がりきらず終わるので、ちょっと疲れる。

でもユミコちゃんの足の長さと体のまっ平ぶりに感動して,ふーちゃんの笑顔に癒されたので、ま、いっか。

ショーに関しては、結構「これだけでいいか」と思う私。
もともと芝居好きなので、ショーには思い入れがあんまりないので。

それにしても、芝居と違って、みな生き生きしてた。
やっぱり花組はショーの組なんだなぁ。

そして、花娘は本当可愛い。
花娘が発する「私可愛いでしょ」オーラはとても貴重。
娘さんが可愛いと、宝塚見た気分満点で幸せ。

何だかんだ言いつつも、やっぱり花組は宝塚の顔だな、と思って帰ってきました。
page top
「落陽のパレルモ」
「落陽のパレルモ」

作・演出 植田景子

ヴィットリオ・ロッシ 春野寿美礼
父 マリオ・フランチェスコ・ディ・ドンブイユ公爵 萬あきら
母 フェリーチタ 華城季帆
幼少時代のヴィットリオ 野々すみ花

アンリエッタ・クラウディア・カヴァーレ ふづき美世
父 アレッサンドロ・ファブリッツィオ・ディ・カヴァーレ公爵 夏美よう
母 マリア・コンツェッタ・カヴァーレ公爵夫人 高ひづる
妹 マチルダ・コンツェッタ・アマーリア・カヴァーレ 桜乃彩音
妹 ベアトリチェ・ビアンカ・カヴァーレ 華耀きらり

ロドリーゴ・サルヴァトーレ・ファンティーニ伯爵 真飛聖

ヴィットリオの友人
カルロ 高翔みず希
ニコラ・ジロッティ 蘭寿とむ
リカルド 愛音羽麗
ルカ 桐生園加
ルチア 桜一花

1942年の人々
ヴィットリオ・ファブリッツィオ・ロッシ・ディ・カヴァーレ 彩吹真央
祖母 エルヴィラ・フェリーチタ・マリア・ディ・カヴァーレ 梨花ますみ
恋人 ジュディッタ・フェリ 遠野あすか




感想メモ。

*良かった人
ユミコ&あすか組
ひたすらお坊っちゃんで世間知らずで人生は薔薇色だと思っているヴィットリオ・F。
自らの血ゆえに幸せを諦めているジュディッタ。
2人の周りには誰も割って入れない愛の壁が張り巡らされていて、見ているとこっちまで幸せになれる、が、ジュディッタが時折覗かせる悲しげな表情が、その強固な愛さえいつかユダヤの血によって壊されてしまうのではないかという不安を感じさせて切なくなる。
甘く幸せな今と、その破滅を予感させるような微かな不安。
その少し不安定なバランスが、この2人をものすごく魅力的に見せていると思う。
多分この魅力は脚本ではなく2人の演技力に拠っているんだろう、ね。

季帆&野々組
季帆ちゃんの清らかな狂いぶりと、野々すみ花ちゃんの泣きがかなり見ごたえあり。
何も見ていないフェリーチタの澄んだな眼差しと優しい声。
隣にいながら決して自分を見てはくれない母への愛を募らせるヴィットリオ。最期まで、母は自分を見てはくれなかったという想いが、母を亡くしたヴィットリオの絶叫には痛いほどこもっている。

萬あきら様と季帆ちゃんのデュエットがなかったのが本当残念~~~
それさえあれば何度でも見たのに(結構本気)

見終わって思うに、花組さんは全体的に芝居が下手かと。
というわけで、これ以後はうっかり覗いてしまった花組ファンの方は見ない方がよろしいかと思います。
次に花組を見る時に読み返してみるあくまで自分用メモ。
つづきを表示
page top
お買い物、お買い物♪♪
お昼休みを利用して、ヴィヴィアンタムのセールに行ってみた。
昼過ぎなので、すでに人気商品(がセールに残っていたとしても)はあらかた奪い去られた後で、戦いすんで、一息タ~イム!という空気が流れていた。

それでも欲しいものを見つけられたので、2点購入。

その後、仕事して、18:30の花組公演を観劇。
というわけで、今年のめでたい初観劇は花組さんでした。
page top
事件ですよ、安蘭さん
今髪型を変えるか悩んでいる。
悩んでも、別にたいして変わらない気がして、もうどうでもいいや、とも思った。
が、しかし、やっぱり髪型って大事だね!!と思う事件発生(事件?)

スカステで星組公演「ベルサイユのばら」ステージインフォメーションとニュースの初日映像を見た感想。

瞳ドレのヅラがっっっっっ!!!

ヅ、ヅ、ヅラが変だよ、安蘭さん!!!

(息がきれるくらいの勢いで叫ぶ)

そういや数日前に、瞳子ファンのお姉さまが溜め息つきながらおっしゃった。
「安蘭さんの鬘の趣味だけは未だに理解できない

昨日コムカルを見に行ったコムちゃんファンの友達が言っていた。
「瞳子ちゃん‥‥鬘が似合ってないだけだと思うよっ!!」
(その後薔薇タンはいい感じだったとフォロー)

なるほど。納得。そりゃあのヅラじぇねぇ‥‥

気を取り直して。
瞳ドレのヅラ事件(だから事件て)以外では、もうめっちゃくちゃコムカルがおっとこまえで、かっこ良過ぎて惚れそうでした。
よろめきました。
コムロさん最高
あんなおっとこまえなオスカル見たことないよ。
おっとこまえなクセに、フェルゼンの前とか、アンドレの前でちょろっと乙女になるのが愛らしくて、そりゃアンドレもめろめろになるわ、と深く納得。

でも朝っぱらから突然「今宵一夜」映すのは心臓に悪い。
後ろで朝ご飯食べてた弟は間違いなくひいてたよ‥‥
(健全な反応)

そんなこんなで大変楽しく拝見しましたが、私の生観劇はユヒカル。

何か大晦日の番組で、ゆうひさんに対して司会者さん結構突っ込んでましたよね?
「もちろん今宵一夜はあるんですよね?」とか「(アンドレがオスカルに)腕をまわすんですよね?」とか‥‥
それに対して、ゆうひさんもゆうひさんで「きゅっとしないと」なんて言っちゃって。
はっきり言ってないけど、あきらかに
アンドレ小っちゃいけど大丈夫なんですか?
体(特に肩)をきゅぅぅっと縮めないとね!
っていうやりとりですよね?

本当のこと言っちゃ嫌!!

ゆうひさんがどれ位肩幅削り膝折り術を駆使してくれるのか楽しみにしたいと思います。
頑張れ、ゆうひ!!
page top
仕事始め
今日からお仕事。
と言っても、11時出勤だったため、超のんびり朝っぱらからスカステニュースで星組公演初日映像を見て一騒ぎしてから家を出ました‥‥
何してるんだ、朝っぱらから。

11時出勤で、ちょろちょろっと郵便の仕分けをして、13時に近くの中華料理でみなでお昼を食べて解散。
‥‥ってまた、初日から残業残業また残業の母から怒られそうな1日でした。

15時には解散してしまったので、その後は銀座なんかでのんびりセールを見て回ってから帰宅。

何だかんだで買ったもの。

*セールでご購入
ウサギちゃん(マフラー)
OZOCでバック
アダムエロペでスカート

*セールとは関係なく定価で購入
スワロフスキーのピアス&ネックレスセット(ピアスだけで良かったんだが、セット売りだった‥‥)

*そのうち買うもの(予約済)
ヴィヴィアン・タムのトップスとスカート

<2006年節約の誓い>は既に崩れてますね、はいはい。
page top
駅伝のちソウル
今回の箱根駅伝復路はえらいドラマ続きで、8区でトップの順天堂大学のキャプテンが脱水症状でふらふらになったり、王者駒澤が1位に立ったのに9区で抜かれたり。
まさか亜細亜大学が優勝するとはっ!ってテレビ見ながら多くの駅伝ファンが思ったことでしょう。
うちでもみなビックリしてた。
あげくに、亜細亜大学ってどこにあるの?議論も結論出ず。
すみませぬ、亜細亜大学様‥‥
ちょっと残念だったのは、8区で順天堂のキャプテンが脱水症状で本当最後まで走れるのか?っていうのと、駒澤が追い上げてきているので、その2人がずっと映っていて、亜細亜が順位を上げているのがさっぱり映っていなかったこと。
中継所近くで急に映って、いきなり2位通過だったからお姉さんビックリだよ。
それとも私がうたた寝してる時にうつってたのかな‥‥
今日はやっぱりちょっと寝ちゃったからな‥‥(座椅子を出してきたのがいけなかったらしい)

弟の大学は往路ではずい分下位だったのに、復路ではえらい頑張っていた。
でも復路優勝ってめっちゃ地味だね。往路優勝だったら先頭でテープ切れるのに。
ぼやく弟。

と、ここまで見て、ちょっとセールに行くべきか悩んだものの、風がすごく吹いてるからセール行くのはや~めた、とカメハメハばりに横着者になってみました。


*眠い目をこすってみた「ソウル・オブ・スターズ!!」

にゃるか(成花)まりんちゃんはもうちょい痩せたらヒロイン系になりそうなのにねぇ。
美弥くんはどうも姫キャラを狙っているようにしか見えん。

と、見る度思う星組スカイフェアリーズ進行の30分。
中国レポートは1と2に分かれてたくらいなのに、30分てえらい短いよなぁ。

韓国の空港で星組生を迎えるにゃる&美弥組。
韓国入りは秘密だったらしく、出てきた星組生びっくり。
モモちゃんは本当あんなに可愛いのに「スカイフェアリーズには負けないわよ」って、そんな勢いで言っちゃうもんな。喋って動くとおもしろキャラ臭漂い過ぎて可愛いのを忘れてしまう百花さん‥‥いいんだか、悪いんだか(好きだけど)
「何でいるの~~」って飛んできた瞳子さんにもちょっとビックリしたけど。
わたるさんの目に眩しい黄色いコートがとっても気になる。
ガイドさんの旗のかわりに自ら目印になってみたのか?遠目からでもやたら目立っていた。
おっきくないと着こなせないコートだわ。似合っていて素敵。

集合写真を撮ろうとする星組生。
ここで、衝撃映像<湖月を支えた安蘭けい!>
安蘭さんのために座った状態のまま場所をあけてあげるわたるさん。
しかしちょっとバランスを崩しちゃったらしく、ぐらっと揺れるわたるさん。
おっとって感じで揺れたわたるさんの腕を掴んで支える安蘭さん。
「大丈夫?」(って声が小さく入ってる)安蘭さんに気遣われるわたるさん。
いや~、倒れかけたわたるさんを瞳子さんが支えるなんて、二度と見られそうにない光景ですよ。
舞台上だったら間違いなく(支えきれずに)共倒れ。

そして、衝撃映像<韓国で早朝デート>(と言ってた、Cちゃんが)、にするつもりで失敗してそうな映像へ。
わざとらしくお散歩するスカイフェアリーズと、もっとわざとらしく見つかるみらん&ゆかり。
どうせやるならもうちょい小芝居入れてくれたら良かったのに。
見つからないようにこそこそ歩くみらゆかとか‥‥
「いや、ちょっと今プライベートだから」と逃げるみらゆかとか‥‥
(どんな番組だ)
それにしても、何のために本屋に入ったのかさっぱり理解できなかった。
何だったの、あれ?

舞台の映像はあんまり映らなかったけど、ショーで大盛り上がりなのはよぉく分かりました。
ベルばらは、どの場面でも笑いが起きてたって聞いてたから、それが見たかったんだけど。
映ってなくてちょっと残念。
page top
駅伝のちセール
毎年のことながら、今年も箱根駅伝のためにちゃんと起きた。
私ってすごいな(すごくない)

でも久々にちゃんと見たぞ、箱根駅伝。
いつもは途中で眠くなって、たいてい一眠りしてしまうんだけど(苦笑)
激しい雨の中の山のぼりは見ていてもドキドキした。
後ろからだんだん選手が近づいてきて、前の選手を抜く時、私は「あ、抜いた!」と言うのに対して、母は「あ、抜かれちゃった!」と言うのが何だかおかしかった。
まぁそんなこんなで、今回は知ってる選手も特にいなかったので、あっさり見てました。

そういえば、職場の人が雑誌に「箱根駅伝のイケメン選手」って特集が出てたから、それをチェックして駅伝見るの楽しみ♪って言っていたけど、誰がイケメンだったのかね??
上位じゃないとほとんど映らないし、走ってる最中だからあんまり顔分かんないんだけど‥‥
Yさんにはイケメンを見つけられなかったって言っておくか。

何とかゴールまでちゃんと見た後、よろよろしながらセールに出かけた。
いつもは朝一で行くんだけど、午後に行くと本当混んでるね!!
びっくり。
しかもこっちのテンションもあんまり上がってないから、ぼんやり気味で人に押される押される‥‥

でもでも、恋焦がれていたあったかいマフラーちゃんをゲット!!
ウサギちゃんはやらかくてあったかいなぁ

一応A/Tとか、sunaunaとか、シンシアローリーなんかもふらふらと見てみたけれど、今年は買わない~~~という決意のもと、何も買わなかった。
買ったのに着てない服が結構あるし。
あれ着ない内は新しい服買わない。
‥‥でも明日も行くよ、セール。
箱根駅伝の復路見終わってから(笑)

*宝塚のお話
年末はあれやらこれやらで意識が疲弊していたので、星組の韓国公演番組「ソウル・オブ・スターズ!!」とか、写真集「2005 Takarazuka Revue in Korea」なんてものが出ているのも知らなかったので、人様の日記を見て、ああそんなの出てるんだぁ~と気付いて、出かけたついでに買ってきた。
ぱらぱらと見ただけなんだけど、すごい気になる。
何で安蘭さんあのストールずっと巻いてるの?
ジャケットと色合ってないんですけど‥‥?ねぇ?
page top
新年早々
帰宅して、番組ナビが見たくてスカイステージをつけると、月組「エリザベート」をやっていた。
父親(オペラ好き)がいたので、ちょっとやばいなぁ、と思いつつ番組ナビを見ていると、トート閣下が歌いだした。
こりゃぁまずい、と焦った私は、牽制のつもりで「この人歌下手なの」と呟いたのだが、その途端、今度はエリザベート様が歌いだした。

こりゃ絶望的‥‥

案の定、エリザベート様の絶唱に、間髪入れず「何だこの歌はっっとお父様のお怒りの声。

あああ、新年早々お父様のお怒りをかってしまったらしい。

とりあえず謝っておいたのだが(何で私が謝らにゃいかんのだ)、お父様は呆れたように「何ちゅぅ声だ。ビックリした」と言い捨てて部屋を出て行った。
横で聞いていた母親(音楽にまったく興味なし)すらも、「すごい声だったわね」と笑っていた。

笑うな。
page top
謹賀新年
年明けなので、一応「朝」の内に起きました。
今日くらいね‥‥

皆で揃って挨拶をして、お雑煮とお汁粉を食べて、駅伝を見ている内にうとうと

家を出る時に、おばあちゃんからぎゅぅっと手を握られたので、ちょっと悲しくなった。
何でも私が田舎に行ったのは、3年ぶりらしい。
3年ぶりかぁ。ずい分ご無沙汰。
おじいちゃま、おばあちゃま不孝で申し訳ない‥‥
ごめんなさい。

ちょっと感傷的になって帰ってくると、家には刺身がてんこ盛り。
誰が食べるの、これ?

さて、明日明後日は箱根駅伝&セールだな。
やっぱり駅伝見てからセールかな。
あったかそうなマフラーと耳あてが欲しいな~
© 春夏秋冬~実りの季節. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。